猫が吐くのは病気が原因?主な理由や嘔吐の危険度チェックなど

猫が吐くのは病気が原因?主な理由や嘔吐の危険度チェックなど

猫は元々吐きやすい動物であるため、病気でなくても生理的なものにより吐くことがたびたびあります。そのため猫との生活の中でたびたび猫が吐くことがあると思います。しかし私たちと同様に「吐く」という症状は何らかの病気のサインでもあり、場合によっては緊急性があるものもあります。では猫がどんな時に吐くのでしょうか?考えられる理由や病気、危険性が高い嘔吐の見分け方などを詳しく解説していきたいと思います。

1685view

猫が吐く原因

嘔吐する猫

猫が吐く原因は様々あり、毛玉を吐く時や空腹時に吐くなど生理的な理由で吐くことがあります。

ですが「吐く」症状は何らかの病気のサインでも考えられるため吐いたものが毛玉以外や、吐く回数が多い、元気・食欲がないなどの場合は動物病院へ受診してください。

病気

  • 胃腸炎
  • 腎不全
  • 尿路結石
  • 観葉植物などによるアレルギー
  • 食餌によるアレルギー
  • 寄生虫感染

生理的に猫が吐くこともありますが、何らかの病気にかかっていることが原因で吐くことがあります、猫が吐く症状で考えられる病気としては、胃腸炎などの胃や腸の病気、腎不全や尿路結石症などの泌尿器疾患、ネギ類やユリ科といった観葉植物などによる中毒や食餌によるアレルギー、寄生虫感染、癌などの悪性腫瘍などがあげられます。

食べ過ぎ

猫がフードを食べてすぐに未消化のままのフードを吐くことがあります。多くがガツガツとフードを早食いしたり、一度にたくさんのフードを食べ過ぎてしまったことにより吐くことがあります。

そのためフードは胃に到達する前に吐く(吐出)ので、食べ方によって改善することができます。

毛玉吐き

猫が毛玉を吐くことも、生理的な嘔吐によるものです。猫の舌はザラザラと突起状になっているため、毛づくろいする際に被毛が飲み込みやすくなっています。

飲み込んだ被毛は最終的にウンチと一緒に排出されますが、被毛の量が多いと胃の中でフェルトのようなボール状(毛玉)となり吐き戻しをします。

誤食

猫が食べていけないものを誤って誤食してしまったことが原因で吐くことがあり、誤食したものや量によって異なります。

元気がなくご飯も食べないなどの症状も見られたり、場合によっては開腹手術をする必要があったり、命を落とす危険があるものもあります。

猫との生活する中で誤飲事故は非常に多い事故の1つでもありますが、特に誤食したことがある猫は再犯する傾向があるため注意が必要です。

空腹

お腹が空き過ぎてしまうことにより朝方に吐くことがあります。食事と食事との時間が長く、空腹状態が長く続くことでたくさん分泌した胃液や胆汁が逆流してしまうことで吐いてしまいます。

夜ごはん〜朝ごはんまでの時間の間隔が長いので、朝方に吐くのが特徴でもあります。

ストレス

猫はとても敏感で繊細な動物でもあるため、ストレスを感じやすく吐くことがあります。引っ越しや同居猫が増えたなどの環境の変化や、ペットホテルに預ける、来客の訪問、外の騒音など様々です。

特に神経質や臆病な猫は敏感に感じ、強いストレスを受けやすく場合によっては吐く症状が続くと胃炎などを引き起こす要因にもなるため注意が必要です。

猫が吐く原因となる主な病気

胃腸炎

胃や腸の粘膜に炎症が生じることで下痢や吐くなどの消化器症状を起こし、猫によく起こりやすい病気でもあります。

猫の胃腸炎は症状が1週間程で治る“急性胃腸炎”と、1週間以上症状が続く“慢性胃腸炎”の2種類があります。

初期症状は嘔吐や下痢が多くみられますが、ひどくなると血便や大量の水分を失うことで脱水状態などを起こす恐れがあり、場合によっては急性胃腸炎から慢性化することもあります。

