猫を動物病院に慣れさせる方法5つ

猫を動物病院に慣れさせる方法5つ

動物病院に猫が嫌な印象を持っているとなかなか慣れてくれず飼い主も飼い猫もストレスを溜めてしまいますよね。この度は、猫がなるべく嫌にならないで病院へ行ける方法をご紹介したいと思います。

1035view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

1. 猫の飼い主が病院へ連れて行きましょう

抱っこの前の猫

愛猫の様子を一番良く分かっている飼い主が病院へ連れて行けば、動物病院の雰囲気に馴染みやすくなります。慣れない場所であり痛い事がある場所、その他の猫や犬に会う場所としても飼い主が側にいれば安心できます。

緊急事態はやむを得ませんが、なるべく飼い主が動物病院へ連れて行ってあげてくださいね。出来れば飼い主を交え2人以上で行くと良いでしょう。連れて行く時も無理矢理抱っこをすると逃げ隠れして捕り物になり、予約時間に間に合いません。猫がリラックスしているタイミングを見計い、キャリーバッグに入ってもらいましょう。

2. 飼い主と相性の良い動物病院を選びましょう!

獣医師と猫

そもそも動物病院へ行くのに、飼い主が嫌がっていては飼い猫にも伝わります。飼い主と獣医師の間柄も人間関係ですから、相性に違和感のある時は気持ちに従い病院を変えてみましょう。

相性が悪いと検査時も病気の治療をお願いする時も、素直な気持ちを持つ事が難しく信頼できなくなってしまうでしょう。病院は愛猫にとっても飼い主にとっても大切な場所ですから、吟味してくださいね。

3. キャリーバッグは家の見える所に!

窓際にあるキャリー

猫を連れて行くためのキャリーバッグを、ずっと片付けていませんか?猫は通常と違う雰囲気に大変敏感ですから、押し入れや棚からキャリーバッグを出した時点で違いを察知し緊張してしまいます。普段から家の目に付く場所に置いておきましょう。

猫が遊び場として自由に出入りするようになれば、キャリーバッグに入るストレスが無くなり出かけることにも慣れてくるでしょう。

4. 待合室での待ち時間を少なくしましょう

待合室で待つ飼い主と猫

猫の性格や猫の育ってきた環境によって好き嫌いは違いますが、動物病院で長時間待つ事は避けた方がよいでしょう。待合室での待ち時間が長くなることで、猫の緊張状態が続いてしまい、ストレスを溜めやすくなり病院に慣れにくくなります。

他の動物や人間が苦手な場合は車の中で待ったり、犬が苦手な猫には猫専門病院を選択するなどいくつか方法があります。なお予約できる病院の方が、より待ち時間を減らす事ができるでしょう。

5. 動物病院のイメージを良くしましょう

おやつを食べる猫

ドライブの好きな猫でしたら、車に乗りたくて動物病院へ行くことを嫌がらなくなるかもしれません。猫が獣医師を気に入って、会うのを楽しみにしているかもしれません。動物病院から帰ってくると美味しいおやつを食べられるなど、ご褒美も良いでしょう。動物病院に行くと嬉しい事があれば、次第に楽しみになって慣れてくれるでしょう。

まとめ

車の中のマミ

猫を動物病院に慣れさせる方法5つについてお伝え致しました。猫と暮らすのであれば動物病院との関わりは大切ですよね、子猫の時から定期的に通うことになるので、少しでもストレスが減るようにしてあげたいですよね。

猫が動物病院の何を嫌がっているのか原因を探り取り除いていくことが、慣れる一番の近道かもしれません。

スポンサーリンク