多頭飼育崩壊、ネグレクト…安楽死寸前から生還した奇跡の子猫。

多頭飼育崩壊、ネグレクト…安楽死寸前から生還した奇跡の子猫。

荒れ果てた家屋に放置された39匹の猫たち。その環境は劣悪極まりないものでした。その中に、もう助からないだろうと思われた子猫が...。奇跡の生還ストーリーをご紹介します。

1204view

ゴミ屋敷の中の猫たち

多頭飼育崩壊の現場にいる39匹の猫たちを救出することになりました。

ネグレクトされたあげく飼い主に置いていかれ、酷い環境の中で長く暮らしていたようです。

まず始めに、子猫を全部保護することに。

ぐったりして動かない猫

保護されて無事ケージに入れられた子猫たちですが、その中の1匹は死んでしまった...とレスキューチームの誰もが思いました。

かろうじて息が...

でもその子猫はまだ生きていました!

そして、まだ息のあるその子を急いで近くの獣医へ。

しかし“安楽死”を勧められてしまいました。

諦めきれないレスキューチームは、セカンドオピニオンを求めて地元の獣医に連れて行きます。

ノミだらけの体に、首に噛まれた傷まで

ノミに身体中を刺され、栄養失調、そして首に噛まれた酷い傷まで。出血による貧血状態でした。

でも嬉しいことに、診察中子猫はウェットフードを食べることができたのです!

ノミの駆除、そして傷の手当てを受けて一時預かりのお家へ。

数日後

こんなに元気になりました!

とても人懐っこい猫ちゃんです。

そして、「プリンセス」と名付けられました。

里親さんの元へ

獣医助手の女性が里親になってくれました!

まだ傷口は完全に治っておらず、しばらくエリザベスカラーをつけていなくてはなりませんが、新しいママは獣医助手なのでとても安心です。

最後に

去勢もせず無責任に飼育し、家を去るときに、猫をたちを放置して行った飼い主。

そこで暮らすしかなかった猫たち、そのような環境のせいで死に直面し、そして生還した奇跡の猫“プリンセス”。

動物を飼うのは、命を預かる、そして生かす努力をする事だと、改めて感じさせるレスキューストーリーです。

5ヵ月後、レスキューチームがプリンセスに会いに行きました。生死の境をさまよったあの頃からは考えられないほど大きく、健康になった彼女の姿をぜひ動画でご確認ください!

※動画の中に一部不快に感じる場面(大量のノミなど)がありますので、苦手な方はご承知おきの上ご視聴ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Cat Man Chris

スポンサーリンク