猫砂の処理はどうするの?処理方法や通販で買える猫砂もご紹介

猫砂の処理はどうするの?処理方法や通販で買える猫砂もご紹介

猫トイレに使う猫砂ですが、処理はちゃんとできているでしょうか?猫砂をきちんと処理する方法を知ることは、猫と暮らす時にとても大切なことです。猫砂の処理方法について、また通販で買うことができる猫砂についてもご紹介します。

676view

猫砂の処理方法

トイレ砂の上に座る猫

猫砂には大きく分けて次の処理方法があります。

燃えるごみとして出す

猫砂の処理方法として一般的なのは、燃えるごみとして出すことです。排泄物と汚れた猫砂をビニール袋などに入れて口をしばり、こぼれないようにして、ゴミ袋に入れて、燃えるごみとして出す処理方法です。

しかし、猫砂は様々な素材のものが増えており、処理方法も材料によって異なります。さらに、猫砂をどのようなごみとして扱うかは、市町村によって異なっています。

猫砂の材料は、木、鉱物、おから、紙などがあります。中でも、鉱物系の猫砂は、燃えないごみとして出すことが多いようです。

猫砂の袋に記載されて入る処理方法をよく確認し、さらに住んでいる地域の猫砂の扱いについても確認した上で、猫砂を処理する必要があります。市区町村のゴミ処理担当部署や清掃局に問い合わせをすることをおすすめします。

うんちと一緒にトイレに流す

「トイレに流せる」と記載のあるものは、猫のうんちと一緒に人間用のトイレに流して処理するという方法もあります。トイレに流せる猫砂は、水に溶けるために、人間の水洗トイレに流せるようになっています。

猫砂を燃えるごみとして出す時には、ごみ収集の日まで保管しておく必要がありますが、トイレに流せるタイプであれば、うんちと共にすぐ処理ができるので、より衛生的であると考えられます。

気をつける点は、一度に大量の猫砂とうんちをトイレに流さない、ということです。理由としては、トイレに流せる猫砂といってもトイレットペーパーのようにすぐに水に溶けるわけではないということがあげられます。

また節水型の水洗トイレでは、流れる水の量も少ないため、大量の猫砂を流しても流れていかない、という事が起こる可能性があります。

猫砂を一度に大量に流す事でトイレが詰まってしまう場合があるため、少量ずつを、流れたことを確認しながら処理するようにしてください。また、トイレの処理が浄化槽になっているところは、流せる猫砂とあっても流さないようにしてください。

浄化槽は嫌気性微生物に汚水を食べさせて分離させますが、その機能が猫砂の成分によって働かなくなる可能性があるからです。また、うんちは水洗トイレに流し、猫砂は燃えるごみとして出すことを推奨している自治体もあります。

猫砂を自宅処理しても大丈夫?

猫砂の入った猫トイレとスコップ

猫砂は、自宅で処理しても大丈夫なのでしょうか?自宅で処理する方法として、庭がある場合、庭にまくというものが考えられますね。

庭に猫砂をまくという行為では、何か問題はないのでしょうか?堆肥として使えるのではないかと思われるかも知れませんが、その場合には適切に堆肥化されて肥料となるように処理されたものでなければなりません。

そのまま猫砂やうんちを庭に捨てれば、悪臭がするのはもちろんのこと、細菌やカビが発生することもあり得ます。紙や木であれば自然に返りそうですが、水を吸って膨れたり、なかなか分解されなかったりします。

また、消臭剤や防腐剤などが含まれているものが多いことから、庭に生えている作物が枯れるなどの影響が出ることもあります。そのため、庭にまく自宅処理法はおすすめできないということになります。

猫砂の自宅処理をどうしてもしたいという場合には、バイオ式の家庭用生ごみ処理機を使って猫砂を堆肥にすることで、庭にまくことも可能になります。

猫砂を燃えるごみとして処理する際の注意点

ゴミ袋に入った猫砂

ビニール袋の口はしっかり閉じる

猫砂を燃えるごみとして処理する際の捨て方として、猫砂を入れたビニール袋の口をしっかり閉じる事が大切です。

袋をしっかり閉じていないと、臭いがもれたり、虫がわいたり、捨てるときにこぼれたりする可能性があります。またごみに出せる日まで保管する際にも、しっかりと袋の口を閉じて保管しておくようにしましょう。

