猫が舌を出す5つの理由と注意したい病気

猫が舌を出す5つの理由と注意したい病気

猫が舌を出す様子は飼い主にとって愛しくてたまらないですよね。猫にとって重要な仕事を担っている舌を出す行為には様々な理由があります。猫が問題が無く舌を出す場合と、身体が不調で舌を出す場合との違いを見分けていきたいと思います。

9094view

猫が舌を出す理由

舌を出す茶トラ猫

それでは、猫が舌を出す5つの理由をご紹介してきます。

1.舌を出す猫はリラックス中!

舌を出している困り顔の茶白猫

大切な役目を持っている舌を出す、もしくは出しっぱなしにするという猫の行為は、リラックスをしていないとできません。飼い主を信頼し、緊張感をほとんど持たない猫は、舌を出す仕草をよくします。

猫は常に警戒しながら生活をしていますが、小さな頃から完全室内飼いで生活をしてきた猫は、危険に遭遇することがほとんどなく、舌を出すことも多いようです。猫は本当に人間とともに生きることに向いているのですね。皆様の愛猫は舌を出す仕草をしてくれますか?

2.舌を出していることを忘れてる

ミルクを飲んでいる途中に舌を出す猫

猫は日々の仕事の一つである、グルーミングをするために舌を出すのですが、長い時間舌を出すと疲れてしまうので、ちょっと休むことがあります。

その休んでいるときに、舌を出しているそのものを忘れてしまう猫もいるようです。短毛種より長毛種の猫の方が、グルーミングにかかる時間が多いので、この傾向が強いようです。

「食事中」「あくび中」「口を開けている最中」「グルーミング中」に、飼い主が呼びかけると舌をしまい忘れてしまうようです。ちょんちょんと触ってあげるとすぐに舌をしまいます。舌を出すことを忘れてしまう猫たち、本当にかわいいですね。

3.舌を出すことの多い猫種も!

舌を出すペルシャ猫

顔立ちに特徴のある、「ヒマラヤン」「ペルシャ」「チンチラ」「エキゾチックショートヘア」など、下あごの小さい猫の種類は、舌を出すことが多いようです。猫の舌は重要な役割があるので、長めになっていますが、上記の猫種たちは下あごが他の猫種に比較して小さいために、舌を口の中にしまいづらいことがあるようです。

4.歯が抜けて舌を出すことが多くなる猫も!

横になって舌を出す猫

高齢によって、もしくは歯周病などの影響から、歯が抜けてしまった猫も、舌を出すことが多いようです。ふだんから歯磨きの習慣をつけて歯周病の予防はしてあげたいですね。

5.ずっと舌を出す猫は病気の疑い!

暑くてつらそうな舌を出す猫

猫は、基本的に暑いからと言って口を開けて舌を出すハアハアとした呼吸をしません。

舌を出すだけではなく呼吸が荒く、苦しそうな様子や、食欲不振で元気がない、吐くなどの症状が出る場合には、病気の可能性もあります。口臭がしたり、よだれを出したり、口の中の色に変化がある場合も注意が必要です。すぐに病院を受診してください。

猫が舌を出す病気

舌を出すロシアンブルー

口腔内の病気

猫は免疫力が下がっていると、口内炎に罹患しやすくなり舌を出します。

そして、歯肉炎から進んだ歯周炎などもかかってしまうと、口の中に違和感があり、口を閉じることが難しくなったり、よだれを出したり、舌を出すことが多くなってきます。そして食欲も不振になりますので、特に高齢の猫が舌を出すなどの症状が出た場合は、注意をしてください。

口腔内に異物や腫瘍などの病気

猫の口腔内に異物が入っていれば、口を閉じられなく舌を出すことになります。同じく、腫瘍が猫の口腔内にあり、大きくなってくると、口の開閉も困難になり、猫が舌を出すことが多くなります。

呼吸器系の病気

心臓や肺など、猫が呼吸器系の病気に罹患すると、鼻だけの呼吸では苦しくなり、舌を出すなどハアハアと開口呼吸をすることがあります。

猫の症状に数日気が付かないと、命に関わってきますので、日頃から愛猫の様子には注意をしてあげてくださいね。そして舌を出す猫が、苦しそうであったり、吐いたりした場合は早急に病院を受診してください。

熱中症の一つの症状

熱中症でも猫が舌を出すことがあります。現在の猫とともにいる場所を涼しくしたり、冷たい水で濡らしたタオルを猫の首筋や脇の下にそっと当てたりします。しかし猫の身体が冷えてしまいますので、当て過ぎには注意してください。

まとめ

舌を出して目を細める猫

猫が舌を出す5つの理由と注意したい病気についてお話をさせていただきました。

猫が舌を出すと可愛らしいのですが、私は今までに一度しか見かけたことはありません。
しかし、猫が気持ちよく舌を出すときは良いですが、病気の可能性がある場合は怖いですよね。
猫の仕草や動作には日々ビックリすることが多くあります。

猫と一緒に暮らすようになってからの方が、幸せを実感しています。
猫の日々の様子を確認し、少しでも異常があれば、病院を受診できるようにしたいですね!

人気のキーワード