猫の急性胃腸炎になる原因としては食べていけない食べ物や毒物などの摂取による誤食や、ウイルスや細菌感染、新しいフードに変えたなどがあげられます。

腸閉塞

猫は何かしらの要因で腸管が詰まることがあり、おもちゃや紐などの異物誤飲や毛球症、腸管の腫瘍、腸重積など様々な原因が考えられ、腸管を塞いでしまうことで腸閉塞を発症します。

原因によって異なりますが消化管の通過障害により食べ物や胃液が流れなくなるので吐く症状が共通して現れます。

異物誤飲の場合は吐く頻度が増え、吐き気も伴います。また腸管による腫瘍や腸が入り込んでしまう腸重積の場合は食欲の低下もみられます。

腸閉塞を起こすと腸管の閉塞部分に血液が流れなくなり壊死してしまいます。最悪の場合は腸に穴が空き、大腸菌などの細菌が漏れ出し非常に危険な状態になり命を落とします。

胃や腸の腫瘍

猫は胃や腸管に腫瘍ができることで塞いでしまい吐くようになります。腫瘍が小さく消化管を塞いでいない場合は便として排出され、ご飯を食べるなど目立つ症状があまりないことが多いです。

しかし腫瘍が大きくなり、完全に消化管を塞いでしまうと消化吸収することも便を出すこともできなくなり次第に吐くようになります。

猫の腫瘍は発症平均年齢約10歳で、犬と比べると猫の腫瘍の発生度は低いですがそのほとんどが悪性腫瘍といわれています。猫の胃の腫瘍ではリンパ腫が多くみられ、他の臓器にも転移していることもあります。

腫瘍の場所や大きさにもよりますが主に吐く症状が起こり、進行するにつれて吐く回数が増えていき食欲も低下します。こげ茶色や血が混じっているものを吐くこともあります。

尿毒症

腎機能の低下により体内の老廃物が排泄できなくなり、毒素が体内にどんどん蓄積され全身の臓器に障害を引き起こします。

猫の場合のほとんどが慢性腎不全から尿毒症へとなるケースが多く、吐く回数が増え、ご飯や水を全く口にしなくなる、脱水や貧血もひどくなり場合によってはケイレンや昏睡状態といった神経症状を起こし、早急に治療をしなければ命を落とす危険があります。

関連記事
猫の慢性腎不全の症状や原因、治療と予防法
猫の慢性腎不全の症状や原因、治療と予防法

猫は慢性腎不全に1番なりやすいですが発症した時には腎臓の機能がかなり低下しています。また猫の慢性腎不全は完治ができない病気なため早期発見が重要なカギになります。愛猫が長生きできるために何に気をつければいいのでしょうか?

  • 猫の病気・健康
  • 病気

尿路結石症

膀胱や尿道といった尿路系に結晶や結石ができる泌尿器疾患でとても猫にかかりやすい病気でもあります。猫の体質や遺伝などにもよりますが食事内容や飲水量の低下、細菌感染などが原因と考えられています。

特に猫の場合は尿がアルカリ性に傾くストラバイト結石が多く頻尿や血尿、排尿痛などの症状が見られます。オス猫はメス猫と比べて尿道が細長いため結晶や結石により詰まってしまい全くオシッコが出ない状態(尿道閉塞)になりやすく、腎臓に障害を受け尿毒症や膀胱破裂を起こす危険があります。

尿道閉塞になると吐く症状が目立ち、早めに閉塞の状態を開放する処置を受けなければ命を落とすこともあります。

中毒

猫にとって有害な食べ物や観葉植物、人間用の薬、洗剤などを口にすることで中毒を起こすものがあります。玉ねぎやニラなどのネギ類やチョコレート、ユリやスイセンなどの観葉植物、タバコ、殺虫剤、洗剤類、解熱鎮痛剤など様々です。

誤って食べてしまったものや摂取量によって現れてくる症状が異なりますが主に下痢や吐くといった症状が起こり、場合によっては血尿や貧血を起こしたり、肝炎や急性腎不全など臓器に障害を受けてしまい死に至ることもあります。

