猫砂の交換はどれぐらいの頻度がいい?交換しないと起こる怖い話

猫砂の交換はどれぐらいの頻度がいい?交換しないと起こる怖い話

「猫砂の交換頻度はどのくらいがベストなのか」や「猫砂を交換しないとどうなるのか」など、猫砂な猫トイレの掃除について、詳しく紹介します。

2090view

猫砂の交換頻度はどのくらいがベスト?

猫トイレにいる子猫

猫を飼っている人が習慣的にやらなくてはいけない事のひとつとして、猫のトイレ掃除があります。そこで必要となってくるのが、猫砂です。猫は排泄物を隠す習慣があるため、猫砂は猫を飼う上で欠かせないものです。しかし、汚れた猫砂は適度に交換をしないと、猫の問題行動を招いたり、トイレの回数が減って体調不良を招く可能性があります。そこで、今回は猫砂の交換頻度や猫トイレ掃除の重要性について、紹介していきます。

1日1回は汚れた猫砂を取り除こう!

猫は1日のうちに約1~3回の頻度で排尿や排便をします。もちろん、排泄の頻度は猫の食生活や水分補給量によって変わってくるため、個体差があります。しかし、どんな猫でも健康であれば、1日の間に数回排せつを行うため、どんなに少なくても1日1回はトイレ掃除を行いましょう。

毎日行うトイレ掃除の場合、徹底的に綺麗にする必要はありません。排泄物が付着した砂だけ、スコップですくって捨てればOKです。もし可能であれば、猫が排泄をしたタイミングで、汚れた砂をその都度取り除くのが一番好ましいです。こまめに掃除をすると、臭いや雑菌が溜まりにくくなります。汚れた猫砂を取り除いた後は、猫トイレの中の砂の量が減ります。猫トイレの底が見えるほど少なくなっているようだったら、猫砂の継ぎ足しを行いましょう。

猫砂の全替えは月に1~2回程度がベスト

毎日のトイレ掃除に加えて、月に1~2回の頻度で猫トイレの中の砂を全部取り替えましょう。ただし、夏は湿気が多いせいで臭いがきつくなりやすいですし、多頭飼いをしている場合は汚れも溜りやすい傾向にあるため、汚れ具合や臭いなどを見ながら、適度に砂の全替えをするのがポイントです。

システムトイレを使用している場合は?

システムトイレの場合、システムトイレ専用の猫砂と、排尿用の吸収シートを使用します。吸収シートは1週間に一度の交換で良いです。システムトイレ専用の猫砂は、一般的な猫砂とは違い、尿をはじく構造になっているため汚れにくいです。しかし、便にくっついた猫砂については、便と一緒に捨てなくてはいけません。そのため、トイレの中の砂が少なくなってきたら、継ぎ足すようにしましょう。

猫砂をずっと交換しないとどうなるの?

猫砂とスコップ

猫砂をずっと交換しないままだと、当然トイレの臭いもどんどんきつくなりますし、汚れがいっぱいあるため排泄しにくくなってきます。猫はきれい好きな生き物なので、いつまでも猫砂が交換されない汚いトイレは避ける傾向があります。

そして、トレイを使用したくないという理由から排泄を我慢するようになったり、トイレ以外の場所で排泄を行うようになってしまうのです。

トイレを我慢し続けてしまうと膀胱炎などの病気を招く可能性がありますし、トイレ以外の場所で粗相をしはじめると、部屋が汚れてしまいます。そのような状況にならないためにも、こまめな猫トイレ掃除が必要なのです。

猫のトイレの容器も月1回は洗おう

猫とピンクの猫トイレ

排泄時に汚れるのは、猫砂だけではありません。猫砂を入れている容器も汚れてしまいます。頻繁に洗う必要はありませんが、最低でも月に1回は洗うようにしましょう。

トイレの容器を洗う場合は、お風呂場に持って行って洗うのがおすすめです。ブラシやスポンジなどを使って中性洗剤で汚れを落とした後、容器の中に水を溜めて、クエン酸をそこに加えましょう。クエン酸に含まれている酸は、洗剤で水洗いしただけではなかなか落とせない尿の臭いを抑える効果があるのです。クエン酸入りの水につけた状態で30分程度経ったら、水を捨てて容器を拭き、乾燥させれば完了です。

まとめ

水色の猫砂

猫砂を定期的に交換することによって猫の健康を守ることになりますし、家の中で粗相されるリスクも減ります。猫トイレを綺麗にしておけば、猫にとっても、そして飼い主さんにとってもストレスを減らすことになるため、欠かさずに猫トイレ掃除を行いましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード