アメリカンショートヘアの値段と生涯でかかる費用について

アメリカンショートヘアの値段と生涯でかかる費用について

初心者でも飼いやすく、体も丈夫な子が多いことから安定した人気のある「アメリカンショートヘア」。毛色の種類がとても多いので、どの子が良いか迷ってしまいますね。果たして、アメリカンショートヘアを飼うにはどの位のお金がかかるのでしょうか?アメリカンショートヘアの購入時の値段や用意するグッズの値段、また生涯で必要な医療費の値段など諸費用をまとめてお伝えしていきます!

2520view

アメリカンショートヘアを飼うために必要な値段

寄り添っているアメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアを飼う時は、まず生体の代金と迎える時に準備する必要な物の費用、購入後にかかる費用とあります。その子によっても生体の値段は違いますし、必要な物もそのクオリティにより値段が違います。購入後も病気などをする事により、かかる費用が異なってきますので、ここでは一般的にかかる費用をお伝えしていきます。

アメリカンショートヘアを購入する値段

電卓とお金

アメリカンショートヘアの子猫の値段
約5万円〜30万円

アメリカンショートヘアを購入する時は、どの位お金がかかるのでしょう?それは、購入する場所によって違います。

血統の良い子が揃う「ブリーダー・キャッテリー」

アメリカンショートヘアは人気のある猫種だけあって、繁殖を行っているブリーダー・キャッテリーは多いです。子猫の値段は8万円〜30万円程度です。毛色によっての価格差はあまりありませんが、月齢が低ければ低いほど高額となります。

ブリーダーやキャッテリーからアメリカンショートヘアを迎えるメリットは、血統が分かっている事や親猫を見てある程度の性格や体格などが分かる事、感染症などの対策がきちんとされている事などです。子猫を見学に行く時は、ペットショップのように突然行くのではなく、あらかじめ予約を取ってから訪問するのが基本です。

実際の繁殖現場を見る事で子猫がどういう環境で育っているのかをチェックし、ブリーダーと直接話をする事で信頼出来る人なのかを確認する事が出来ます。逆に言えば見学を断るようなブリーダーからは購入しない方が良いでしょう。

利便性の高い「ペットショップ」

ペットショップでのアメリカンショートヘアの値段は、5万円〜30万円程度です。ローンで購入する事が出来るショップもありますので、あまり予算がなくても迎える事が出来るのが良いですね。ただ、ペットショップによってはオークションで野菜のように子猫を仕入れているお店もあります。

繁殖元がはっきりと分かるショップから購入した方が良いでしょう。欧米では日本のペットショップのように子猫を展示販売する事は禁止されていますが、日本では子猫を購入するのにメジャーな方法となっています。なるべく身元の分かる、健康な子を選びたいものです。

生体代がかからない「里親」

人気な猫種だけあって、里親募集の件数も多いです。里親募集は成猫の場合が多いですが、子猫の募集も結構ありますよ☆里親の場合はなんと言っても生体代がかからない所が大きな利点です。

それに、飼い主のいない猫の命を救う事にもなります。譲渡費用として、ワクチン代や去勢・避妊手術代などがかかる事がありますが、それでも2〜3万円以内で収まる事がほとんどです。

里親募集サイトでも、地域の動物保護センターなどが開催している譲渡会などでも里親募集情報を得る事が出来ます。アメリカンショートヘアという特定の猫種を探すのであれば、里親募集サイトの方が探しやすいかもしれません。良いご縁がある事をお祈りしています!

アメリカンショートヘアを飼うために用意するグッズの値段

アメリカンショートヘアを迎える前に、準備しておく物がいくつかあります。それぞれの値段を見ていきましょう!

これがなきゃ始まらない「トイレ・猫砂」

猫トイレ・猫砂・ペットシーツ

トイレは、子猫の内は100円ショップでも売っているような食器の洗い桶でも大丈夫です。もちろん、猫専用トイレを買うのもグッドです!猫トイレは商品にもよりますが、千円〜2千円程度で購入出来ます。

システムトイレ(2段になっており、上のトレイに猫砂、下のトレイにペットシーツを引いて使います。)の場合にはペットシーツも用意する必要があります。トイレ専用のものとそうではないものがありますが、サイズさえあれば絶対に専用のシーツでなければいけない、という訳でもありません。ペットシーツは専用のものは100枚2千円程度ですが、ネット通販では800枚で3千円程度のものも多数販売されています。

