スコティッシュフォールドの子猫をお迎えする方法や飼い方

スコティッシュフォールドの子猫をお迎えする方法や飼い方

チャームポイントは折れ耳が特徴、スコティッシュフォールドの子猫は、魅力がいっぱいです。白や黒、タビーなど被毛によっても性格や雰囲気が違ってくる、スコティッシュフォールドの子猫についてお伝えいたします!

1460view

スコティッシュフォールドの子猫をお迎えする方法

寝転がるスコの子猫

ブリーダー

スコティッシュフォールドの優秀なブリーダーは各地に住んでいます。ブリーダーによってルールが違いますので、事前にインターネットで調べ電話やメールでご相談する事をおすすめします。

猫舎へ対面に行く場合は、家族に迎えたいお目当てのスコティッシュフォールドの子猫以外と会う事はできないでしょう。ブリーダーからスコティッシュフォールドの子猫を迎えるに当たり、評判の良いブリーダーであっても飼い主との相性が悪ければ見送る方が良いでしょう。ブリーダーと飼い主の人間関係はスコティッシュフォールドの子猫を育てる上で後々影響してきます。

里親

人気のあるスコティッシュフォールドですから里親で子猫と出会うチャンスはあるでしょう。あるいはスコティッシュフォールドの子猫を探していると里親を探している団体へ事前にお伝えしておくのも良い方法でしょう。

しかし家族に迎えたいと、飼い主側が思っていても、スコティッシュフォールドの子猫が、里親を探しているタイミングと合うのは難しいと考えた方が良いでしょう。

ペットショップ

スコティッシュフォールドの子猫がペットショップで販売されている事は多いでしょう。ペットショップのホームページを事前に調べてお目当てのスコティッシュフォールドの子猫に会いに行ってくださいね。

スコティッシュフォールドの子猫の飼い方

ピアノに座るスコの子猫

環境

オスとメスで性格の違いはありますがスコティッシュフォールドの子猫は飼いやすい猫の種類と言えます。性格は穏やかで鳴き声も小さく運動量も適度ですから、共同住宅であるマンションやアパートでも安心してスコティッシュフォールドと一緒に住む事ができます。

スコティッシュフォールドのためにキャットタワーを購入したり、棚を上手に配置したりして適度に運動する場所を作ってあげてください。スコティッシュフォールドの子猫時代は避けたい所ですが、大人になってくれば留守番も嫌いではないようですから、スコティッシュフォールドは一人暮らしの飼い主との相性も良い猫の種類です。スコティッシュフォールドは交配をする猫の種類が賢いですのでトイレ等のしつけも楽にできできる子猫です。

お手入れの方法

スコティッシュフォールドを家族に迎えると絶対に行った方が良い飼い主の仕事としてブラッシングがあります。スコティッシュフォールドは長毛と短毛といます。長毛のスコティッシュフォールドの子猫を迎える場合は、特に一日一度ブラッシングをしてあげましょう。

ブラッシングは飼い猫と飼い主のスキンシップの一つでもあります。子猫の時から慣れさせれば大人になっても楽にブラッシングできます。

スコティッシュフォールドの子猫に与える餌

スコティッシュフォールドの子猫を迎えたブリーダー、ペットショップでおすすめされた餌を与えるのが良いでしょう。もちろんプレミアムフードは様々にありますので飼い主と子猫にとって最適な餌を選んでくださいね。

怖がりさん

元々猫は大きな音が苦手です。スコティッシュフォールドの子猫は特に怖がりで掃除機の音やドアの開閉音、テレビやステレオの音量には注意をしてあげましょう。スコティッシュフォールドは大変に順応性がありますので、子猫から大人になるにつれて飼い主の生活スタイルに沿ってくれるでしょう。

スコティッシュフォールドの子猫を飼う時の注意点

スコの子猫2匹

軟骨の形成異常

スコティッシュフォールドの可愛らしさの特徴である「折れ耳」は、実は軟骨の形成異常から起きています。そのためにスコティッシュフォールドの立ち耳の子猫を家族に迎える飼い主も多くいます。折れ耳の子猫、立ち耳の子猫どちらも優劣を付けることはできないくらいに愛らしいスコティッシュフォールドの子猫です。

去勢、避妊の必要性

感染症などの予防、様々な病気の予防になりますので、スコティッシュフォールドの子猫を家族に迎えた時は、最適な時期に、去勢もしくは避妊手術を行ってください。

特にスコティッシュフォールドの折れ耳の子猫や大人の猫を多頭飼いしている場合は、スコティッシュフォールドの折れ耳同士の交配は禁じられていますので手術をしましょう。健康に注意しなければならないスコティッシュフォールドのブリードはプロに任せる事が大切です。

完全室内飼い

軟骨異常がありますので感染症や交通事故などのリスクを避けるためにも、スコティッシュフォールドは完全室内飼いをしてくださいね。室内で十分に生活を楽しめるスコティッシュフォールドの子猫です。

定期検診

スコティッシュフォールドの子猫は遺伝的にも体は弱いようです。半年や一年に一度の定期的検診やワクチン接種を行い大切に育てましょう。普段の歩き方などからスコティッシュフォールドの関節異常も発見する事ができます。違和感があればすぐに病院へ子猫を連れて行きましょう。

まとめ

窓際に座るスコの子猫

スコティッシュフォールドの子猫を飼う時の方法や飼い方についてご紹介いたしました。スコティッシュフォールドの特徴である折れ耳は特徴でもありますが軟骨の異常ではあるので、スコティッシュフォールドはより健康に留意しなければならない猫種という事でした。

スコティッシュフォールドに限らず、どの種類の子猫も愛らしさに差はありません。皆様の心に響く子猫を家族に迎えてくださいね。

人気のキーワード