猫の触り方の喜ぶ場所と嫌な場所

猫の触り方の喜ぶ場所と嫌な場所

日頃、猫の体を触っておく事は信頼関係を築くための大切なスキンシップです。今回は猫の触り方と、猫が触られて喜ぶ場所についてご説明します。

5916view

猫が喜ぶ触り方と場所

顎の下を触られる猫

猫の喜ぶ触り方は、まず触り方のタイミングですが、猫がリラックスしている時や甘えてくる時を狙いましょう!猫が寝ている時や一人で遊んでいる時などに、押さえつけるようにしたり、追いかけたりして無理やり触ると、猫の機嫌を損ねてしまう場合もありますので要注意!

猫の触り方は強く触るのでは無く、優しく撫でる程度でOKです。逆に猫の触り方で、強く触るのは絶対にNGですよ!

猫が、撫でられる事で痛みを感じてしまった場合、次回から触らせてくれなくなる可能性もあります!また猫の触り方では、触る時、猫が嫌がらない程度に短時間にしておくのがポイントです!

皆さんご存知の通り、猫はとっても気分屋さん!さっきまで気持ちよさそうに触らせてくれていたのに、急に怒り出して猫パンチや猫キック、さらには噛みついてくるなどの攻撃をしてくる場合があります!

そうならないためにも、猫が「もう嫌だ!」という時に出すサイン、

  • しっぽを激しく動かす
  • 暴れる、逃げようとする
  • 耳を伏せる

など上記を見逃さないようにしましょう!猫の嫌がっているサインが見られているのにも関わらず、それ以上触り続けると、猫が怒り出してしまいます。もう二度と触らせてくれなくなるかも?

猫が触られて喜ぶ場所

猫の触り方で、触られて喜ぶ場所は、自分では毛繕いできない部分が多いと言われています。猫が、人にスリスリする時にこすりつけてくるような場所も、猫が触られて喜ぶ場所だと言えます。
具体的には、

  • 猫の耳の裏
  • 猫の額
  • 猫の顎の下
  • 猫の尻尾の付け根

辺りが、猫の触られて喜ぶ場所の代表です。これらの場所を触ると、猫も気持ちよさそうに喉をゴロゴロ鳴らす姿が見られます。猫が喜ぶ場所を触ってあげる事により、猫と人との信頼関係がグンと高まります。

ちなみに、猫の撫で方によって好き嫌いが分かれる場所が「お腹」です。我が家の猫3匹のうち、2匹はとても嫌がりますが、1匹はお腹を触られるととても喜び、ゴロゴロいいながら甘えてきます。

猫の嫌がる触り方

猫のしっぽ

猫の触り方で、触られて嫌がる代表的な部分は、

  • お腹
  • しっぽ

上記3つだとされています。

お腹は内臓が近いため、多くの猫が触られるのを嫌う場所だと言われていますが、一概に、どの猫も嫌がるとは言い切れません。我が家の猫も3匹のうち1匹だけは、お腹を撫でられるのが大好きな子もいます。しかし、猫の喜ぶ姿が可愛いからといって、長い間触り続けると暴れ出します。

猫のしっぽには細かい神経がたくさん通っているため、猫の触り方によっても、ほとんどの猫が触ると嫌がる場所になります。足も同様に、猫にとってはとても敏感な場所で、触ると嫌がってしまうケースもあります。猫の爪を切ろうとすると、足を触るだけで暴れてしまい、大変!という飼い主さんもいらっしゃると思います。

まとめ

気持ちよさそうに撫でられる猫

今回は猫が触られると喜ぶ場所や、触り方についてまとめました。逆に猫が触られて嫌な場所、猫の触り方によっても嫌な場所もありますので、猫に嫌われないようしっかりとリサーチしておく事が大切ですね。

猫の触り方から、猫を撫でる事で、信頼関係もアップしますから、ぜひ猫が喜ぶ場所を見つけ出してみてください!

スポンサーリンク