猫がめんどくさい!と感じる8つの事

猫がめんどくさい!と感じる8つの事

猫はめんどくさがり屋なのでしょうか?いつも、めんどくさそうにしているのがよく見られます。猫がめんどくさいと思う時は、飼い主さんのタイミングが悪いと言うことなのかも知れませんね。では、猫が「めんどくさいにゃー!」と思うのはどんなことが多いのか見てみましょう。

2299view

猫が飼い主を面倒に感じる事

猫は気分のままに行動する事が多いのですが、飼い主さんに「めんどくさいにゃー」と思う事が多々あるようです。猫がめんどくさい!と感じる事と、それを匂わせる仕草を見ていきましょう。

1 名前を呼ばれること

電話と猫

猫が名前を呼ばれて嬉しいのは、お目当ての楽しい事がある時だけのようです。猫が飼い主さんに、何も求めていないのに名前を呼ばれても「なんか用?」とめんどくさそうにするのです。猫もさすがに、無視はできないので「はいはい」と尻尾だけで返事を返してきます。

2 「おいで」と言われた時

向かってくる猫

飼い主さんが「○○おいで!」と呼んだ時に、猫が振り向いたけど動かない時ってありますよね。あれは「めんどくさいにゃー」と思っているからでしょう。猫は「自分から行くのはめんどくさいにゃ」「飼い主さんが来てほしいにゃ」と内心思っているようです。猫は耳を後ろにふさいで、聞こえないふりをします。

3 トイレまでの道のり

トイレットペーパーと猫

猫はめんどくさい!と思うと、トイレを我慢してしまう傾向があります。起きた時に「トイレまで歩くのがめんどくさいにゃ」と感じたり「寒い場所を通る道のりが億劫にゃ」などと我慢してしまう事もあります。このように、猫がトイレに行きたいけどめんどくさいと感じると、極限まで我慢してしまい、病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

4 くつろいでいる時

撫でられている猫

猫がめんどくさいと感じる事は、一人でくつろいでいる時でしょう。そんな時に、飼い主さんにちょっかいをかけられてしまう事もあるのでしょう。猫が、おひとり様気分を味わっている時に限って、飼い主さんがスキンシップをとろうとする事がよくあるようです。「今はほっといてほしいにゃ」「後にしてもらえるかにゃ」とめんどくさそうな対応をされても仕方ありませんね。

5 遊びの気分じゃない時

嫌な顔の猫

猫の喜びそうな、クネクネした物や、ヒラヒラした物で、遊びのお誘いをしても反応がありません。いつもなら、こんな動きのする物を見ると遊んでくれるのですが、遊びの気分ではないようです。めんどくさそうに、チラッとだけ見て「興味ないにゃ」と寝てしまいました。猫がオフモードの時は、反応も鈍くなっているようです。

6 毛づくろい

毛づくろいする猫

日々の日課である毛づくろいを、めんどくさがる猫もいるようです。猫の綺麗好きレベルに高低はありますが、毛づくろいを癖のようにする猫が「めんどくさいにゃー」と感じてしまうのは、何か原因があるのでしょう。猫が高齢になったから、ストレスを感じているから、気力を無くしてしまったなどの原因が考えられます。猫がめんどくさいから毛づくろいをしないと言うのは、原因を追求する必要があるのかも知れません。

7 猫を被るのがめんどくさい!

暗がりの猫

知らない人の前では、猫を被ってしまう事も少なくありません。「大人しくてえらいね」と言われて猫もまんざらではなさそうです。猫が大人しくしているのは、緊張していたり、無理して我慢していたりするようです。しかし、猫の猫を被る時間もそう長くはないようです。「もう限界にゃ!」と感じたら猫も「離してにゃ」と暴れだしてしまいます。猫を被ると、人間の図々しくなるのがめんどくさい!と感じているようです。

8 飼い主を出迎えること

女の人と猫

飼い主さんが帰宅して、猫が「おかえり」と出迎えてくれます。しかし「今日は出迎えてくれないの?」と言う事ありますよね。猫は、飼い主さんが帰ってきたのを気づいてはいるようですが、動くのがめんどくさいのでしょう。猫は飼い主さんの帰宅を待ちに待っていますが、今の気持ちを優先させてしまうのでしょう。

まとめ

猫がめんどくさい!と感じる事について紹介しました。猫はめんどくさいと感じると、無理しないのが猫なのでしょう。猫はマイペースで、思うままに行動をします。眠い時は寝る、遊びたい時に遊ぶと言う風に自分の中のルールを守って生きているようです。だけど、ご飯がでてくれば…話は別なのかも知れませんね。

スポンサーリンク