猫の名前は何にする?名づける時の6つのポイント

猫の名前は何にする?名づける時の6つのポイント

猫を飼ったとき一番これから身近になるものが「猫の名前」ですよね。そんな猫の名前の付け方のポイントなどについてご紹介させていただきます。

2926view

猫の名前を決めるときのポイント

茶色の猫

猫を飼い始めたらまず初めに「名前何にしようかな」と悩みますよね。猫の名前をこれから決めようと考えているときには飼い主さんや猫ちゃんのためにも押さえておくべきポイントがいくつかあります。

1.呼びやすさ

猫の名前は必ず「呼びやすい名前」にしてあげましょう。

せっかく家族の一員になったのに名前が呼びにくいと家族も猫も親しみにくくなってしまいます。たくさん名前を呼んであげることができるようにするためには、発音がしやすく呼びやすさを重視した名前にしてあげましょう。

2.短めがおすすめ

猫の名前は「2〜3字程度」の短めな名前がおすすめです。

猫は犬のように人間の言葉を理解することはできませんが「音で覚える」ことはできます。短めでシンプルな名前であれば、猫が自分の名前だと認識しやすくなるでしょう。

3.多頭飼いの場合には似た名前は避けよう

2匹の猫

猫を多頭飼いしている場合って名前を似せてあげたいと思うこともありますよね。しかし、それぞれの猫の名前は「音を変えて似た名前は避ける」ことが前提です。

例えば「リリとミミ」や「ハナとナナ」「タロウとジロウ」などペアで可愛らしい雰囲気がありますが猫としては「どちらの名前を呼ばれているかわからない」といった状況に陥ってしまいます。

きちんと聞き分けができるように全く異なる発音の名前を付けてあげることがおすすめです。

4.柄や色などの見た目で決めるのも

名付けってどうやって決めるか悩んでしまいがちですよね。

そんなときには、飼い始めた猫の「柄や色」などで決めるのもおすすめです。例えば「シロ」「クロ」「ブチ」「シマ」などがあげられるでしょう。小柄な猫ちゃんは「チビ」などでも良いかもしれませんね。

5.関連付けるのもOK

多頭飼いをしている場合なのですが、名前を関連付けさせるのも良いでしょう。

例えば「松・竹・梅」や「陸・海・空」などセットで付けてあげるのもおすすめですよ。

6.性別が分かるようにするのもおすすめ

人は名前で性別が大体分かりますよね。

同じように猫もメスであれば「ミク」「ハナ」「キキ」などと女の子らしい名前にしたり、オスであれば「タロウ」「リュウ」「フウタ」などとたくましい名前にしてあげるのも良いでしょう。

猫の名付けで人気の名前

おもちゃで遊ぶ猫

猫の名前はどんなものにしようか悩んでしまいがちですが、人気のものも参考にしてみるのもおすすめですよ。

レオ

「レオ」という名前はオスの猫ちゃんに大変人気の名前です。
フランスやスペイン、ドイツの男性に多くいる名前なのですがたくましく男の子らしい名前ですよね。

モモ

女の子で可愛らしい名前にしたいときには「モモ」がおすすめ。柔らかい雰囲気で優しいおおらかな女の子に育ってくれそうですね。

ソラ

女の子でも男の子でも名付けできそうなのが「ソラ」です。

「ソラ」は「空(sky)」のイメージなので心が透き通って寛大な心を持ってくれそうなイメージがあります。猫の性格は気まぐれですが、そんな願いを込めて付けてあげるのも良いかもしれませんね。

モコ

「モコちゃん」と言えばフワフワとした長毛種のイメージが持てる名前ですね。

この名前は猫だけでなく犬にも人気の名前です。わたあめみたいな見た目の可愛らしい猫ちゃんにはぜひ付けてあげたいですね。

まとめ

#写真の説明#

猫の名前は家族にもそして猫にも馴染みが持ってもらえるようにシンプルで分かりやすい発音のものにしてあげることがおすすめです。

柄や色などの見た目で決めたり、飼い主さんの願いを込めて付けてあげるのも良さそうですね。猫が一生大切にすることができるような名前を考えてあげてみてくださいね。

スポンサーリンク