アメリカンショートヘアの柄は70種類以上!代表的なパターンを画像で知ろう

アメリカンショートヘアの柄は70種類以上!代表的なパターンを画像で知ろう

アメリカンショートヘアといえばシルバーの下地に黒の柄が入ったシルバータビーを思い出しますよね。しかし、アメショーは100種類近くある猫種の中でもカラーや被毛パターンが多く、なんと70種類以上もあるのです。そんな知られざるアメリカンショートヘアのカラーやパターンを画像付きでご紹介しましょう。

603view

アメリカンショートヘアの柄はどれぐらい種類がある?

その愛らしい見た目と、大変人なつっこく明るい性格が特徴の大人気猫種アメリカンショートヘア。

100種類近い猫種の中でも、その飼いやすさはトップクラスで「初心者でも飼いやすい猫」として世界中から愛され続けています。その証拠に猫グッズや猫雑貨でもアメショがモチーフになったものが多いですよね。

そんなアメリカンショートヘアはシルバーの下地に黒の柄が入ったシルバータビーのイメージが強いですが、実は70種類もの被毛パターンを持つ猫種でもあるのです。そんなアメショーの代表的なカラーパタンを今回は画像付きでご紹介します。

アメリカンショートヘアの代表的な柄

シルバータビー

シルバータビーのアメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアといえば、やはりシルバータビーでしょう。シルバーとよばれる灰色の下地に、黒の渦巻き模様が入っている柄です。

黒の柄は一見すると縞模様に見えるため、トラ猫模様と勘違いされがちですが、よくみるとグルリと円を描くような柄になっているのが特徴です。

ブラウンタビー

ブラウンタビーのアメリカンショートヘア

濃いブラウンの下地にブラックの渦巻き模様が入っているブラウンタビーも人気の被毛パターンです。

模様の入り方や色合いによってはキジトラ猫とそっくりにみえるため「キジトラとアメリカンショートヘアのブラウンタビーの違い」について疑問に思われている方も多いようです。

しかし、シルバータビー同様、ブラウンタビーはキジトラのマッカレルタビーと違い、渦巻き状の黒模様となっています。

レッドタビー

レッドタビーのアメリカンショートヘア

レッドと呼ばれる明るい茶色と白が入った柄。茶トラ模様ともよばれ、アメリカンショートヘアの数ある柄の中でも大人気のカラーだといえます。

ちなみにレッドタビーの子はブラウン系のアイカラーになることが多いのだとか。

ブルータビー

ブルータビーのアメリカンショートヘア

シルバーに似ていますが、よく見ると光沢がありまるで光り輝いているようなカラーが特徴的なブルータビー。

ロシアンブルーやシャルトリューのような美しい輝く被毛を持つ、ブルー系のカラーは、アメショの中では希少でありペットショップではあまり見かけません。もし欲しい場合は、直接ブリーダーにお問い合わせをするのがおすすめです。

パッチドタビー

パッチドタビーのアメリカンショートヘア

タビー柄にブラウンやレッドのカラーが入る柄をパッチドタビーと呼びます。

灰色の下地のシルバーパッチドタビーや茶色の下地に柄の入ったブラウンパッチドタビーなどがあります。個体によってカラーの入り方や柄の入り方が違ってきますので、個性的なアメショを家族に迎えたい方におすすめです。

カメオタビー

カメオタビーのアメリカンショートヘア

レッドタビーに似ているのですが、よく見ると根元の被毛が白いためレッドタビーよりも淡い印象を受ける柄です。とても優しいイメージがあるためか、女性の方に人気のあるカラーといえるでしょう。ただし、珍しい柄でもありますのでペットショップではあまり見かけません。

クリームタビー

クリームタビーのアメリカンショートヘア

こちらもレッドタビーによく似ているカラーです。クリームタビーはクリーム色をベースに明るい茶色のタビーが入っているのが特徴です。

カメオタビーよりもさらに淡いカラーであるため、少し幼い印象を受けやすいカラーでもあります。なおクリームタビーはそのカラーから「ミルクティーのような色」とよばれることもあります。

単色カラー

黒いアメリカンショートヘア

意外かもしれませんがアメリカンショートヘアの中には黒だけ、白だけといった柄が入っていない単色の猫も存在しています。

また単色意外にも一部だけポイントの入っているこや、2色に分かれた毛色を持つバイカラーの子も。アメリカンショートヘアは大抵の柄があるバラエティにとんだ猫種だといえるでしょう。

アメリカンショートヘアの値段が個体によって違うのはなぜ?

緑の背景とアメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアをみていると、個体によって価格に差があることに気がつきます。この値段の違いは珍しいカラーや柄によって左右されるのかと思われがちですが、実はそうではありません。

値段の違いが出る大きな理由は「どれだけスタンダードに近い容姿を持っているか」「どれだけよい血統を持つ子猫であるか」「どれだけ理想とされる模様の配置をしているのか」というものです。

例えば両親猫がチャンピオンやグランドチャンピオンに選ばれた個体であれば、それだけその子猫の値段は高くなります。また目の色、耳の形、体の大きさ、アメリカンショートヘアの理想の柄とされる、背中のバタフライ模様の有無などが重要となります。

逆に激安な猫はスタンダードからかけ離れているだけではなく、何らかの病気を抱えている可能性もあります。値段が相場よりも安い場合は、それだけ健康面に問題を抱えている可能性もありますので、見かけたらブリーダーやショップスタッフに理由を聞いてみるとよいでしょう。

アメリカンショートヘアと日本猫の違いとは?

シルバークラシックタビーとサバトラ柄の違い

渦巻きが綺麗なアメリカンショートヘア

同じシルバーのベースに黒の模様を持つシルバークラシックタビーとサバトラ。

パッと見ただけでは、その違いがわかりにくいかもしれませんがブラックの柄に注目をしてもらうと、サバトラは縞模様に対してシルバータビーは渦巻きのような柄をしています。これがサバトラとシルバータビーの大きな違いです。

レッドタビーと茶トラ柄の違い

茶トラの猫

レッドタビーと茶トラもよく間違われるカラーの一つです。

茶トラは一般的にレッドマッカレルタビーとよばれるカラーとなり、縞模様となります。一方レッドタビーは明るい茶色の渦巻き模様が入るカラーのことをいいます。

もしレッドタビーのアメショか茶トラ猫かで迷ったときは、柄の入り方に注目をするとよいでしょう。

関連記事
サバトラとアメショ4つの違う所
サバトラとアメショ4つの違う所

サバトラとアメショは柄や被毛カラーが似ている猫として知られていますが、その違いを詳しく教えてほしいといわれても困ってしまいますよね。確かにサバトラとアメショ似ていますし、柄や色もそっくりですがこの2匹は全く違います。本日はそんなサバトラとアメショの違いについてご紹介しましょう。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

まとめ

縞模様が綺麗なアメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアはその柄の多さも人気の理由の一つとなっています。自分の好みにあった猫ちゃんを見つけられるというのは、猫好きにとってはたまりませんよね。ぜひ皆さまもお気に入りの柄やカラーのアメショを見つけてはいかがでしょうか?