空から降って来た子猫のレスキュー。傷だらけの体を救えるのか

空から降って来た子猫のレスキュー。傷だらけの体を救えるのか

アメリカでは、竜巻などで空に巻き上げられた動物が”降ってくる”ことが時々あるということですが、今回空から降って来たこの子猫の場合は気象が原因ではありませんでした。大レスキューストーリーのご紹介です。

1313view

茂みの中から助けを求める鳴き声

発見

イリノイ州のある街で、茂みの中から聞こえる、訴えるような猫の大きな鳴き声。そこには傷だらけの子猫サミーがいました。

サミーの発見者は、地元の動物レスキュー・グループ、ANIMAL SERVICES AND ASSISTANCE PROGRAMS, INC. (ASAP) に連絡を取りました。

獣医へ直行

ASAPは、直ちにサミーを獣医へと連れて行きました。診察の結果、幸い骨折はしていないものの、身体中に複数の傷があり、背中には刺し傷、そして口は裂けていました。

大型の鳥類

サミーは、鷹やフクロウのような大型の鳥類に捕まれて空へと舞い上がり、逃れようと身をよじったサミーを鳥が支えきれなくなり落下したものと見られます。

腕神経叢裂離

ASAPのパートナー獣医のさらなる診察の結果、生涯にわたって障害が残る可能性のある「腕神経叢裂離」(腕神経叢と呼ばれる神経の束が、高所からの落下など何らかの理由でちぎれて発症する病気)であることがわかりました。

サミーの年齢や、体の大きさを考えた場合、切断手術時の出血量に耐えられる保証はないことから、わずかでも回復することを祈って、現時点での切断手術は見送られました。

サミーは、獣医のもとで回復を待っています。

最後に

猫の保護に関わっている人たちは、完全室内飼いを推奨している方がほとんどですが、猫ちゃんには気ままに外を探索して欲しいと考えておられる飼い主さんはたくさんいらっしゃることでしょう。

気をつけなければならないのは、屋外には自動車を含めて猫の天敵がたくさんいることですね。猫ちゃんたちの安全を祈ります。

高所から落下し、見事に生還したサミーの姿をこちらの動画でぜひご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Cat Man Chris

スポンサーリンク