猫を飼う時の6つの覚悟!飼わない方がいい人とは

猫を飼う時の6つの覚悟!飼わない方がいい人とは

猫を飼う際どんな覚悟が必要でしょうか?猫ブームがきっかけで猫を飼ったという人もいるでしょうし、これから飼おうかなと考えている方もいらっしゃるでしょうが、猫を飼うということに覚悟はできていますか?猫は物でもアクセサリーでもなく命です。動物を飼うということは言葉通り責任が生じます。近年、何の覚悟もなく流行りだからという理由で猫を飼う人があまりにも多く、無責任に猫を捨てたり、保健所に持ち込んだりする人が多いです。猫を飼うのはどのような覚悟が必要か?猫も人間も不幸にならないために猫を飼う時の覚悟を知っておきましょう。

21082view

猫を飼うときに必要な6つの覚悟

待つ猫
  • 1日も休まず世話ができる覚悟
  • 猫の為なら自分の生活スタイルを変えても良いという覚悟
  • お金がかかるという覚悟
  • 部屋を汚されても良いという覚悟
  • どんな性格の猫でも愛せる覚悟
  • 猫の生涯を共に添い遂げる覚悟

猫を飼うのは癒しを与えてくれる、大切なパートナーになってくれる、寂しい心を満たしてくれる、と、様々なメリットがありますが、その反面デメリットも存在しますし、猫を覚悟もなく飼うとお世話ができなくなったりして飼い主も愛猫も不幸になってしまう可能性があります。命を飼うという覚悟が本当にあるのか?猫を飼う時にもう一度考えたい「猫を飼うという覚悟」についてご紹介しましょう。

1.毎日休まず世話ができる覚悟

自分の生活の一部を猫を飼うことに費やす覚悟はできていますか?猫は比較的手のかからない動物だと言われていますが、それでも動物なのですからお世話をする必要があります。

  • 餌の世話
  • 飲み水の交換
  • トイレの世話
  • 遊んであげる
  • かまってあげる
  • 体調チェック

また飼った猫が必ず健康に天寿を全うできるとは限りません。子猫のうちではわからなかった、先天性の疾患がある場合もありますし、急性の病気を発症する場合もあります。

さらに治療法のない病気の場合は、長期療養をしなければならない場合もあります。また普段のお世話も1日も休まず行わなければなりません。猫をお迎えしてから最後まで1日も休まないで世話をする覚悟はありますか?

2.猫の為なら自分の生活スタイルを変えても良いという覚悟

猫を飼ったら一人暮らしの場合は長期旅行に行くこともできませんし、連日飲み会や友達と遊びに行ったら猫ちゃんが寂しがってしまいストレスで病気になってしまうことも考えないといけません。今までの自分の生活スタイルを崩す恐れがある、そんな覚悟を貴方は持っていますか?

3.「お金がかかる」という覚悟

猫は、犬に比べて飼うのにお金がかからないとは言われていますが、それでも餌代、おもちゃ代、遊具代、さらに1人で留守番をさせる場合は防寒グッズや冷感グッズ、さらには病気になった時の治療費や毎年受ける予防接種代に避妊・去勢代もあります。

猫一匹を飼うのにかかる生涯飼育費用は平均で100万程度となっています。それだけの金額を猫にかける覚悟をあなたはありますか?

4.「お部屋が汚れる」という覚悟

猫をお迎えして、自分の部屋が汚されても構わない覚悟はありますか?

猫は綺麗好きな動物ですが、猫用のトイレは室内にありますのでお部屋の中が猫砂だらけになることもあります。さらに猫はモフモフの毛で覆われていますので一年中お部屋の中に毛が舞いますし掃除をしても掃除をしてもどこからともなく毛が現れます。

さらに、イタズラで部屋の物をひっくり返されることもありますし、トイレ掃除をサボれば粗相をされることもあります。猫を飼うということは常に掃除に追われる日々が始まるとも言えますが、あなたは毎日毎日掃除ができる覚悟はありますか?

