猫を洗う頻度はどれぐらい?その手順と嫌がる猫をシャンプーするコツ

猫を洗う頻度はどれぐらい?その手順と嫌がる猫をシャンプーするコツ

猫を洗うのはどれぐらいでするべきなのでしょうか?お風呂を嫌がる猫の場合どのように洗えばよいのかなど、猫のお風呂に関する知識についてまとめました。

3319view

猫を洗う頻度

シャワーキャップをかぶる猫

猫を洗う頻度は明確に決めなくても大丈夫

猫は自発的に毛づくろいを頻繫に行う生き物なので、定期的にお風呂に入れて洗う必要はありません。そのため、猫を洗う頻度については明確に決めなくて良いです。

猫を洗うのは汚れた時だけで大丈夫

ただし、粗相や外出などで思いっきり汚れてしまった場合は、必要に応じてお風呂に入れてあげましょう。嫌がっているのに多頻度で無理強いをして洗うと、猫にとって大きなトラウマになりかねませんし、お風呂嫌いに拍車をかけることになるため注意が必要です。

猫を洗う(シャンプーする)方法

お風呂の桶に入る猫

ここで、猫をお風呂で洗う時のやり方について紹介します。猫が怖がらないように配慮してあげることが洗う際の大きなポイントです。

猫を洗う手順1:お風呂に入れる準備をする

まず、最初に体を洗うためのお湯を用意します。36度程度の温度に温めたぬるま湯が最適です。洗面器にぬるま湯を入れて準備しておきましょう。

また、猫を洗う際お風呂を嫌がって暴れ出す猫もけっこういるため、引っかかれることも想定して事前に爪切りを済ませておくとよいでしょう。

猫を洗う手順2:ぬるま湯を優しくかける

猫を洗う際は、猫をお風呂場に連れていき、あらかじめ準備しておいたぬるま湯を優しく手でかけてあげます。シャワーが平気な猫は、ぬるま湯設定の弱いシャワーをかけて洗うのもいいでしょう。この時、顔に水がかからないように注意をしましょう。

猫を洗う手順3:シャンプーで洗う

体全体を濡らしたらシャンプーをして猫を洗うようにします。猫を洗う際シャンプーが顔につかないように気をつけながら、手で優しく洗うことを心がけましょう。

また、猫を洗う時ノミがついていた場合のことも想定して、基本的に首から背中に向かって洗うことを徹底しましょう。そうすることによって、顔にノミがつくリスクを減らすことができます。

猫を洗う手順4:弱めのシャワーで洗い流す

シャンプーで猫を洗う事ができたら、弱めのシャワーで洗い流していきます。最初に体を濡らした時と同じように、顔にお湯がかからないように注意しましょう。

また、猫を洗う時はすすぎ残しがあるとフケなどの皮膚トラブルに発展する可能性があるため、しっかり洗い流すことが大切です。

猫を洗う手順5:お風呂から上がったら乾燥も忘れずに

すすぎ終わったら猫の体を拭きましょう。吸収性の良いタオルやキッチンペーパーなどを使って、できる限り乾かします。

しかし、それだけでは完全に乾燥させることは難しいため、ある程度タオルドライができたら、ドライヤーを使って乾かしましょう。

ただし、ドライヤーの音や熱を怖がって逃げ出す可能性も大いにあるため、できるだけ音の静かなドライヤーで、一定距離を保ちながらドライヤーを当てていきます。被毛が完全に乾燥したら仕上げにブラッシングをして完了です。

猫を洗うのはお湯だけでも効果はある?

シャワーをして洗う猫

猫を洗う時はお湯だけでも大丈夫

なかには、シャンプーで洗う隙さえ与えないほど大暴れして抵抗する猫もいます。その場合は、お湯をかけて猫を洗うだけでも良いです。

もちろん、シャンプーで洗うことと比較をすると汚れは落ちにくいですが、それでも何もしないよりは綺麗になりますし、猫へのストレスも軽減できます。

嫌がる猫を洗う方法

お風呂を嫌がる猫

猫をお風呂場に連れていくことさえ難しい場合や、お湯を見ただけで逃げ出す場合は、上記で紹介した手順で洗うことはやめましょう。代わりに以下の方法で洗うことをおすすめします。

嫌がる猫を洗うコツ1:濡れタオルを活用する

大した汚れではない場合、濡れたタオルで猫の体を拭くだけでも汚れを十分に落とすことができます。シャワーはダメでも濡れタオルなら大丈夫という猫が多いので、汚れ具合によって洗い方を変えるのも良いでしょう。

嫌がる猫を洗うコツ2:難しい場合は流さないタイプのシャンプーを使用

シャンプーを使って汚れを落とす必要がある時は、洗い流さないタイプのシャンプーを使用するのもおすすめです。洗い流さないシャンプーにも色々種類があり、泡タイプ、液体タイプ、粉タイプなどがあります。

汚れをしっかり洗いたい時は泡タイプを使用し、軽い汚れを洗う時は液体タイプや粉タイプを使用すると良いです。

ジョイペット 水のいらない泡シャンプー

ジョイペット 水のいらない泡シャンプー猫用 200ml
440円(税込)

猫を洗う時に嫌がる際にはこちらの商品がおすすめです。汚れた個所に泡を乗せ軽くタオルでふき取るだけ!舐めても大丈夫な成分でできています。

まとめ

バスタイムの子猫

猫はもともと砂漠で生活していた生き物なので、お湯に対して不慣れです。なかには、からだを洗うことが好きな猫もいますがそうではない猫の方が多いため、できるだけ負担のかからない頻度で洗うことを心がけましょう。

また、お湯を使ってシャンプーを洗い流す方法以外にも汚れを洗う方法はあるので、猫の様子などに合わせて臨機応変に対応することが重要です。

人気のキーワード