また、トイレに欠かせない猫砂は購入しておきましょう。猫砂には様々な種類があり、どの猫砂が良いか決まらずさまよう「猫ジプシー」になりがちです。最初の頃は数種類購入して愛猫がどれを気に入るか、飼い主にとってどれが利便性が高いのかなどを試してみて決めると良いでしょう。猫砂は商品により値段が異なりますが、1袋千円以下、数百円で購入出来るものがほとんどです。

清潔にしてね!「食器」

食器と電動水飲み機

猫用食器は不要になったお皿や小鉢でも大丈夫です。もちろん、猫専用のステンレスや陶器製のものも販売されています。値段は数百円〜千円程度のものが多いでですが、凝っているものは2〜3千円するものもあります。

いずれにしても食べている時に動かないように、ある程度重量があるものの方が良いでしょう。プラスチック製は傷がつきやすく雑菌が繁殖する事がありますので、避けた方が無難です。食器はマメに洗うようにしましょう。清潔にしていないと、顎が黒くなる猫ニキビの原因となる事があるので注意です。

また、水用の食器も必要です。ご飯と同じ形の食器で問題ありません。水入れは家の数カ所に用意してあげると良いでしょう。ホコリなどが入りやすいので、マメに水は入れ替えてあげましょう。特に夏場は水が悪くなるのが早いですので、気をつけましょう。電動の水飲み機もあります。常に水が循環しているので、清潔に保つ事が出来ますよ!

あると安心!「キャリーバック」

布製キャリーバック

病院などで外出する場合や、災害時などに愛猫を安全に運ぶのにも必要です。値段は3〜5千円のものが多く、普段使いでは布製で良いでしょう。飛行機に乗せる場合は、ハードキャリーと言ってつぶれないようにプラスチック製で作られているものが必要です。ハードキャリーの値段は3千円〜1万円程度です。

猫を飛行機に乗せる場合には、細かい規定がありますので、搭乗前に必ず確認しましょう。また海外に移動する時には検疫などの手続きに時間がかかります。搭乗の半年前には準備を始めましょう。

ガリガリするには必需品「爪とぎ」

爪とぎ

猫は爪を研ぐのが仕事と言っても良いでしょう(笑)。子猫でも爪とぎは必要です。段ボール製や麻縄製、絨毯製など色々な種類があります。また、横置き・縦置きと置き方にも愛猫の好みがあります。

大抵の猫は段ボール製で満足してくれるはずですが、愛猫の好みを見極めるようにしましょう。爪とぎの値段は、段ボール製で3百円程度、凝った作りのものは2〜3千円する事も。麻縄製や絨毯製でポールになっているものは少し高めで、2〜4千円位です。板状のものは5百円程度で購入出来ます。

必須ではないけど・・・「ゲージ」

ゲージは絶対になければいけない、というものではありませんが、家に迎えたばかりで猫が落ち着かない様子の場合や多頭飼いの場合、お留守番の際などにあっても良いかもしれません。我が家は1匹目を迎えた時にはゲージを用意し、家に来てから数日間は入れていましたが、猫が慣れてきたら「出せ、出せ〜!」とうるさかったのですぐにお役御免となりました。状況に合わせて用意しましょう。ゲージは素材や大きさによって値段が異なり、2千円〜2万円程度で購入出来ます。

尖った爪にサヨナラ!「爪切り」

爪切りとアメリカンショートヘアの足

爪切りは、愛猫を思わぬ事故から守るため、飼い主を愛猫の引っ掻きから守るために必要となります。爪切りをしないと猫の爪は針のように先端が尖ります。その爪がカーテンやカーペットに引っかかり、愛猫がケガをする事があります。
また、飼い主と遊んでいる時に誤って爪が当たってしまったり、足に登られた時などはとても痛いです。尖ってきたら切るようにしましょう。

猫の爪研ぎにはハサミタイプとギロチンタイプがあり、子猫にはハサミタイプ、成猫にはギロチンタイプが向いていると言われています。値段は5百円〜2千円程度ですが、中には高い技術で作られているものもあり、1万円程度する爪切りも販売されています。

ほかほかが好きなの・・・「ベッド」

アメリカンショートヘアのベッド

猫用ベッドは必須アイテムではありませんが、冬など寒い時にはベッドに入り暖を取る事があります。状況に合わせて用意してあげましょう。値段は商品により違いますが、大体2〜3千円程度のものが多いです。ですが、せっかく用意しても使ってくれない事もあります。愛猫が好みそうな素材や形のものを購入するようにしましょう。

