猫のフードボウルの選び方とおすすめ3選!

猫のフードボウルの選び方とおすすめ3選!

猫が餌をきちんと食べるようにするためにはフードボウルが決め手ですよね。猫のフードボウルはおしゃれで便利なものも近年たくさんあります。そこで今回は「猫のフードボウルの選び方とおすすめ3選!」についてご紹介させていただきます。

1106view

猫のフードボウルの選び方

餌を食べる子猫

猫のフードボウルの選び方はどのようにすれば良いのでしょうか。猫のフードボウルにも様々な種類があるのでどのように選ぼうか悩んでしまいますよね。そこでここでは、猫のフードボウルの選び方についてご紹介させていただきます。

高さで選ぶ

猫のフードボウルは「高さで選ぶ」と良いでしょう。猫はフードボウルの位置が低いと

  • 吐き戻しの原因となる
  • 食べづらい

これらのようなデメリットがあります。ですので、猫のフードボウルは「顔あたりの高さ」になるようなフードボウルを選ぶと良いでしょう。

また、猫の年齢や大きさによって高さを調節してあげると良いでしょう。老猫の場合には、台などを使って首を下げて食べなくて良いようにしてあげると餌が食べやすくなります。

猫の食べ方で選ぶ

猫のフードボウルは「食べ方で選ぶ」という方法があります。猫によっても餌の食べ方は違いますよね。例えば猫が餌をたくさんこぼしてしまう場合には内側に縁のある「二段構造」になっているものがおすすめです。この構造のものを選べば飼い主の掃除も楽になるのでおすすめです。

そして、早食いの猫の場合には「凹凸になった」フードボウルを選ぶのがおすすめです。凹凸のフードボウルで猫が餌を食べることによって

  • 早食い防止になる
  • 脳の発達の効果がある

このようなメリットがあるのでおすすめです。

おしゃれさで選ぶ

蝶ネクタイをした猫

猫のフードボウルは「おしゃれさで選ぶ」と良いでしょう。猫のフードボウルは近年おしゃれなものがたくさんあります。「おしゃれさ重視」で人気のある猫のフードボウルを選ぶのも良いでしょう。

安定感があるものを選ぶ

猫のフードボウルは「安定感」で選ぶと良いでしょう。餌を食べるときに猫のフードボウルがウロウロとしてしまうと猫が餌を食べなくなってしまったり、ひっくり返してしまうこともありますよね。そのようなことがないようにするためにも猫のフードボウルには安定感があり、少し重めのものを選ぶと良いでしょう。

材質で選ぶ

猫のフードボウルは「材質で選ぶ」ことがおすすめです。猫のフードボウルは

  • 陶器
  • ステンレス

などがあります。陶器の猫のフードボウルは普通のフードボウルよりも重ためなので安定感があり、使いやすいです。ですので食べこぼしの多い猫にはおすすめです。そして、ステンレスはいつでも簡単に洗えて衛生的なところがメリットです。ステンレスは陶器よりも価格も安くなっているので「自宅の猫の餌の食べやすさ」で選ぶと良さそうですね。

猫のフードボウルのおすすめ商品

皿に手を入れる猫

猫のフードボウルのおすすめ商品はどのようなものがあるのでしょうか。猫のフードボウルにもたくさんの種類があるので「どんなものを買おうか」悩んでしまいますよね。そこでここでは、猫のフードボウルのおすすめ商品についてご紹介させていただきます。

pidan 猫用食器

pidan ペット食器 猫ボウル
2,599円(税込)

商品情報
高さ調整が可能

こちらは、pidanの販売する猫用食器です。高度調節で猫が食べやすい高さになっているので、猫が頭を下げずに餌を食べることができます。また、お手入れも簡単です。フードボウルの専用スタンドで、フードボウルを回したり高さを調節することが可能です。

この機能性によって、猫が長時間頭を下げて食事をすることで生じる脊柱や消化の問題を解消してくれます。傾斜15度のプラットフォームにより、猫のフードボウルを回したり77~90mmまで高さを調節したりすることができます。

猫の体の大きさに合わせて猫の餌の量を考えてあげることができます。傾斜があることによって

  • 食べこぼし
  • 食べにくさ

これらのようなことを防止し、且つ割れにくく安全な素材で作られている猫のフードボウルです。pidanはパリで創業した猫用品専門のデザイン会社なので、機能だけでなくおしゃれなデザインになっています。

猫壱 フードボウル

猫壱 脚付フードボウル
1,290円(税込)

商品情報
電子レンジ、食洗機対応

こちらは「猫壱」の販売する猫のフードボウルです。足付だから、頭と喉を下向きに下げた状態で食事をしなくて済みます。猫は比較的食道がまっすぐな動物のため、食道に溜まった食事を戻してしまいやすいのですが、高さのあるフードボウルで食べることによって餌の逆流を減らし猫の負担が軽減されます。

内側の縁に適度な丸みと厚みがついているので食べにくさのストレスを軽減してくれます。陶器でできた猫のフードボウルなので温めた餌が冷めにくく、安定感もあり猫が食べやすいです。電子レンジと食洗機にも対応した猫のフードボウルなので冬場にも安心ですよ。

Romote 猫フードボウル

Romote 2018新発売 ペット食器台 猫 食器
2,550円(税込)

商品情報
・サイズ 27.5x14x15.5cm
・ボウルのサイズ:13x13x7.5cm
・一つのボウルの容量:
 70gフードまたは250ml水

こちらは、Romoteの販売する猫のフードボウルです。材質は上質なPC素材です。傾斜のある間口で食べこぼしや食べにくさを防止し、割れにくく安全そして清潔な素材で作られた猫のフードボウルです。

食器洗い機で安全に洗うことができ、底部スタンドも分解して洗浄することができるので便利です。独特な猫耳形で見た目もおしゃれです。透明なフードボウルにホワイトスタンドがついているので見た目からも高級感がありますよ。また、滑り止め加工がされているので食事中に猫のフードボウルがずれてしまう心配もありません。

まとめ

フードボウルと猫

猫のフードボウルはたくさんの種類があるので悩んでしまいますよね。そんなときには猫の食べ方やデザイン、安定感で選ぶと良いでしょう。食べこぼしが防止できるような猫のフードボウルもあるので、自宅の猫の食べ方に合わせて選んであげてください。

人気のキーワード