猫がウエットティッシュを食べる…考えられる原因と対策

猫がウエットティッシュを食べる…考えられる原因と対策

猫は気になるものはとことん追求したくなる動物です。よって誤飲による動物病院の受診や緊急手術を必要とするケースもレアではありません。今回は、身近に潜む誤飲の原因と対処法についてご紹介いたします。

270view

なぜ食べ物以外のものを口にしてしまうの?

紙に包まれる猫

猫は、口に入るものであれば何でも誤飲のリスクがあります。今では貴重な存在であるウエットティッシュも、ほんの少し目を離した隙に食べてしまうこともあります。

ウエットティッシュは、たとえノンアルコールのものであっても、食べてしまったとなると一大事です。予防する手立てはあるのでしょうか?

ここではウエットティッシュの誤飲の原因と、その対策についてご紹介いたします。

単純に気になる

手を伸ばす猫

猫は好奇心旺盛な動物です。特に子猫の場合はその傾向が強まります。そして直接触れたり、舐めたりしているうちに感触が気に入って口に入れてしまうことがあります。

これはウエットティッシュに限定されたことではありません。子猫と暮らしているご家庭では、猫用のおもちゃでさえも時に誤飲につながってしまいます。

ウエットティッシュの場合は、しっかりとケースに収納し、自力では取り出せない場所で保管しましょう。さらに使用中の場合は、目を離さないでください。

獲物だと思っている

狩りをする猫

猫は優れたハンターです。その本能は、野生の世界を知らない家猫にも備わっています。普段、何気なくしている遊びも"狩りの疑似体験"に相当します。

実際に狩りの真似事をウエットティッシュで行った結果、飲み込んでしまうことがあります。そのきっかけは些細なことで、飼い主さんの捨て忘れが多いでしょう。

猫は獲物に対する執着心が強い傾向にあります。一度気に入ってしまうと何度でも欲しがるようになり、ゴミ箱からも回収しようとすることがあります。

まずは、関心が強くなる前に捨ててしまうことです。そして、捨て忘れには十分注意しましょう。また、欲しがるからと安易に触れさせないようにすることも大切です。

繊維質がどことなくマタタビを連想させる

マタタビの花

これは猫のみぞ知る世界ですが、ウエットティッシュや通常のティッシュが持つ独特な繊維質が、マタタビの食感が似ているのだそうです。

もちろんウエットティッシュそのものにマタタビの成分は含まれていません。よって、マタタビを使用していなくても誤解してしまうことがあります。

誤解から生じるウエットティッシュの誤飲は、成猫にも起こり得ます。やはり猫がウエットティッシュに触れないように、気をつけることが最善策でしょう。

ストレス

憂鬱そうな猫

未だに解明されていない部分もありますが、猫はストレスや不安を抱えると、思いもよらぬものを食べてしまうことがあります。ストレス発散の一環です。

ウエットティッシュも例外ではなく、ほとんどが偶然身近にあるものを食べる傾向にあります。突然ウエットティッシュを噛んだり、食べようとするようになった場合は、ストレス説も念頭に置いて原因を探ってみてください。

そして、飼い主さん側に大きな環境の変化やストレスが生じていないか振り返ってみてください。改善できそうなところから改善し、忙しくても数分程度は愛猫の遊び相手になってあげましょう。

食事が合わない若しくは病気によるもの

餌を眺める猫

猫は食に対するこだわりが強く、中でも"風味"の好みが大きい傾向にあります。そして、飽きっぽい性格も相まって、食事に苦労する飼い主さんも珍しくはないでしょう。

好みが合わず、食事量が減少することで、それを補う役割として誤飲することがあります。時々フードを変えたり、ドライとウエットを組み合わせるなどして工夫してみてください。

また、背景に病気が潜んでいる可能性も否定できません。食欲が減少しているところにマタタビ疑惑のあるウエットティッシュを食べてしまうこともあります。さらに手当り次第何でも食べることで、困難な排尿や排便を促しうとすることもあります。

愛猫の様子に異変がないか観察し、気になることがあれば動物病院に相談するようにしてください。

もしもウエットティッシュを食べてしまったら

診察される猫

ウエットティッシュは種類を問わず、誤飲してしまうと危険です。直接現場を目撃した際は速やかに動物病院に連絡しましょう。

そして、獣医さんの指示に従って行動してください。無理やり吐き出させる行為は大変危険です。指示がない限り、自己判断で処置をしないようにしましょう。

まとめ

イタズラする猫

除菌が重要とされる今、ウエットティッシュやそれに代わるものに触れる機会は多いでしょう。捨て忘れには十分気をつけましょう。そして、猫にとって危険なアロマ成分を含む含むものは避けるようにしてください。

スポンサーリンク