猫砂をトイレに流す際の注意点

水洗トイレの上に乗る猫

トイレに流す際は小分けにして流す

トイレに流せるとある猫砂でも、一度に大量に流すと、トイレがつまる原因となります。猫トイレから取り除いた猫砂は、小分けにして水洗トイレに流すようにしましょう。一度に流す猫砂はコップ一杯ぶんほど(約200ml)で、必ず「大」の方で流すようにすると良いでしょう。

水に溶ける猫砂を使用する

トイレに流せる、水に溶ける猫砂を必ず使用してください。少しであるからと、水に溶けるタイプではない猫砂を使うと、トイレがつまる原因となります。猫砂によってトイレがつまると業者さんを呼んで対処する場合があるほか、トイレの故障のために修理費がかかってしまうこともあります。

水に流せて処理できるおすすめの猫砂

猫用トイレに入っている子猫

トイレに流せる猫砂のほとんどは、木や紙で出来た猫砂となっていて、鉱物系は基本的にはトイレに流せません。ネット通販でも買える、おすすめのトイレに流せる猫砂をご紹介します。

アイリスオーヤマ ガッチリ固まってトイレに流せる猫砂

アイリスオーヤマ ガッチリ固まってトイレに流せる猫砂 5L×4袋 (まとめ買い)
2,062円(税込)

木材が原料の再生品で、森林資源をリサイクルした環境にやさしい猫砂です。水に入れると素早く分解します。

常陸化工 トイレに流せる木製猫砂

常陸化工 トイレに流せる木製猫砂 6L×6個 (ケース販売)
2,596円(税込)

木の粉を主原料としており、トイレに流せる木製の猫砂です。木の消臭作用と、すばやく固まる効果で猫の排泄物の臭いを閉じ込めます。

アイリスオーヤマ 紙の猫砂

アイリスオーヤマ 紙の猫砂 7L×6袋 (まとめ買い)
2,978円(税込)

再生パルプを使用しており、水洗トイレに流せる、環境に優しい猫砂です。分解中和消臭と抗菌効果で臭いを抑え、雑菌の繁殖を抑えます。

ニオイをとる紙の猫砂

ニオイをとる砂 ニオイをとる紙の猫砂 10L×3袋 (ケース販売)
3,166円(税込)

しっかり固まって処理しやすい、トイレに流せる紙の猫砂です。トイレに流した時の流しやすさについて試験済みです。

新東北化学工業 猫砂 ペーパーズグリーン

新東北化学工業 猫砂 ペーパーズグリーン 7L×6個 (ケース販売)

新東北化学工業 猫砂 ペーパーズグリーン 7L×6個 (ケース販売)
3,748円(税込)

猫の尿を含むと色がグリーンに変わって処理しやすい猫砂です。再生パルプを使用しており、トイレに流して処理できます。

ペティオ 固まる流せる猫砂

ペティオ (Petio) 固まる流せる猫砂 7L
599円(税込)

主原料が紙粉の、トイレに流せる猫砂です。カテキンの力で強力に消臭します。再生紙を使用していますので人にも環境にも優しい猫砂です。

ハッピーペット しっかり消臭するひのきの猫砂 森林からの贈りもの

ハッピーペット しっかり消臭するひのきの猫砂 森林からの贈りもの 7L
400円(税込)

しっかり固まって、トイレに流す事ができる、処理がしやすい猫砂です。ひのき木粉とおから、でんぷんが主原料のため、環境にも優しくて猫にも安全です。

まとめ

猫トイレを掃除する人の手とそれを見ている猫

猫砂の処理は、燃えるごみに出す、トイレに流すといった方法が一般的です。燃えるごみとして出せるかどうかは、猫砂のパッケージの記載をよく確認して購入しましょう。

猫砂をごみに出す時にも、住んでいる市町村のごみ分別に従って出すようにしてください。猫トイレに流す時には、水に流せる猫砂であることを確認し、少量ずつ流すようにしてください。使い勝手がよくて捨てやすい猫砂を選ぶ事で、飼い主さんが猫砂の処理をストレスに感じないようにできるでしょう。

スポンサーリンク