マンダレイの特徴や性格、注意点について

マンダレイの特徴や性格、注意点について

マンダレイという猫は闇夜を纏ったような漆黒の体が特徴です。日本ではまだまだマイナーな猫ですが、マンダレイの毛並みの美しさは目をみはるものがあります。しかし、未知の部分も多いため飼う際の入手先やどの程度人に懐くのか気になるところです。今回はそんなミステリアスな猫、マンダレイにスポットを当ててみました。

568view

マンダレイとは

マンダレイは日本であまり見かけません。マンダレイ自体の歴史も浅く1980年頃に誕生したと言われています。人懐っこいバーミーズと、ミックスの掛け合いでできたのが、マンダレイです。

しかし、バーミーズとミックスを意図的に交配させたわけではなく、ニュージーランドで飼われていたチャンピオン・バーミーズが逃げ出して、どこの誰とも知れない短毛の黒猫と出会い、偶然生まれたのがマンダレイの始まりだと言われています。マンダレイはニュージーランドにある「NZCF(New Zealand Cat Fancy Inc)」という団体でのみ公認されています。

マンダレイの性格

マンダレイという猫は頭が良くて、人懐っこくて、社交的な猫だと言われています。個体差にもよりますが、基本的には鳴き声が静かなため、集合住宅地で飼うのに向いています。飼い主にもよく懐き、他のペットとも仲良くなりやすいため、多頭飼いにも向いていると言われています。

マンダレイの寿命

マンダレイの寿命は13〜15歳で、一般的な猫の平均とほぼ同じです。歴史の浅い猫なので、掛かりやすい病気などについては、まだデーターが不十分と言えますが、バーミーズが泌尿路結石など、尿器系の病気に掛かりやすい種類ですので、ふだんから尿の色や量、水を飲む量、体重などもチェックしておくと良いでしょう。

マンダレイの毛色

オニキス、黒曜石、黒真珠……。まるで漆黒の闇を纏っているかのように美しい猫がマンダレイ(瞳は琥珀色)です。様々な被毛の種類がいますが、マンダレイと言えば、最初に思い浮かぶのはエボニー(ブラック)でしょう。

しかし、その種類は意外と豊富で、ブルー、チョコレート、クリーム、ラベンダー(ライラック)、それに加え、それぞれのカラーのトーティシェル(サビ猫)などがいます。

また1990年代からはキャラメルとシナモンカラーを作り出すために、アビシニアンとの繁殖計画が始まっているようです。マンダレイはバーミーズのように、ポインテッドのカラー(被毛の一部分が違う色)はなく、フルカラーのみとされています。バーミーズとの交配が認められているので、子猫の被毛の色で、マンダレイになるか、バーミーズになるか決まります。イギリスでは被毛が規定色以外のものを「エイジアングループ」と呼んでいます。

マンダレイの値段

日本にはマンダレイを繁殖している猫のブリーダーはいないと思われます。ペットショップでも見掛けたこともありません。それなので、もしもどうしてもマンダレイ飼いたい、と言う場合はニュージーランドなど海外からの個人輸入することになるでしょう。カラーによって値段も様々ですが、海外では大体1000ドル前後での取引が相場になっているようです。それに加え、日本に猫を連れて来る場合は、プラス20〜30万は余分に見ておいた方が良いのかもしれません。

マンダレイを飼う時の注意点

マンダレイの体重は3.5〜6.5kg。ボディはコビータイプ(全体的にがっしりとした筋肉質)のため、運動量は多めです。キャットタワーなどを準備して、十分に運動できるスペースを整えておくと良いでしょう。高低差のある縦の運動ができることが理想です。食事は運動量に合わせた高品質、高カロリー、高タンパクの猫の食事を用意しましょう。

まとめ

つやつやとサテンのような光沢を放った被毛を持つ猫種マンダレイ。あの美しい被毛を保つために、ブラッシングでのお手入れも、かかさずにしてあげると良いと思います。マンダレイはまだ未知の部分が多い種類の猫なので、様々な部分で注意が必要ですが、元々、人懐っこいので、楽しい猫ライフを送れることでしょう。

人気のキーワード