代謝性ケトアシドーシス

猫の糖尿病の合併症で起こりやすいのが“代謝性ケトアシドーシス”です。猫が糖尿病になると血液中にたまった糖分を細胞に取り込むことができずエネルギー不足となってしまうため、その代わりに脂肪細胞をエネルギー源として使うようになります。

その際にケトン体という物質に分解することによって体が酸性化し、代謝性ケトアシドーシスという状態に起こしてしまいます。代謝性ケトアシドーシスになると下痢や吐く、脱水症状などが現れたり、状態が進行すると昏睡状態になり命を落とすこともあります。

中年齢の猫や高齢猫、肥満、食事、ストレスなどが糖尿病を引き起こす要因と考えられています。

寄生虫

寄生虫感染が原因で吐くことがあり、主に猫の回虫症が考えられます。寄生数によって異なりますが、猫が回虫症に感染したとしても目立つ症状が現れないことが多いです。

多数寄生した場合にご飯は食べているのに痩せてくる、発育不良や毛艶が悪くなる、貧血、下痢、便秘、腹痛、吐くといった症状が起こったり、ウンチと一緒に出てくることもあります。

関連記事
猫に虫が寄生している時の症状や対処法、予防の方法
猫に虫が寄生している時の症状や対処法、予防の方法

トイレ掃除中にうんちに白っぽい虫を見つけて驚いたことがあるのではないでしょうか。猫に寄生する虫はいくつかありますが、その中で猫の体内で寄生する内部寄生虫はどんな種類の虫がいるのか、今回はよく感染する代表的な内部寄生虫をピックアップしてみました。またそれらの内部寄生虫に感染した場合に起こる症状や治療法、そして寄生されないようにするためにはどのような予防法があるのか、それぞれまとめてみました。

  • 猫の病気・健康
  • 健康管理

膵炎、炎症性腸疾患(IBS)

慢性的に下痢や吐く症状がある場合は炎症性腸疾患の可能性があります。炎症性腸疾患(IBD)とは小腸や大腸に炎症を起こす細胞により生じる慢性的な腸疾患のことを指します。

特徴としては慢性的に吐く症状が続いたり、元気や食欲も落ち、重度になると食事からの栄養素がうまく吸収できなくなり腹水がたまり、お腹が異様に膨らんだり、むくみを起こすことがあります。

また炎症性腸疾患による炎症が膵臓へ及ぶことで膵炎を発症することがあり、中高齢猫で多くみられる傾向があります。激しい腹痛や吐く、下痢を起こす急性膵炎と、あまり症状がない慢性膵炎に分類することができます。

重度の慢性膵炎の場合は肝リピドーシスを併発していたり、糖尿病から慢性膵炎に併発している猫もいます。

パルボウイルス感染症

激しい下痢や吐く症状があり、ワクチン歴がない猫はパルボウイルス感染症の疑いがあります。パルボウイルス感染症はとても感染力が強く感染猫と排泄物や唾液にウイルスが含まれているため、感染猫との接触や感染猫の排泄物や嘔吐物に触れることで感染します。

実際に都内の猫カフェでパルボウイルスにより多くの猫が感染したとのニュースがありました。

このパルボウイルスは抵抗力が強く、猫の体外でも1年以上は生きることができるといわれています。
通常猫がパルボウイルスに感染すると40度程の高熱や下痢、嘔吐などが続きます。水のような透明の液体や胆汁なども吐くことがあります。

パルボウイルスは白血球を減少させることがあり重症化すると敗血症などを起こし命を落とします。特に体が小さい子猫のほとんどは死亡してしまう恐ろしい感染症でもあるのです。

胆汁嘔吐症候群

いたって元気で健康だけど食前に黄色い液体を吐く場合がある猫は胆汁嘔吐症候群の可能性が考えられます。吐く原因としては、空腹時間が長いことで十二指腸に分泌した胆汁が胃へと逆流してしまうことです。

そのため空腹時間が長い朝方や夜の食前に吐くことが多く、その後はご飯は食べるが吐くことはありません。

一般的に胆汁嘔吐症候群は食事回数や時間帯を変えることで改善されることができますが、吐く症状は他の病気でも考えられるため吐く症状が続いたり、元気や食欲の低下などがないか注意する必要があります。

猫がこんな嘔吐をしたら病気のサインかも?

