ラグドールの性格5選!飼い方や平均寿命、かかりやすい病気まで

ラグドールの性格5選!飼い方や平均寿命、かかりやすい病気まで

ぬいぐるみという意味の名を持つ「ラグドール」は人気のある猫の種類です。ラグドールはとてもおとなしい性格で、抱っこされることを好む珍しい猫です。この記事ではラグドールの性格を詳しく説明すると共に、これからラグドールを飼いたいと考えている方に向けて、性格の他にも覚えておきたい基礎知識を紹介します。ペットショップやブリーダーでお迎えする際の値段や平均的な寿命、被毛の特徴から主な飼い方、飼うのに向いている人・環境、かかりやすい病気など、ラグドールを飼う際に必要な情報を記載していますので、参考にしてみてください。

36785view

ラグドールの性格

人に抱っこされるラグドール

ラグドールはおとなしい性格の猫として有名ですが、それでもやはり猫ですので、成長途中のラグドールの子猫は活発で他の猫種とあまり変わらないようです。成長するにつれてだんだんとラグドールらしい性格になっていきます。では、ラグドールの主な5つの性格を紹介します。

1.とても穏やかでおとなしく人懐っこい性格

ラグドールは人懐っこく穏やかな性格で、抱っこされてもその名の通りぬいぐるみのようにおとなしくできる、温厚な猫です。子どもや他の動物とも物怖じせずに仲良くできるので、家庭で飼いやすい社交的な猫と言えるでしょう。
一般的に猫は神経質な性格の子が多いので抱っこされるのが好きではないため、ラグドールは猫っぽくない性格だと言えます。

また、ラグドールは狩りや運動への関心も薄いので、壁や家具をガリガリ爪でひっかいたりすることもありません。

2.飼い主に従順な性格で賢い

ラグドールは頭が良く賢い子が多いので、人間の言葉を理解し、飼い主にとても従順な性格だと言われています。また、賢いのでしつけもしやすいので、初めて猫を飼う人にもラグドールはおすすめの猫と言えるでしょう。

3.物静かでおっとりした性格

ラグドールはほとんど鳴くこともなく、何か用事があるときぐらいにしか鳴かない物静かな性格の猫です。その鳴き声も小さいので、近所迷惑にはならない程度です。
また、ラグドールは狩りの本能が薄いため、おっとりしている時が多いです。キャットタワーの最上段にも上がったことがないラグドールや、猫じゃらしに反応しない子なんかもいるようです。

4.帰巣本能が強い

ラグドールは帰巣本能が強い猫だと言われているため、自分を取り巻く環境が変わることを好まない性格です。模様替えや引っ越しなどは、ラグドールにストレスを与えてしまう可能性があります。

5.オスのラグドールは活発な性格

ソファに寝転がるラグドール

おとなしい性格をしたラグドールですが、性別ではオスのラグドールの方が活発な子が多いようです。
また、オスのラグドールの方が人懐っこい傾向にあるようで、メスのラグドールは少し神経質で気分屋な性格をしています。これはラグドールだけでなく、一般的に猫全体で言えることでもあります。

ラグドールの飼い方

白いラグに伏せをするバイカラーのラグドール

1.完全室内飼いを徹底する

ラグドールはそのおっとりとした穏やかな性格ゆえ、外での危険に素早く反応できません。外飼いはラグドールの寿命を短くする可能性が高いため、完全室内飼いを徹底しましょう。
また、室内であっても高いところに重いものを置いて、落ちてきたりしないようにするなどの注意が必要です。

2.肥満には要注意

ラグドールは運動にあまり興味を持たないため、肥満になりやすい傾向があります。
しかし、ラグドールも猫なので遊ぶことは大好きです。適度な運動をさせるために飼い主さんがオモチャで遊んであげるなどをして、肥満を予防しましょう。ラグドールは体が大きいので、遊ぶときは広いスペースを確保してあげてくださいね。

3.安心できる場所を作ってあげる

ラグドールは帰巣本能が強い猫です。
家に初めて迎えた時や引っ越しで新しい家に移る時に神経質になりがちな性格をしているので、新しい環境に慣れるまではあまり構わずにハウスやケージなど安心して過ごせる場所を作って、猫の方から自主的に動き出すまでそっと見守りましょう。

