油まみれだった黒豆さん…実は最高に賢い猫だった!

油まみれだった黒豆さん…実は最高に賢い猫だった!

福井の譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家さんが保護したのは、油まみれの黒猫の子猫。漁港で発見されたこの子猫、実はとっても賢い子だったのです。保護からカフェデビューまでの一部始終をご覧ください。

3999view

クリスマスに発見!

漁港にて

黒豆は2018年のクリスマスの日に、漁港で油まみれになっているところを発見されました。生後3,4ヶ月くらいの子猫だったのです。その小さな体は、半分が油でベトベトでした。

福井の譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家さんはそんな黒豆を保護します。

人間大好きっ子

体半分が油にまみれていたとはいえ、黒豆さんは元気でした。そして人間が大好きな甘えん坊だったのです。

全身を洗われる黒豆さん

洗われ拭かれ、そしてゴロゴロ

まずは体をキレイにしなければいけません。洗われ、拭かれ、少しキレイになった黒豆。どこかに引っ掛けたような傷がありました。通常なら野良猫は警戒することが多いのですが、黒豆さんは保護初日からゴロゴロ音を発してしあわせにゃん家さんに懐きます。

剃毛

数日間、黒豆さんを洗いましたが油を完全に取り切ることはできませんでした。結局毛を剃ることに。部分的に毛が無くなり、少しかわいそうな外見になってしまいました。

カフェデビュー!

するも…

1ヶ月間の隔離期間が終わり、カフェデビューを迎えます。なかなか毛が生えてきません。その為「病気があるのでは?」との声が上がってしまいます。

しあわせにゃん家さんの自宅へ

毛がもう少し生え揃うまで、自宅療養することになりました。甘えたな上にものすごくやんちゃな黒丸さん。活発に遊んでいます。

2度目のカフェデビュー

ようやく毛が生え揃った黒豆さんは、2度目のカフェデビューを迎えます。他の猫とイタズラしたり変顔をしたり、大忙しです。

カフェ随一の頭脳の持ち主

必殺!うんち付け

とっても賢い黒豆さん。それが発揮されたのが、自宅療養の時でした。ケージに入れられるのが嫌で柵にうんちをつけるという抗議をやってのけます。

ドアすり抜けの技

黒豆の前ではドアも役に立ちません。閉まっていても器用に開けて、出てきてしまうのです。普通の猫はなかなかできない芸当です。

そしてその技を、子分にも教えます。カフェの猫たちが皆この技を身につけてしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

まとめ

油でベトベトだった黒丸も、今では面倒見の良い先輩猫として慕われています。そして幸せを与えてくれる里親さんが迎えに来てくれるのを、今日もカフェで待っているのです。

黒豆さんの卓越したドアすり抜け術は必見です!下記の動画からご覧下さい。そしてできればチャンネル登録を!それが猫たちの支援に繋がります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
http://shianyan.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/shiawasenyanchi/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/shiawase_nyan

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/shia_nyan/

スポンサーリンク