猫が繰り返し嘔吐する原因と対策とは

【獣医師監修】猫が繰り返し嘔吐する原因と対策とは

猫はよく嘔吐をする動物と言われています。ひと月に数回たまに吐くなら問題ありませんが、猫が繰り返し嘔吐をする時には注意が必要です。猫が繰り返し嘔吐をする心配な原因を探り対策を考えてみたいと思います。

10497view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫が繰り返し嘔吐する原因

猫が吐く姿

猫が繰り返し嘔吐をする原因

  • 空腹のため
  • 満腹のため
  • 異物を誤飲したため
  • 毛玉を出すため
  • 病気のため
  • ストレスのため

猫が繰り返し嘔吐をする原因は様々にあります。その他嘔吐をする回数タイミング嘔吐物の形状伴ってあらわれる症状により【心配な嘔吐】と【問題のない嘔吐】に分かれていきます。

猫が繰り返し嘔吐をする回数

猫は嘔吐をよくする動物ですから、一度嘔吐をしてケロっと元気にしているならば問題はありません。ただし何度も連続して猫が繰り返し嘔吐をするようでしたらすぐに病院を受診します。

猫が繰り返し嘔吐をするタイミング

  • 食後すぐ
  • 同じものを食べた後
  • 食事とは関係がない

猫が食後に繰り返し嘔吐をする場合は食べたフードが未消化のまま出ている事が多くありますので食べ過ぎや早食いの可能性があります。食物アレルギーの可能性がある時には同じものを食べた後すぐに猫が嘔吐を繰り返します。気になる猫の症状が有る時にはアレルギー検査を病院で受けるのが良いでしょう。添加物の多いフードを食べると身体が受け付けずに何度も嘔吐を繰り返してしまう猫もいます。

食事との因果関係がなく、毛玉を吐いている様子その他にも猫が繰り返し嘔吐をするような原因が分からない場合は病気を疑ってみることが必要です。

嘔吐物の色や形状や臭い

猫が繰り返し白い泡を嘔吐する場合はお腹が空き過ぎている可能性があります。手術や検査等朝食を抜く時に嘔吐をする猫によくあらわれる症状で問題がありません。

食べたフードが繰り返し未消化で出てくる嘔吐も早食いや大食いが原因ですので心配のいらない嘔吐になります。猫が毛玉を嘔吐している場合はまゆのように固まって出たりしますので問題がありません。

茶色の液体を繰り返し猫が嘔吐する場合は注意が必要です。胆汁が混じっていると茶色く見えますので繰り返すなら注意が必要です。消化管(特に胃)から出血がある場合は、褐色や赤色、ピンク色のものが混じったり全体的に色づく場合がありますので、できるだけ早く受診したほうが良いです。腎不全があり尿毒症の場合はアンモニア臭がする吐物を繰り返し嘔吐する場合もありますので、注意が必要です。

嘔吐と共におこる症状

繰り返し嘔吐する以外に「下痢、便秘、発熱、体重減少、だるい、食欲不振、発作」など併発する場合は注意をしてください。その他にも気になる症状が伴ってあらわれる場合も病気を疑った方が良いでしょう。

猫が繰り返し嘔吐する時の対策

撫でられる猫

猫の嘔吐物をすぐに片付ける

猫は嘔吐した物を食べることがあります。出かけている場合は仕方がありませんが、衛生上もよくありませんので気が付いた時にすぐに回収してください。病院を受診する場合はこの猫の嘔吐物も大切な原因の究明材料になります。

口から物を入れるのを控える

猫が繰り返し嘔吐をした後は1〜2時間物を飲んだり食べたりしない方が良いそうです。飲み水や食べかけのフードは撤収しておき、猫の様子が落ち着いてから与えます。病院の先生によっても診断が分かれるところですので、かかりつけの獣医師に猫が嘔吐をした場合の対応策を伺っておくのも良いでしょう。

病院を受診する

獣医師の診察中の猫

猫が繰り返し嘔吐をする回数やタイミング、伴う症状をメモし、嘔吐している猫の姿を動画に撮影したり、嘔吐した吐瀉物や便を持って病院を受診しましょう。猫の繰り返し嘔吐をする様子を撮影することにより、猫の症状を正確に獣医師に説明する事ができます。

嘔吐をした日をカレンダーに記載する

普段から猫が嘔吐をした日や様子をカレンダーなどに記載をし、猫の日々のサイクルを飼い主が知っておく事も大切なことです。

猫が繰り返し嘔吐する時疑うべき病気

顔をゆがめる猫
  • 異物の誤飲
  • 内蔵疾患
  • 風邪や喘息
  • 寄生虫
  • ストレス

異物の誤飲

誤って異物を取り込んでしまい繰り返し猫が嘔吐した場合は大変に危険ですのですぐに病院を受診します。なお毛玉もちゃんと便や嘔吐で出せていないと「毛球症」という病気になり食欲不振や便秘を伴う事があります。猫が繰り返し嘔吐をし、食事や水を摂った後に繰り返し嘔吐する症状は異物誤飲にはよく見られる猫の様子です。

内蔵疾患

胃、腸、腎臓、肝臓、膵臓の病気に罹患し何度も猫が繰り返し嘔吐をする事があります。食道に問題がある場合は、嘔吐というより「吐出」という症状で繰り返し猫が嘔吐する様子も多くなります。嘔吐は吐く前に猫も準備ができるのですが、吐出の場合は突然に噴射をするように吐き吐瀉物が気管に入ってしまう事があります。そのほかの内臓器官に問題がある場合は嘔吐という症状が起こる場合があります。例えば、腎臓の場合は腎不全の末期には尿毒症という症状から嘔吐が起こりますし、肝疾患の場合も嘔吐が起こります。この場合は、老廃物の処理ができずに中毒症状が起こっていることから起こる嘔吐です。「吐く」という症状は一つですが、原因は様々です。 猫が繰り返し嘔吐し、下痢、元気や食欲がないなどの症状が出ている場合はすぐに病院を受診してくださいね。

猫風邪や喘息

猫の咳は何かを吐き出そうとするような咳で人の咳とは少し違います。咳をしすぎた後に嘔吐することもあります。猫が繰り返し、嘔吐をするような咳をしている場合には喘息の可能性もありますので生活環境の見直しも必要になります。

寄生虫

繰り返し猫が嘔吐した中に虫がいた場合は消化管内寄生虫が疑われます。すぐに病院で受診してください。

ストレス

神経質な猫に多い症状ですが、繰り返し嘔吐する場合は猫の環境で何か変わったことがないかを考えてみましょう。猫が何にストレスを感じているか解明できると猫にも良いでしょう。

まとめ

女性と猫

猫が繰り返し嘔吐する原因と対策とは、についてお話をさせていただきました。猫が嘔吐をする姿にビックリしオロオロして、その後元気に走り回る姿を見て安心した事が何度かあります。猫は体も小さいので異変が生死に関わる重大事になる事が少なくありません。普段から愛猫の様子を知り愛猫の身体の特徴を理解しておく事が、愛猫と飼い主の安心に繋がる第一歩のような気が致します。