そしてお部屋を汚されたり、壁を引っ掻かれたり、家具を引っ掻かれたりすることに抵抗はありませんか?少しでも嫌だと感じるならば猫を飼う覚悟があるとはいえません。覚悟がないのならば、猫を飼うのは見送りましょう。

5.どんな性格の猫でも愛せるという覚悟

猫には色んな性格の子がいます。自分の理想とは違ったとしても生涯愛していける覚悟はありますか?

猫は独立心が強くべたべたしてこない、一人の時間が好きだから猫との相性はきっとちょうどいい、そんなイメージがあるかとは思います。しかし、猫がベタベタしてこない、一人の時間を好むというのは個体によって違うというのをご存知でしょうか?

猫は個体によって飼い主と常に一緒にいないと寂しがる甘えん坊な子や、留守番が長いとストレスで病気になってしまう子、さらには飼い主に従順な犬のような性格の子、人間に一切近づいてほしくない子と様々な性格がいます。

つまり、あなたがイメージしている猫の性格と実際に飼った猫とでは性格にギャップがある可能性があるということです。「甘えん坊な子がほしかったのに全然なつかないからもういらない」「ベタベタしてうっとうしいからいらない」そんな理由で愛猫を簡単に捨てる覚悟が足りない人間も存在します。

そんな人間にあなたがならないとは限りませんよ。猫のイメージとは全く違う性格の猫を飼う事になってもちゃんと可愛がれるか?その覚悟がないならば、猫を飼うのは絶対にやめましょう。

6.「最後まで面倒を見る」という覚悟

猫を飼うということは最後まで面倒を見る覚悟が必要ということです。たとえ不治の病にかかって介護が必要になっても、あなた自身に何か問題が起きても、結婚をしても離婚をしても、あなたが猫を飼ったならあなたが責任を持つ必要があります。

「飼えなくなったら外に逃がしたらいい」と考えている人がいますが、完全室内飼いの猫を外に離しても縄張り意識の強い猫達の中では生きていけませんし、ご飯を食べることもできません。

さらに事故に合う可能性もあります。猫を外に逃がすことは猫を殺すことと同じだと思って覚悟しましょう。人間の身勝手な理由で愛猫を殺すならば、最初から覚悟もなく猫を飼うのはやめましょう。

猫を飼う覚悟が足りない人とは

手を舐める猫

猫を飼いたいけど自分に飼えるのか不安。そんな方もいらっしゃるでしょうが、猫を飼うのに向いていない人、または覚悟を出来ていない人とは具体的にこのような人のことをいいます。

猫を飼う覚悟が足りない人の特徴

  • 友達や恋人付き合いを優先したい
  • 旅行が好き
  • 仕事が忙しく帰りが遅い
  • 何事にも飽き性
  • 何でも面倒を感じる
  • 猫ブームだから猫が欲しい
  • なんとなく猫を飼いたい
  • ここ数日で無性に猫を飼いたくなった

このような方は、猫を飼う覚悟がない、もしくはもう少し考えてから猫を飼うようにしましょう。というのも、猫はモノではありませんし一度飼ってしまうと20年近く共に過ごすことになります。

20年と言えば、現在20歳の方なら40歳まで愛猫と過ごすということです。そんな長期間、愛猫と共に過ごす覚悟がありますか?また猫を飼うと旅行にも行きづらくなりますし、愛猫を一人っきりにする時間が長いとどうしても寂しさから問題を行動を起こしてしまうかもしれません。

猫を飼うのは覚悟が必要です。その覚悟が本当にあるのか?飼ったあと後悔をしないか?自分に覚悟ができているのかもう一度よく考えてから初めて、猫を飼うかどうか検討しましょう。

まとめ

後ろ姿の猫

猫を飼う覚悟をしても実際に飼ったらやっぱり違った。そんな後悔を抱く人もいらっしゃいますが、後悔したとしても決して愛猫を捨てないでください。

猫を捨てるということは「あなた自らが愛猫を殺した」のとなんら変わりがありません。

覚悟をしていても諸事情で飼えなくなった場合は、責任を持って里親を探す。そんな覚悟を持つ必要もあります。命を預かる覚悟、あなたは本当にできていますか?

人気のキーワード