保護猫・犬のための新しいプロジェクト「Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネル」

保護猫・犬のための新しいプロジェクト「Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネル」

滝川クリステルさんが代表理事を務める一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」が2020年までに犬猫殺処分ゼロを目指し「Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネル」という新しいプロジェクトを始動させました。保護猫、保護犬のために私たちにできることは何か?そんなことを考えさせてくれる「Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネル」とはどのようなプロジェクトなのでしょうか?

921view

Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネルの概要

一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルさん(@panelforlife)がシェアした投稿 -

フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが理事を務める「一般社団法人 クリステル・ヴィ・アンサンブル」が、2020年までに殺処分ゼロを目標に始動させたPanel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネルが、今話題となっているのをご存知ですか?

「Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネル」とは、動物保護を訴えるために、等身大の動物パネルを置くことで保護犬、保護猫の存在をより多くの人に知ってもらい、犬猫を求めている人に里親になるという選択肢を考えてもらうための取り組みです。

現時点でこの活動に賛同した企業がパネルを置くこととなっています。その中には、北欧家具で有名なあの「イケア」も含まれているのだとか。

わんずぺ~すさん(@wanspace_from2010)がシェアした投稿 -

パネルを置くことで少しでも保護猫と保護犬の存在を周知してもらいたい!そんな思いが込められた活動なのです。

一般社団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルとは?

Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネルという、新しいプロジェクトを発足さえたクリステル・ヴィ・アンサンブルですが、こちらの団体は以前から犬・猫の殺処分をなくすために様々な活動を行っています。

(財)クリステル・ヴィ・アンサンブルさん(@christelvieensemblefoundation)がシェアした投稿 -

中でも、保護猫や保護犬を一時的に預かるボランティアである「フォスター」を増やすために学びの場である「フォスター・アカデミー」を開講したり、保護犬や保護猫の存在をより多くの人に知ってもらうために冊子の配布やポスターの掲示をしていただける企業を募集する活動を行ったりもしています。

また、代表理事を務める滝川クリステルさんも、犬猫の殺処分問題、虐待や放棄といった問題解決のために講演会を行うなどの精力的な活動を行っているのです。

Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネルのサポーター

今回のプロジェクトには代表理事を務める滝川クリステルさんのほかにも、タレントの別所哲也さんやローラさんがサポーターを務めています。インタビュー動画がこちら。

こちらは滝川クリステルさんのメッセージ動画です。Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネルのプロジェクト内容をご説明してくださっています。

こちらは別所哲也さんのインタビュー動画です。

こちらがローラさんのインタビュー動画です。どちらも保護犬、保護猫を飼われているそうです。殺処分で命を奪われる犬猫達がゼロになるように、そんな願いを込められたプロジェクトへの意気込みがよくわかりますよね。

Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネルへの参加企業や団体を募集中

現在Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネルは企画に賛同し、パネルを設置していただける参加企業や機関、団体を募集されています。公式HPにて問い合わせるだけでいいようなので、興味のある企業や機関はぜひお問い合わせください。

また、飲食店や個人経営のお店でもパネル設置は可能なようなので、少しでも多くの人の目にパネルを見ていただくために、保護猫や保護犬を引き取って共に幸せになるという選択肢を少しでも多くの人に知っていただくために、ぜひ参加をしてみてはいかがでしょう?

もし興味のある方は下記の公式サイトにて閲覧くださいませ。

Panel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネル公式HP:https://www.panel-for-life.org/

まとめ

現在日本で殺処分されている犬猫の数は年間82,902頭。単純計算で一日あたり約227頭が殺処分されています。そのような現実を少しでも変えたい、全ての犬猫が幸せになってほしい。

そんな切なる願いから発足したPanel for Life (パネル フォー ライフ) 命のパネル。

皆様もこの活動に賛同をされるならば、少しでも多くの人に知ってもらうために自分には何ができるのか?少しだけ考えてみはいかがでしょうか?

人気のキーワード