運動不足解消!「キャットタワー」

アメリカンショートヘアのキャットタワー

猫は上下運動をするのが好きな子が多いです。運動不足の解消の為にも、キャットタワーを用意してあげると良いでしょう。子猫のうちはそれほど高さはいりませんが、成猫になったらある程度高さがあるものの方が運動量が確保できます。素材や形状など様々なものがあります。

値段も3千円程度のものから2〜3万円するものもあります。置くタイプと突っ張りタイプがありますが、突っ張りタイプの方が高さがあります。高い所好きな子には、向いているでしょう。

コレ無しじゃ生きていけない!?「おもちゃ代」

アメリカンショートヘアのおもちゃ

猫用おもちゃも、それはそれは多くの種類が販売されています。ですが、アルミホイルや紙を丸めたボールでも遊んでくれますし、100円ショップでも購入する事が出来ます。値段は100円程度から電動のものになると3千円位、と言った所でしょうか。

愛猫のストレス解消やコミュニケーションに一緒に遊ぶと良いのですが、時間が取れない時は電動おもちゃが便利です。ただ、ある程度遊ぶと飽きて遊んでくれなくなる所が難点ですが・・・。なるべく時間を取って、愛猫とのじゃれ合いを楽しみたいですね♪

愛猫をキレイに保つ「シャンプー代」

シャンプーは必須ではありませんが、子猫の内から慣れさせておくと大きくなってからも楽に入れられる傾向があります。もちろん個体差があり、嫌いな子はいつまで経っても慣れない子もいます。愛猫の性格をみて、無理に入れないようにしましょう。シャンプーは出来れば猫用のものを使いましょう。値段も5百円程度のものから、2〜5千円程度のものまで様々です。

水を使わないドライシャンプーも値段は4百円〜3千円程度で販売されていますので、シャンプー嫌いな子をどうしてもシャンプーしなければいけない場合、使うと良いでしょう。また、拭き取るだけのウェトティッシュも数百円程度で販売されています。手軽にキレイに出来ますので、こちらも使用してみると良いでしょう。

トリミングサロンなどでシャンプーして貰う時は、値段は5千円程度が相場のようです。ただ、猫のシャンプーをお願いするトリミングサロンは慎重に選びましょう。犬をメインにしているサロンの中には、猫の扱いに慣れておらず、事故に繋がる可能性がある所もあります。出来れば数は少ないものの、猫専用のトリミングサロンにした方が安心です。

アメリカンショートヘアを飼うと必要な医療費などの値段

アメリカンショートヘアの子猫

アメリカンショートヘアを迎えた後にかかる費用はどの位でしょうか?

良質なものを与えたい「キャットフード代」

毎日かかる費用として、キャットフード代があります。キャットフードは愛猫に合ったものを与えるようにしましょう。商品により異なりますが、あまりに安いものは粗悪な材料が使われている事があります。

愛猫の体に良い素材を使っている良質なフードを与えるようにしましょう。値段は商品によって様々ですが、大体1袋2〜3千円のものが多いです。缶詰になると1缶百円〜5百円程度、パウチタイプですと1袋百円〜2百円程度です。

高額になりがちな「医療費」

愛猫がケガを負ったりや病気にかかったりした場合、医療費がかかります。猫には人間に適応される健康保険はありませんので、全て自費となります。1回の診察で2〜3千円はかかります。検査をすると更にかかります。手術となると数十万円かかるでしょう。

ペット保険会社が発表している猫の年間の平均医療費は、2万円〜14万円程度となっています。年齢が上がるにつれて、医療費も高額になるのが一般的です。
また、去勢手術代は動物病院により異なりますが、大体の相場として1〜2万円、避妊手術代は1万5千円〜3万円程度です。地域により補助が出る所もありますので、手術前に確認してみましょう。

いざという時に頼りになる「ペット保険代」

医療費は高額となりがちなのですが、そんな時に助けとなるのが「ペット保険」です。損害保険会社や短期少額保険会社がペット保険を行っています。年齢や補償の割合により金額が違いますが、月々千円〜3千円程度で加入出来ます。年齢と共に保険料は上がりますので、将来の保険料負担も視野に入れ、どこの保険が良いかを選ぶと良いでしょう。

感染症を防ぐ「ワクチン代」

ワクチンは毎年1回、受ける事をオススメします。たとえ完全室内飼いでも、飼い主が外出をする事でウイルスを室内に持ち込んでしまう可能性があるからです。

ワクチン代も動物病院により異なりますが、一般的な3種混合ワクチンで値段は3千円〜6千円程度です。愛猫を恐ろしい感染症から守るためにも、ワクチンは受けるようにしましょう。ただ、副反応があるので、獣医師の説明はしっかりと受けるようにしてくださいね。

