触ると嫌がる猫の体の場所

触ると嫌がる猫の体の場所

もっふもふな猫の体に触れたい・・・猫好きならば誰もが思う事でしょう。猫は顔付近に触れる事を好みますが、逆に触ると嫌がる体の部分があります。不用意に触ると嫌がる部分に触れ、嫌われたり攻撃されたりする事を防ぐため、知っておくと後々役に立ちます。猫が触ると嫌がる体の場所とは、一体ドコなのでしょうか?

6212view

触ると嫌がる猫の体の箇所

怒っている猫

触ると嫌がる猫の体の箇所には、どんな部分があるのでしょうか?

  • 尻尾
  • 足先
  • お腹
  • 肉球
  • ひげ

尻尾

尻尾は神経が集中している部分なので、触ると嫌がる事があります。優しく触れる分には気にしない場合もありますが、強く掴むのは避けましょう。特に赤ちゃんや小さな子供は、良く分からずにギュッと掴んでしまう可能性があります。嫌がった猫が、攻撃するのを防ぐため、十分に気をつけてください。

また、尻尾を引っ張るなどして外傷を与えてしまうと、「猫ふんじゃった症候群」となり、尻尾の中にある神経を傷つけ、体に障害が生じる事も。猫の尻尾を踏んだり挟んだりすると、尋常でない叫び声を上げます。間違えて衝撃を与えないよう注意しましょう。

足先

猫の足先も、敏感なので触ると嫌がる部分です。触ろうとして手を伸ばすと、ササっと避ける猫も、多いのではないでしょうか?軽く触れる程度でしたら触らせてくれる事もありますが、それでもかなり神経質に気にします。掴もうとすると手を引っ込めます。前足も後ろ足も、触ると嫌がるのですが、特に後ろ足に触られるのを嫌がる猫が多い、と言われています。

お腹

お腹は守る骨がなく、柔らかいので急所となり、むやみやたらに触ると嫌がる事が多いです。信頼していない人や動物に対しては、お腹を見せる事もしないでしょう。信頼関係が出来上がると、お腹を見せる場合もありますが、それでも触ると、本能的に猫パンチやキックが飛んでくる事もしばしば・・・。猫にもよりますが、基本的にお腹は、触ると嫌がる事の多い、体の部分です。

肉球

ぷくぷくとしてかわいい肉球。思わず触れたくなってしまいます。でも、肉球も、触ると嫌がる猫は多いです。爪切りの際は必ず、肉球に触れないといけませんので、肉球を触られるのが嫌な猫では、爪が切れない事も。できれば子猫の頃から、肉球に触るのを慣れさせておくと良いですね。

ひげ

猫のひげは猫にとって、とても重要な部分です。空気の動きや周辺環境を感じる為に必要な器官なのです。猫のひげは人間の物とは異なり、体の奥深くに繋がっていて、神経に密接しています。ですから、むやみに触ると嫌がるのはもちろん、抜いたり切ったりしてはいけません。

触ると嫌がる猫とどう付き合う?

こちらを睨む猫

触ると嫌がる程度にもよりますが、必要がない限り、触ると嫌がる猫には無理に触れない方が良いでしょう。猫のストレスになるばかりでなく、嫌がる猫の攻撃で、飼い主さんが傷ついてしまう事もあります。

爪切りや体のお手入れなど、どうしても行わなければいけない場合は、トリミングサロンなど、プロにお願いしても良いでしょう。その場合、猫専用のところや動物病院が併設されている所など、猫の扱いに慣れているサロンを選択してください。

トリミングサロンを利用するのは犬が大半で、猫も受け付けている所でも、猫の扱いに慣れていないサロンもあります。そのようなサロンに大切な愛猫を預けて、トラブルが起きる可能性があるので、サロン選びは慎重に行ってください。

自宅では、なるべく子猫から、人が触れる事に慣れさせる事。既に成猫の場合で触ると嫌がる場合は、少しずつ、おやつを与えるなどして、慣れさせて行きましょう。体に少し触れたらおやつをあげる、というのを繰り返し、「体に人が触れる=良いことがある」というイメージを植え付けて行くのです。初めは触ると嫌がる事が多いでしょう。根気がいる作業となりますが、どうしても必要な場合は焦らずに行って行きましょう。

