猫が段ボールを好きな5つの理由

猫が段ボールを好きな5つの理由

段ボールに入る猫。もはや鉄板です。猫の近くに置いておけば、いつの間にか同化しているでしょう。どうしてそこまで段ボールが好きなのでしょうか?5つの理由、挙げてみました。

723view

1. 温かい

箱に入る猫

段ボールは保温性に優れています。中に入ると温かいので、猫が好む傾向にあるのです。特に冬はベストな隠れ場所かもしれません。温かい上にすっぽりと身を隠すことができるので、一つは部屋の中に置いておいてあげると喜ぶでしょう。

子猫にも最適

子猫を入れておくのにも、最適です。体温調節がまだうまくできないので、保温性がある段ボールに入って貰うと良いでしょう。拾ってきた子猫は低体温になってしまい、命を落としてしまう危険性が高いので温めてあげてください。

通年で使える

冬しか使えなさそうですが実は夏はひんやりとして、これまた猫好みです。ですから段ボールは、1年中猫ハウスとして利用可。コストがあまりかからないのに優れものです。

2. サイズがぴったり

窮屈な段ボール箱に入る猫

段ボールには様々な大きさがありますが、猫の体にぴったりフィットするサイズを置いてあげてください。ちょっと狭いくらいがちょうど良いかもしれません。

きゅうきゅうになって入るのが大好きなようです。良く、みっちりと詰まっている猫を見かけます。中に毛布やクッションなどを敷いてあげれば、これ以上落ち着ける場所はないでしょう。きっと猫のお気に入りの隠れ家になるはずです。

3. 本能的に入ってしまう

思わず段ボール箱に入っちゃった猫

野生の猫は、敵から見つからないように木や草などの影に隠れています。体が何かに触れていると安心できるのでしょう。段ボールに入ると暗いですし壁に触れますし、猫にとってほっとできる場所なのだと考えられます。

4. ストレス回避

段ボール箱に入ってのぞく猫

段ボールがあることで、ストレス回避できることが分かっています。そのような研究結果があるのです。

段ボールがある場合は、早く周りの環境に慣れる上ストレスが少ないことが分かっています。逆にない場合は中々慣れなかったのです。段ボールがないことで、多大なストレスがかかっていたのでしょう。猫にとっては、重要なものなのだということが分かります。あなどれません。

猫が気に入る段ボールがあったら取っておいて、部屋の落ち着ける場所に置いておいてあげましょう。ストレス軽減に持ってこいです。

5. 匂いが気になる

段ボール箱のにおいをかぐ猫

段ボールの匂いが気になる説もあります。元々どのようなものが入っていたのか、嗅覚が優れている猫ならば分かってしまうでしょう。特に大好物が入っていた場合は、惹かれて仕方なくなること請け合いです。

猫がしつこいほど段ボールの匂いを嗅いでいるようなら、どうにもこうにも気になる匂いがぷんぷんしているのでしょう。また、自分の匂いをつけようとスリスリ攻撃に転じる場合も。安心しようとしているので、温かく見守ってあげましょう。

まとめ

ひめ

猫の段ボール好きは、筋金入りです。空のものを見つけると、必ずといって良いほど一度は中に入ります。思う存分満喫できるようにしてあげてください。

スポンサーリンク