危険な工場に住みついた親子猫、保護され安全な施設へ

危険な工場に住みついた親子猫、保護され安全な施設へ

母猫と3匹の子猫が金属溶接工場に住みついていますが、猫に適した環境とは言えないようです。ケージトラップを使った確保の様子です。

1146view

チョロチョロと重機の間を走り回る子猫たち

通報・発見

金属溶接工場でメス猫が子猫を3匹産み育てていますが、1日中騒音が響き、重機がそこここにあり、猫には危険な環境のよう。

依頼を受けた保護団体 HOPE FOR PAWS が、猫一家の保護にきました。

お母さん猫は幸いある程度、人慣れしていますが、あいさつがわりの「シャー」。でも怒ってなどいないようです。

「あなた誰?新入り?」

保護

子猫は3匹です。ケージトラップに2匹が入りました。

外側の1匹は別行動で、逃げてしまいます。まずは2匹を確保です。

逃げた1匹はお母さんの元に走り、ミルクを飲んでいました。

この親子2匹をいっぺんに確保しましょう。

このお母さんの「シャー」は、かわいい!

シャーと言ったその口で、人の指先からツナをモグモグ。

ツナでケージトラップへ誘導します。

そして作戦成功。お母さんを追って子猫もケージに入り、これで猫家族4匹確保です。

病院でケアをしましょう。

その後

1ヵ月後、母猫「ミスティーク」と3匹の子猫たちは、保護施設で里親に巡り合う日を待つことになりました。

人にもすっかり慣れたようです。子猫の名前は、アメリカのヒーローアニメからとったよう。

眠り猫のお母さんと、遊ぶ子猫たちを動画でご覧ください。スーパーマンはどの子でしょう?

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

スポンサーリンク