触ると嫌がる猫の病気

ぐったりしている猫

病気で体に痛みや違和感がある時、その部分を触ると嫌がる場合は多いです。いつもは触れても大丈夫なのに、急に嫌がるようになった、という場合、何かしらの異常があるのかもしれません。猫が触ると嫌がる時に、考えられる代表的な病気を、お伝えします。

  • 緑内障
  • 乳腺炎
  • 黄色脂肪症
  • 脱臼
  • 中耳炎
  • 気管支炎
  • 副鼻腔炎

緑内障

緑内障には、急性と慢性がありますが、急性の場合は目に強い痛みが出るので、頭に触るのを嫌がる、元気や食欲の低下、光を眩しがるなどの症状が見られます。酷くなると視力を失うことも。緑内障は何かしらの原因で、眼圧が上がる事で起こります。治療は上がった眼圧を下げつつ、原因の治療も行います。緑内障の予防は難しいですが、早期発見早期治療が重要です。

乳腺炎

細菌感染や母乳が乳腺内に残ってしまう事で、乳腺に炎症が起きてしまいます。痛みが出るので、乳房を触ると嫌がるのです。子猫を急に母猫から引き離すのを避け、飼育環境は清潔に保ちましょう。治療は乳腺炎の原因によりますが、溜まっている母乳の搾乳や、抗生物質の投与などを行います。

黄色脂肪症

ビタミンEが不足し、不飽和脂肪酸を過剰摂取すると起きる病気です。食欲低下、発熱、痛みなどが現れ、体に触ると嫌がることも。不飽和脂肪酸はマグロやアジ、カツオなどの青魚に多く含まれる物質です。普段から青魚だけを与える事は避け、バランスのとれた食事を与えてあげてください。

脱臼

先天的の脱臼もありますし、落下や交通事故などで脱臼することも。歩き方が不自然になり、触ると嫌がるようになります。事故で脱臼した場合は、脱臼だけでなく内臓の損傷や骨折などが見られることもあります。早めに受診して、治療を行いましょう。できる限り室内で飼うようにすると、事故による脱臼の可能性は低くなるでしょう。

気管支炎

猫風邪やマイコプラズマなどの感染が原因で、気管支に炎症が起きてしまう病気です。咳や嘔吐、鼻水、目やに、流涙、発熱、食欲低下などが見られます。症状が重くなると胸の痛みが出てきますので、胸の辺りを触ると嫌がるようになります。抗生物質などで内科的治療を行いますが、定期的なワクチン接種で、防ぐ事ができる病気です。

副鼻腔炎

細菌やウイルスに感染し、炎症が服鼻腔にまで広がったものが副鼻腔炎です。鼻水やくしゃみが起き、鼻が詰まる事で呼吸が荒くなります。炎症が進行すると鼻筋や額が腫れてくるので、痛みが出て触ると嫌がるようになります。治療は抗生物質やチューブによる服鼻腔内の洗浄などを行います。定期的なワクチン接種を行い、予防に努めましょう。

中耳炎

耳ダニや細菌などにより、鼓膜の奥にある中耳にまで、炎症が広がった状態です。外耳炎から中耳炎に発展する事が多いので、外耳にも炎症がある場合が。痛むので、頭を触ると嫌がる事があります。治療は抗生物質の投与を行いますが、改善しない時は外科手術が必要になる場合も。予防には、まずは外耳炎にかからないよう、注意する事です。マメに愛猫の耳をチェックして、異常がないか確認してあげましょう。

まとめ

指を噛む猫

猫は心を許した人以外、触ると嫌がる傾向があります。もちろん個体差がありますので、人懐こい猫では初対面の人でも触らせてくれるかもしれません。猫を触る時は、優しく触るようにしましょう。強く力を入れて触ると嫌がる事が多いです。病気で触ると嫌がる場合も心配です。愛猫の様子を良く観察し、普段と違う様子が見られたら、早めに受診するようにしてくださいね。

人気のキーワード