嘔吐を繰り返す

吐く症状が毎日続いていたり、何度も吐く場合は腸管に詰まっている(腸閉塞)や中毒などの可能性が考えられます。特に猫に多く見られるのが、オモチャの紐やタコ糸などを飲み込んでしまう異物誤飲です。

少量であればウンチと一緒に排泄されますが、長かったり量が多いと腸に詰まってしまい、吐く症状が続いたり吐き気も伴います。

また中毒に関しては摂取したものや量によって異なりますが、猫にとって非常に危険といわれているのがユリ科の植物です。ユリを少量口にしたただけでも猛毒となり、命を落とすこともあります。

吐いたものに血や異物が混ざっている

血を混じったものを吐く場合は消化管からの出血、ピンク色や少量の血が混じったものを吐く場合には胃や食道、歯茎からの出血の疑いがあります。吐く頻度が多いと胃や食道の粘膜が傷ついてしまい出血することがあります。

また猫の回虫症や異物誤飲によっても血が混じったものを吐くことがあり、回虫症の場合は嘔吐物に白いミミズのような虫が出てくることがあります。

未消化のフードを吐く

消化されていないフードを吐く場合はガツガツと早食いをしてしまい、食べ過ぎて吐いたものによる嘔吐が考えられます。その場合はフードを食べてからすぐに吐くことが多く、胃に到達する前に吐く(吐出)のでフードが消化されてないまま吐き戻しされるのです。

そのため元気や食欲もあることがほとんどで、繰り返し吐く様子がなければ問題はないと思われますが、ほぼ毎日や食後にすぐ吐く頻度が多い場合は食事回数や早食い防止などを改善させる必要があります。

色のついた液体を吐く

猫が朝方や食事前に黄色い液体を吐く場合は、空腹時嘔吐による可能性があります。黄色い液体は胆汁によるもので、元々は十二指腸に分泌している胆汁が、空腹により胃まで逆流してしまい、胃の粘膜が刺激されたことで起こります。

食事回数や時間帯を改善することでほとんどは吐くことがなくなりますが、それでも吐く症状が続く場合は胆汁嘔吐症候群の可能性があり内科治療を行う必要があります。

また透明な液体や泡状のものを吐くことがあり、この場合は胃液によるものと思われます。胆汁と同じように、空腹時により透明な液体や泡状のものも吐くことがあります。

血は赤いですが酸化により色が茶色や黒っぽく変わるため、胃や十二指腸に出血が起きた場合に茶色っぽい液体を吐くことがあります。この場合は胃や十二指腸に潰瘍ができている恐れがあり、ウンチの色が黒い(タール便)になることが特徴です。

猫が吐くものの中には緑色をしたものを吐くケースがあり、猫草など緑色のものを食べた場合や膵炎、胆管肝炎といった内臓の病気、ウイルス性や細菌性による胃腸障害が考えられます。特に猫にとって危険なユリ科やバラ科などの植物を食べた場合は非常に危険です。

吐こうとしているが吐けない

猫が吐く行動をとるが嘔吐物はなく、吐きたそうな様子がある場合は消化管のどこかに異物が詰まっている可能性があります。完全に塞いでしまい腸閉塞の状態になると常に吐き気を伴い、何回も吐こうとしているが吐けない行動が見られます。

猫の状態によっては尿毒症や膵炎など何かしらの病気になり、食欲の低下でご飯を食べていないが気持ち悪さで吐き気が起きることもあるので、注意が必要です。

吐いたものに異臭がする

嘔吐物から異臭がする場合は何かしらの病気の疑いが考えられます。小腸に炎症や潰瘍がある場合は便臭をした嘔吐物を吐いたり、臭いが強いものを吐く場合には異物誤飲などによる腸閉塞を起こしている可能性があります。

