猫が『機嫌が良い時』によくする仕草や行動4つ

猫が『機嫌が良い時』によくする仕草や行動4つ

猫は人間の言葉は喋ることができませんが、代わりにさまざまなからだの動きや鳴き声で、自分の気持ちをアピールすることができる生き物です。本記事では、そんな猫のアピールのひとつである「ご機嫌な時の仕草や行動」を紹介していきます!

2331view

機嫌が良い時、猫はどんな行動をする?

笑っている猫

大好きな相手が目の前に現れたり、嬉しいことをされた時、猫はあらゆる仕草や行動で「ご機嫌なサイン」を出します。

機嫌が良いタイミングを見計らって猫とスキンシップしたり、おやつやおもちゃなどを使ってコミュニケーションをとれば、猫との関係もさらに良くなる可能性もあるのです。

とても可愛らしくて、見ているだけで癒される「機嫌の良い猫の仕草や行動」を見ていきましょう。

1. 飼い主さんに甘えてくる

飼い主に甘える猫

飼い主さんの足元にスリスリとからだをこすりつけたり、膝の上に乗って来て甘えようとしている時は、機嫌が良い可能性が高いです。飼い主さんのことを信頼しているから、このような行動をとって甘えてくるのでしょう。

猫のほうから甘えてきたら、仲良くなれる絶好のチャンスです!そのまま猫を撫でてあげたり、おもちゃなどを使って構ってあげてみましょう。

2. しっぽをピンと立てている

しっぽを立てる猫

猫は機嫌が良いとしっぽをピンと立てる傾向にあります。

おやつやごはんをもらった時や、かまってもらいたい時(もしくは、かまってもらった時)、大好きな飼い主さんを見つけた時などに、このようなしっぽの動きを見せることがあるのです。

猫はほかにもさまざまな感情をしっぽの動きで表す傾向にあるため、日頃から猫のしっぽを観察してみると面白いですよ!

3. 「にゃーん」「ゴロゴロ」といった声を出す

鳴く猫

高い声で「にゃーん」と鳴いたり。「ゴロゴロ」と喉を鳴らすのも、機嫌の良いサインのひとつです。

一概にはいえませんが「にゃーん」といったような高いトーンの鳴き声は、飼い主さんに何らかの要求をしていることも多いため、猫が何を望んでいるのか考えて、必要に応じて対応してあげましょう。

猫の気持ちを上手くくみ取ることができれば、猫はさらにご機嫌になるかもしれませんよ♪

4. お腹を見せて寝転んでいる

ヘソ天する猫

猫にとってお腹は弱点です。その弱点であるお腹を見せて仰向けになるというのは「機嫌が良く、安心している」ということを示しているサインでもあります。

信頼している飼い主さんの前や、家の中にあるお気に入りの場所でこのようなポーズをする猫も多いので、愛猫がこのポーズをとっているかどうか、チェックしてみてはいかかでしょうか。

まとめ

テンテン

猫はご機嫌になると、とても可愛らしい仕草や行動をたくさん見せてくれます。ただし、機嫌が良いからといって猫の嫌がることをしてしまうと、あっという間に機嫌を損ねてしまう可能性もあるため、猫とのコミュニケーションは慎重に行いましょう。

スポンサーリンク