賃貸で猫用ドアを設置する方法

賃貸で猫用ドアを設置する方法

「うちは賃貸物件だから猫用ドアは設置できないだろう」と諦めている飼い主さんはいらっしゃいませんか。この記事ではそんな飼い主さんのために、賃貸物件でも設置できる猫用ドアについて詳しく解説していきます。賃貸でも取り付け可能な猫用ドアの種類や設置方法について紹介していくので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

1118view

猫用ドアを賃貸で設置する方法

白の扉と猫

猫用ドアというと「持ち家にしかつけられない」「ドアや窓ガラスに穴を開けないといけない」といった賃貸では無理といったイメージを持っている方もいるでしょう。

しかし、実は猫用ドアのタイプによっては賃貸の家に設置することも可能ということをご存じでしょうか。今回は賃貸の家で猫を飼っている人のために、猫用ドアの紹介をしていきます。

賃貸向けの猫用ドアにはどのようなタイプがあるのか、まずは以下の項目で詳しく見ていきましょう。

網戸に設置する

賃貸のお家でも手軽につけられるタイプとして有名なのが、網戸に設置する猫用ドアです。

賃貸物件の網戸に猫用ドアを設置することによって、家と外を自由に行き来することができます。

具体的な設置方法としては、猫用ドアのサイズに合わせて網戸に穴を開け、ネジで猫用ドアを固定するだけです。網戸に穴を開けるだけで設置ができるため、賃貸でも問題なく設置できます。

引き戸のサッシを利用して設置する

部屋と部屋の行き来を自由にできるようにしたいと考えている場合、賃貸住宅の引き戸のサッシを利用して室内に猫用ドアを付けることができます。

このタイプの場合、横幅数十センチの細長い板に猫用ドアが付いており、それをサッシにはめ込むことによって使用することが可能です。

賃貸住宅がサッシ付きのドア(つまり引き戸タイプのドア)で、尚且つその引き戸が取り外しできる賃貸であれば、このようなタイプの猫用ドアの利用もできます。

賃貸の中でかなり条件が限られてはいますが、もし賃貸でこの条件に当てはまるのであれば、活用してみてはいかがでしょうか。

ドアを丸ごと交換する

賃貸によっては、大家さんとの交渉次第でドアの交換ができる物件も少なからず存在します。

また、最近ではDIY可の賃貸物件も増えてきているため、そのような賃貸に住んでいるのであれば猫用ドアの付いている扉に変えてしまうというのもひとつの方法です。

この方法であれば、元々のドアに穴を開けなくて済みますし、猫用ドアが不要になった場合は、元のドアに戻すことも簡単にできます。

猫用ドアを賃貸で設置するメリット

ドア

猫用ドアを賃貸の物件に設置するメリットは2つほどあります。

具体的にどのようなメリットがあるのか詳しく解説していきます。

冷暖房の効き目アップ

猫用ドアを設置していない賃貸物件の場合、猫が自由に行き来できるようにするためには、ドアや窓を開けっ放しにしておかないといけません。

そのため、真夏や真冬といった冷暖房が欠かせない季節は開けっ放しにしているせいで、部屋の温度がなかなか快適にならないといったデメリットが出てきます。

しかし、猫用ドアを設置すれば、ドアや窓を閉めておくことができるため、快適な室温を保てます。ただし、網戸に猫用ドアを設置する場合は、どうしても外気が入ってきてしまうため注意が必要です。

猫の留守番に役立つ

猫を室内で留守番させる場合、冷暖房をしっかりと効かせておきたい等といった理由から、室内のドアを閉めて出かける人もいるでしょう。

そんな時に室内に設置する猫用ドアは大いに役立ちます。

賃貸の室内に猫用ドアがついていれば、猫の気分で自由に部屋を行き来できるため、ストレスが溜まりにくいのです。

猫用ドアを賃貸で設置する時のおすすめ商品

猫用ドアを賃貸に設置したいけど、どのような物をそろえればよいか分からないという人は、ぜひ以下の商品を参考にしてみてください。

猫用ドアや猫用ドアを設置する際に必要となる道具をピックアップしたので、目を通して頂けると幸いです。

猫ちゃんサイズの室内ふすま用

CF 猫ちゃんサイズの室内ふすま用フリードア
27,972円(税込)

商品情報
工事不要で賃貸にも可

こちらは賃貸物件でも使用できる、室内のサッシにはめるタイプの猫用ドアです。

猫用ドアの上にはおしゃれな小窓もついているため、見栄えの良さを気にしている人でも使いやすいデザインになっています。

PETLESO 猫ドア

PETLESO 猫ドア
2,998円(税込)

商品情報
鼻先で軽く押すだけで開閉可能

こちらの商品は、賃貸物件でも使用できる、網戸に取り付けるタイプの猫用ドアです。

猫が外に出て行ってほしくない時のための「スライドロック」も付いています。

WORKPRO 12in1差替ドライバーセット

WORKPRO 12in1差替ドライバーセット
1,980円(税込)

商品情報
ソケットの脱着はボタンを押すだけ

猫用ドアを設置する場合、ドライバーが必要になるケースがほとんどです。

賃貸でも持ち家でもその点は変わらないため、猫用ドアを設置する予定があり、ドライバーを持っていない場合はこちらの商品のようなドライバーを用意しておきましょう。

まとめ

猫とドア

賃貸の家でも、猫用ドアのタイプによっては設置が可能だということを知って頂けたでしょうか。

賃貸物件でも猫用ドアを設置することにより、猫の行動範囲が広がってストレスが溜まりにくくなりため、ぜひこれ機に賃貸だからと諦めずに、猫用ドアの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

女性 匿名

我が家はキャットドアを付けていません。
猫が安全に往き来することが可能なほど整理出来ていませんから。

ましてや外には絶対に出しません。
交通量が多いためか小動物の遺体をよく見かけるのと、我が家の庭を含めて猫が食べると生命の危機に陥る可能性がある草花がたくさん自生しているので、猫を外に出すのは虐待だと思っています。

女性 匿名

猫用ドアの設置を検討する前に、私の住んでいる地域には猫と同居出来る賃貸住宅はありません。
大家さんに無断で猫を飼っていて強制退去させられた話しを聞いたことがありましたが、天井、壁、床、ドア、柱等の内装の傷みが酷く原状回復するために約100万円位掛かったとのこと。
こんな方がいると、ますます大家さん達の意識は猫NGになってしまいそうです。
人気のキーワード