アメリカンショートヘアが生涯にかかる値段

たくさんの100万円の束

用意する物や医療費など、その子によって本当に様々ですし、飼い主さんの好みのよっても大きく変わる所がありますので、一概に生涯にかかる値段はいくら、とは言えないのですが・・・。

目安として、アメリカンショートヘアの一生にかかる金額(平均寿命を12〜13年とした場合)としては、「130万円程度」と言われています。年間10万円程度の計算です。あくまでも目安としてくださいね。

まとめ

アメリカンショートヘアの値段や生涯で掛かる費用をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?1年間10万円程度で可愛くて癒される家族を養えるとしたら、あなたは高いと思いますか?それとも安いと思いますか?ある愛猫家の方は、「かかるお金以上のものを与えて貰っている」とおっしゃっていました。

筆者も猫を飼っていて、正直病気をした時には「お金が掛かるな〜」と思う事もあります。ですが、もし愛猫がいない事を考えると、こんなにも楽しくて、癒される生活は送れていないと思います。「お金以上のものを与えて貰っている」この言葉は真実だなぁ〜と、今日も無防備な姿で寝ている愛猫を見て、つくづく思います。

▼アメリカンショートヘアについて詳しく知りたい方はこちら

アメリカンショートヘア大辞典!知っておきたい基礎知識

女性 ケロキ

ブリーダーやキャッテリーを訪れたことはありませんが、ペットショップには必ずと言っていいほどアメリカンショートヘアの子猫はいますね。いくつかのペットショップを見ると同じ品種の子猫でも値段はバラバラなので、購入を検討しているならペットショップやブリーダー、キャッテリーを訪れて比べたほうが良いのかなと思いました。
猫の購入だけではなく、その他にかかる費用は大きいですね。我が家の猫は保護したので慌てて色々とグッズを買いました。ケガをしていたのでその手術代とグッズ代でかなりお金を使いました。それでも猫と一緒に生活できるのはとても幸せですね。
ケージについてはいろいろな意見がありますが、私はあった方が良いと思いました。猫の安全のために一時的に入れておくことができるからです。

30代 男性 松

猫をお迎えする際の費用については、アメリカンショートヘアに限らず必要になりますし、生体を購入する費用以外は、ほぼ共通するものだと思います。私は、野良猫を保護したので生体を購入する費用は掛かりませんでしたが、記事にあったような必要最低限の猫グッズを準備する為に向かったお店で、約6万円程要したと記憶しています。そして、購入したからといって猫が気に入ってくれるかどうかはまた別問題で、結局買い替えや追加購入で、しばらくホームセンターに通う日々が続きました。

また、医療費に関してもワクチン接種はもちろん、子猫時代はお腹を壊したり、体重が増えなかったりと動物病院へ通う事も多かったので、一ヶ月に5000円~8000円必要だったように思います。また、不妊手術に関しても事前検査や、術後の通院等も含めて8万円程。決して安いものではありませんが、愛する我が子の為に必要なお金です。ケチケチする訳にもいかないですし、この子の為に働かねば!と何度思った事か(笑)

お迎えして数年、医療費といえば体調不良等での通院を除けば、ワクチン代や健康診断くらいのものですが、食へのこだわり(我が儘…?)が強く、数種類のプレミアムフードをローテーションしなければいけないので、月々の食費も1万円を下らないかと思います。

お金の話ばかりになりましたが、猫との暮らしはお金には代えられない、たくさんの笑顔と幸せを与えてくれます。決して安い金額ではないのですが、それさえもこの子の幸せを守る為なら安いものだ!そう思わせてくれる程の魅力を持つ生き物こそが「猫」なのだと思います。

20代 女性 UMI

昔から猫といえばアメリカンショートヘアをイメージするくらい、私の中ではとてもメジャーな猫です。やはりペットショップに行っても良く見かける猫だからそういったイメージがついたんでしょうね。
アメリカンショートヘアは元々ペットとして飼われだした訳ではなく、穀物を荒らすネズミ退治の為に飼われていてペットとしては気が強すぎてあまり向いていなかったのですが、ハンターとしては大変優秀で多くの農場がアメリカンショートヘアを求め結果全世界に広がっていったんですね。その後、多種との交配により愛玩猫として発達し今現在のアメリカンショートヘアになったそうです。日本での人気も年々高まり今では、単猫種愛好家クラブとしてアメリカンショートヘアクラブジャパンがCFAに認可されるまでになっています。
人気のキーワード