多頭飼いに向かない猫の特徴3つ

多頭飼いに向かない猫の特徴3つ

猫ちゃんにも猫種によって多くの個性があります。その中でも多頭飼いに向かない猫ちゃんというのもいますので、その特徴を理解しておきましょう。

1225view

多頭飼い大丈夫?

抱っこされるたくさんの猫

1匹の猫ちゃんを飼うと、ついつい2匹目の猫ちゃんも迎えたくなり、想像してしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。なかなか1匹飼うのと異なる点も多くなる多頭飼いですが、中には多頭飼いには向かない特徴をもつ猫ちゃんもいますので注意しましょう。

デリケートな面をもつ猫ちゃんで、かつ多頭飼いをする事が目的であれば、なるべく避けられる問題は避けた方が良いと思いますので、まずはそのような特徴をもつ猫ちゃんから把握しておきましょう。

1. 相性が悪い

猫鍋の中の2匹の猫

相性が全てではないのですが、人間であっても相性の良しあしがあるのと同じで猫ちゃんの世界にも存在します。例えば親子や兄弟の猫ちゃん同士であれば多頭飼いでも特に問題がないことが多いです。

しかし子猫と老猫の場合、静かに暮らしたい老猫から見ると子猫はやかましい存在であったり、オスの成猫同士だと縄張り争いとなり喧嘩しやすいため、基本的に同居するにあたって相性が悪いと言われています。飼い主さんはある程度、迎える予定の猫ちゃんと先住猫の相性が良いのかどうかを見極めましょう。

2. 性格がナイーブ

鳴いている猫

猫ちゃんにも、それぞれの猫ちゃんがもっている「性格」があります。同居猫を迎えるにあたり、人間と同じで大らかで社交性の高い猫ちゃんの方が上手くいきやすくなります。

反対に神経質な性格を持ち合わせている猫ちゃんであるほど、同居猫を迎えても警戒心を強くもつために、なかなか受け入れてくれない可能性が高くなります。怯えてなかなか出てこなくなってしまったり、「敵」と認識して威嚇してしまったりすることが多くなるので、飼い主さんはまず先住猫の性格をきちんと把握しましょう。

その上で、相性の良さそうな性格をもつ猫ちゃんとマッチングさせることが上手くいくコツです。

3. 嫉妬心が強い

怒っている猫

飼い主さんのことが大好きでやや依存のような性格をもちあわせていると、新入り猫に嫉妬してしまうことがあります。大好きな飼い主さんのことを取られたと思ってしまうからです。

この傾向があるのであれば、飼い主さんの方もなるべく先住猫を優先にして可愛がってあげると、うまくいくことがあります。つい新入り猫のことを構いたくなりますが、先住猫のプライドを守るためにも配慮してあげましょう。

先住猫がもっていた縄張りも、新入り猫に奪われるかもという心理的にプレッシャーがかかる上に、加えて飼い主さんもとられてしまったのでは?と勘繰ることがあれば、先住猫はとても悲しい気持ちになってしまうのです。

まとめ

気に入らない顔の猫

先住猫から見ると新入り猫はやはり「まだよく分からない未知の生き物」という判断をします。そのためなるべく気を付けて壁を回避できるところは、飼い主さんも協力して回避しましょう。

スポンサーリンク