明らかに猫がグッタリしている状態は緊急性が非常に高く、早急に処置が必要ですので、すぐに動物病院へ連れてきてください。

よく吐く猫への対処

フードを食べている猫

食事の量や頻度を調節する

ガツガツと早食いをしたりフードを食べ過ぎて吐く場合は、フード量を少なくして頻回に与えるようにすることです。ただし1日の給与量は変えずに1回に与えるフード量を少なくして、食事回数を増やしてください。

また水分量が多いウェットタイプにしたり、ドライフードをお湯でふやかしたりすると胃の中でフードが膨張することを防いでくれます。

関連記事
猫の食事の回数について 与える時間と注意点
猫の食事の回数について 与える時間と注意点

猫の食事スタイルについて日によってあたえている回数や量などバラついている傾向が多いです。しかし適切な食事回数など、あたえ方次第で猫の健康を損ねてしまう可能性があり、年齢ごとに食事スタイルが違います。今回は猫の年齢ごとに適切な食事回数やあたえ方についてお話しします。

  • 猫の基礎知識
  • 基礎知識・全般

フードの種類を変える

フードの中には消化に負担がかからないように作られたものがあるため、消化の良いキャットフードに変えることです。またメーカーや種類によってフードの粒の大きさや形が様々で、大き過ぎるものや尖っているものだと喉に刺激を受けて吐くことがあるため、小粒や丸い形のフードにするなど猫が食べやすいフードに選ぶことことも大切です。

また食物アレルギーが原因で猫が吐くこともあるため、フードを変えても吐く症状が続いたり下痢を起こしている場合はアレルギー検査を受けたり、食物アレルギーに対応したフードにしましょう。

よく吐く猫へおすすめのフード

FORZA10 インテスティナルアクティブ〜胃腸の健康維持に〜

インテスティナル アクティブ 猫用(胃腸ケア) 454g
1,382円(税込)

胃腸炎や嘔吐、下痢、消化管障害などの症状にある猫におすすめの餌です。消化に負担かけないように加水分解タンパク質を使っています。

5つの有効成分のAFSタブレット配合、フィトケミカル(植物栄養素)は猫の腸内環境を良くし、免疫機能を刺激してくれます。

ヒルズ i/d

【迷子札プレゼント】[療法食]ヒルズ 猫用 i/d 500g
1,209円(税込)

吐くや下痢といった消化器症状を起こしている猫に向けてつくられた療法食です。可溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく入っており、消化しやすいように調節されています。

腸内環境を整えてくれるプレバイオティックファイバーが入っており、オメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸も配合しており、皮膚バリア保護や被毛の維持に働いてくれます。

ブラッシングをする

猫がよく毛玉を吐く場合は、毛玉を飲み込んで吐かせないようにブラッシングを行い、不要な被毛を取り除くことが大切です。特にラグドールやノルウェージャンフォレストキャットなど長毛種や毛の抜けかわりである換毛時期はこまめにブラッシングする必要があります。

まとめ

女性獣医師と猫

猫は元々吐きやすい動物でもあるため、生理的に日常生活で吐くことがあります。生理的に吐く要素としては毛玉を吐いたり、空腹による透明の胃液や黄色の胆汁を吐くことがあげられます。

毛玉吐きや空腹時により吐く場合は1回の食事量を少なくし頻回に与えるなど、食事の量や回数によって改善することができ、こまめにブラッシングをすることで余分な被毛を取り除き毛玉吐きを防ぐことができます。

ですが吐く原因には尿毒症や代謝性ケトアシドーシスなどの病気や中毒、異物誤飲、寄生虫感染やパルボウイルス感染症などたくさん考えられます。場合によっては緊急性が高く、早急に治療や処置をしなければ命を落とすこともあります。

そのため吐く症状が続いたり、元気・食欲がない、嘔吐物に血が混ざっていたり異臭や異物があるなどの場合はすぐに動物病院へ受診し、早めの治療を受けることが何よりも大切です。