4.ブラッシング・コーミングを忘れずに

ラグドールの分厚いセミロングの被毛は、ブラッシング・コーミングを怠ると、あっという間に回復不可能な毛玉へ発展します。被毛の手入れが面倒だという方はラグドールと飼うのに向いていないでしょう。穏やかな性格なので、毎日の習慣にして慣れてしまえばブラッシング・コーミングを嫌がることもありませんので、日々の習慣として必ず行いましょう。

5.「閉じ込め事故」に気をつける

ラグドールは鳴き声が小さいので、「閉じ込められている事に気付かない」というトラブルをよく耳にします。気を付けたいのはベランダやトイレ、クローゼットなどです。首輪に鈴をつけたものを選ぶなどして、ラグドールがどこにいるのかしっかり把握しておくのが得策です。

リラックスしているラグドール

6.コーム・ブラシは必ず用意する

ラグドールを飼い始めたら絶対に必要な猫用品は「コーム」「ブラシ」です。

コームに関しては様々なものが販売されています。ラグドールの豊かで美しい毛並みを損なわないようにファーミネーターのように毛を切り漉くタイプは選ばないようにしましょう。シンプルな金属タイプの櫛は、もつれをほぐすのに最適です。

ブラシに関しては獣毛ブラシより、ピンブラシの系統をおすすめします。コームでもつれた毛を解きほぐしブラシで毛並みを整える感覚でお手入れしてゆきましょう。

7.キャットタワーで運動をさせる

ラグドールは運動が苦手な猫ですが、一応用意はしておいた方がいいです。高さのあるキャットタワーですとラグドールが登ってくれないかもしれないので、高さを意識した商品を無理に選ぶ必要はないでしょう。

また、ラグドールは爪とぎもあまりしないくらい穏やかなので、ベッドタイプのキャットタワーを喜ぶ傾向にあります。グルーミングもおさぼりになりがちなお茶目なラグドールたちにゆっくりくつろげる場所を用意してあげてください。

ラグドールの平均寿命

ラグドールの平均寿命は13年前後です。ラグドールは室内飼いをする猫であり、温和な性格ということで比較的長寿と言えるでしょう。先天性の病気がなければ長く一緒に暮らせます。

しかし、ラグドールは普段からゆったりとしているが故に、元気がないのに気づかず病院へ行くのが遅れてしまうこともあります。共に暮らす中で、しっかり普段の様子をチェックして、定期的に健康診断などを受けて健康管理は怠らないように心がけましょう

ラグドールがかかりやすい病気

獣医師

ラグドールは比較的、遺伝性の病気の少ない猫です。ただし、作出の中にペルシャ猫の系統が含まれていたためペルシャ猫に見られる「肥大性心筋症」が見られます。

肥大性心筋症

肥大性心筋症とは、遺伝的に起こる心臓の病気です。心臓の筋肉が体の成長と共に弱ってしまい、全身に血液を送り出せなくなり死に至ります。この病気は、遺伝性ということもあり家系に発症がある猫に発生しやすい傾向にあります。ラグドールを飼うときは、家族の病歴や由来がはっきりわかる良心的なブリーダーから譲り受けることをおすすめします。

尿石症

もうひとつラグドールに起きやすい病気が「尿石症」です。これはラグドールが長毛種の猫であることから、ある程度覚悟しておくべき疾患になります。
症状としましては、尿中のミネラル成分が石になり、尿管・尿道につまって体の老廃物を排出できなくなります。それが悪さをし、膀胱炎・腎不全などを引き起こします。トイレの様子には常に気を配り、膀胱炎の兆候が見られる場合は早めに動物病院を受診しましょう。

最近はおしっこのpH(酸性度)をチェックできる猫砂も売られています。おしっこがアルカリ性に傾くと結石を作りやすくなるので目安にされることをおすすめします。

ラグドールの被毛

遠くを見つめるラグドール

毛色は様々

ラグドールは、クリーム色の体で顔や手足に濃い色が入っている柄が多いですね。
頭・手足・しっぽの色によって

  • ブルー
  • レッド
  • クリーム
  • ライラック

というカラーがあります。さらに、そのカラーで縞模様を下地に持つ「タビーカラー」があります。また、頭はブルー、しっぽはライラックといった「バイカラ―」のラグドールも存在します。 以上のようなことから基本的な配色の違いはポイント(頭・手足・しっぽ)の違いと思っていただいてよいですね。

