耳のない猫を保護。マイクロチップから判明した過去とは?

耳のない猫を保護。マイクロチップから判明した過去とは?

数カ月ノラ猫に食べ物を与えていた住人から、耳なし猫の保護依頼です。保護してみると、埋め込まれたマイクロチップにより、「TNRプログラム」が判明しました。TNRプログラムとは?

4308view

耳なし猫は外猫か、内猫か

通報・発見

数カ月ノラ猫に食べ物を与えていた住人から、猫の保護依頼です。

保護団体がかけつけると、毛足の長い猫がいましたが、何か変です。耳がありません。

保護チームの1人が缶詰を差し出すと、猫はシャーっと怒った顔をしますが、とりあえず威嚇してみましたという程度。すぐに素手でなでることができました。付き合いやすそうです。

そしてよく見てみると耳だけでなく、歯も欠けているようです。

保護

ケージにもすんなり入ってくれました。
ある程度年とった雄猫であることがわかりました。

ケア

猫の気分は耳を立てたり寝かせたりでもよりよくわかりますが、この子はそれができないため、気分を推し量るのが少し難しくなります。表情や姿勢をよく見ることが大切ですね。

歯の状態を見ます。

TNRプログラム

「アーレス」にはマイクロチップが埋まっていました。TNR(Trap, Neuter, Release/Return)プログラム の履歴、つまり捕獲し、去勢し、放たれた、コミュニティ・キャットとしての登録が判明したのです。

日本でも展開するTNRでは、その印に耳の先端を少し切ります。しかし、アーレスのように両耳全体がないのは、TNRの印とは全く関係ありません。

アーレスは猫エイズウィルスを持っていることもわかりました。これ以上、外猫として生きるのは厳しいでしょう。

その後

アーレスは現在、一時預かりで里親が現れるのを待っています。

なぜ耳がないのかなど、アーレスの過去はマイクロチップでもわかりませんでした。

けれど、きれいになった毛並みのアーレスは、甘え、楽しそうに部屋の中を探索しています。是非、映像でご覧くださいね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

スポンサーリンク