風邪でボロボロの子猫4匹…一命を取り留め幸せに!

風邪でボロボロの子猫4匹…一命を取り留め幸せに!

初冬の寒風のなか子猫4匹が保護されました。風邪を引いた弟猫と、その面倒をみようと頑張るお姉ちゃん猫…この子もひどい風邪でした。治療を受け見違えるようにキレイになった子猫たちにしあわせが訪れます。

1445view

子猫4匹の保護依頼

(1日目)ママがいない子猫

2020年11月23日。祝日のこの日、子猫4匹の保護依頼がありました。現場に行ってみると、ひどい風邪を引いた子猫が!まだ生後2〜3ヶ月ほどのおチビちゃんですが、周囲に母猫の姿はありません。まずはこの1匹を保護しました。

保護シェルターに戻って、子猫は手厚くケアされました。清潔なタオルに湯たんぽ…それでも食欲が出ません。母猫がいなかったからには、お腹はペコペコのはずなのに。体調の悪さは、この子がどれだけひどい目にあったかを伝えてきます。

(2日目)シュンくんを保護

翌日、同じ場所でもう1匹を保護しました。この子も風邪の症状が重く、ごはんを食べてくれません。グレーはちわれの男の子で、シュンくんと名付けられました。

何とかミルクだけは飲むこともある…とあれこれ試していたところ、ブログを見た方から子猫用ミルクの差し入れが♪人の繋がりってありがたいですねー!

(4日目)やっと4兄妹すべてを保護

11月27日。最初の保護から4日目、やっと最後のキジトラお嬢さんを保護できました。やはり風邪で辛そうですが、少し身体が大きい…どうやらシュンくんたちより数ヶ月お姉さんのようです。この子はハルちゃんと名付けられました。

嬉しいことに、シュンくんはハルちゃんが合流したら、ごはんを食べはじめました。気のせいか嬉しそう♪顔色も良く見えます。

さらに嬉しいことに、最初に保護依頼をくれた方が4兄妹のうち2匹の里親さんになってくれました!優しい方に見つけてもらって、本当に運の良い子猫たちです。

明日を夢見て、一緒がしあわせ♡

シェルターに残ったシュンくんとハルちゃんは、人懐こい性格で保護猫カフェの人気者になりました。風邪の後遺症はちょっぴり、それより毎日楽しくて、明日を楽しみに夜はぐっすり眠ります。

2021年3月。そんな2匹を家族に迎えたいというご家族とご縁が結ばれました。しかも出産季節の違う姉弟を一緒にと理想の条件で、夢のような嬉しさです♪

しあわせな未来に必要なもの

シュンくんたち4兄妹が保護されたのは「地域猫エリア」と呼ばれる、住民やボランティアが協力して外猫さんを管理する地域です。その目的は不幸な猫を減らし、良い街にすること。

そこに突然現れた4兄妹は、人に慣れていた様子から飼い猫だったと思われます。年長のハルちゃんが、何とかシュンくんたちの面倒をみようと頑張っていたとのだとか。これから、シュンくんとハルちゃんは、優しい里親さんのもとで幸せになるでしょう。

NPOくすのきさんは、保護猫の数が過去最高に増えたためボランティアを募集しています。皆さん、是非サイトを訪れて応援してくださいね!

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:NPOくすのき

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

スポンサーリンク