毛並み

ラグドールのもう一つの大きな特徴は、セミロングの厚い被毛です。もともとラグドールが作出されたのが北半球のアメリカということもあり、寒さに強い被毛を持っているのです。

また、被毛の長さは一口にセミロングと言っても、長めの毛を持つラグドールもいれば、短めの毛を持つラグドールもいます。

ラグドールの値段

3頭のラグドール
  • ペットショップでの値段:15万円~
  • ブリーダーでの値段  :10万円~

ラグドールは、10~15万円程度が平均的な値段の相場になります。ただし、毛色や血統によっては非常に高価なラグドールもいます。

ラグドールは以前の日本では希少な猫でしたが、現在は人気も出てきたので、頭数が増えて値段にも変化が出てきています。しかし、値段が高いラグドールがあなたと相性の合う猫という保証はどこにもありませんし、値段が安いラグドールだから悪いということもありません。ラグドールを飼い始めるとき、選ぶときは「直感」を大事にするよう心がけましょう。

ラグドールと暮らすのに向いている環境

飼い主とラグドール

ラグドールは集合住宅(マンションなど)で暮らすのに向いている猫です。爪とぎなどのマーキング行為もあまり好きではなく、走り回るのも苦手な猫が多いためです。

一日の疲れをラグドールと触れあってゆっくり癒したい、優しい性格の猫とゆっくり暮らしていきたい方にはラグドールはうってつけの猫です。飼う前に、まずはどんな暮らしを思い描いているのかしっかり家族で話し合うことも大切です。

まとめ

クッションの上にのっかるラグドール

ラグドールはおっとりしたぬいぐるみのように可愛く、人懐っこい性格の猫です。ラグドールをお迎えした時は住み心地の良い環境を整えてストレスがかからないようにしてあげましょう!

30代 女性 杏奈

ラグドールは、その名の通り、ぬいぐるみのようで本当に愛らしいですよね。ラグドールは、比較的大人しい性格の個体が多いとされていますが、子猫時代は他の品種に負けず劣らず、とっても活発です。また、大型猫は成長が緩やかなことから、3歳を過ぎても成長が止まることはありません。子猫時代が長いともいえますね。

記事に合った、壁や家具で爪とぎをしないというのは、個体によりけりだと思います。ラグドールは、他の品種に比べて狩りに興味が薄く、引っ掻くという行為自体が少ないため、爪とぎをしないといわれています。ただ、爪とぎは猫本来の習性であり、ラグドールであっても、全く爪とぎをしないわけではありません。実際に、知人宅のラグドールはとってもわんぱくで、壁で爪とぎをしてしまうと手を焼いていました。

ただ、とっても穏やかで協調性も高く、人懐っこい品種なので、人間との共存には向いているのかもしれませんね。子猫時代が長いといえど、体は大きくなりますので、高いところにジャンプしたり、物を倒したりすることがあるので、怪我をしないように注意が必要です!

50代以上 男性 武田光彦

17歳のねこですが、半年くらい前からてんかんを起こすようになりました。キャットフードしか与えませんでしたので、これからは手作りの食事を考えています。

40代 女性 さくらの姉

うちの子はラグドールMIX女の子ですが、20歳7ヶ月になりました!
よく食べ、よく遊び、よく眠る猫で室内飼いを徹底しています。
比較的怖がり?なのか、外に興味がありません。
20歳になっても毎日のブラッシングで毛ヅヤもよく、足腰もあまり弱っていません。
いまだに走ることができます!
ただやはり年齢的なものから、腎疾患と高血圧があります。
性格は寂しがりやで、かまってちゃんです。
いたずらはしなかったと思います。同居猫のアメショーの方が壁紙を破いたり
色々大変でした。
中型だからか、体重が一時8kgくらいになったことがあります。
サイズに合うキャリーバッグが無くて困りました!
甘えるおとなしい大きめな猫を飼ってみたい方に向いていると思います。
人気のキーワード