ラグドールをキャッテリーからお迎えする方法、おすすめ猫舎まで

ラグドールをキャッテリーからお迎えする方法、おすすめ猫舎まで

ラグドールをキャッテリーからお迎えしたい時、どうやってラグドールのキャッテリーを探せばいいのでしょうか? ラグドールをキャッテリーからお迎えするには、どうしたらいいでしょうか? 良いキャッテリーを見つける方法からラグドールを迎えるまで、また、おすすめの猫舎をご紹介します。

1997view

ラグドールのキャッテリーとは?

寄り添う四匹のラグドールの子猫

ラグドールの購入を検討している場合、ペットショップ以外にもブリーダーやキャッテリーから購入することができます。

ブリーダーもキャッテリーも、猫の繁殖を行っている個人や団体のことですが、ブリーダーとキャッテリーでは何が違うのでしょうか。

実は、キャッテリーは誰もが名乗れるわけではありません。

キャッテリーは、世界的な血統登録団体である「TICA(The International Cat Association)」もしくは、世界的な猫愛護団体の「CFA(The Cat Fanciers’ Association)」の認可が必要で、それには、厳しい条件をクリアしなくてはなりません。

一方ブリーダーは、動物取扱責任者の資格を有し、動物取扱業の登録をすれば、誰でもなることができますので、キャッテリーはブリーダーの中でもハイレベルな個人あるいは団体と言えるでしょう。

ラグドールはふわふわの長毛でぬいぐるみのような人気の猫種なので、ラグドールの繁殖を行っているキャッテリーも多いですよ。

ラグドールをキャッテリーからお迎えすると良いこと

キャリーバッグから顔をのぞかせるラグドールの子猫

純血統種のラグドールを迎えられる

ラグドールをブリーダーから迎える場合、必ずしもそのラグドールが純血統種であるとは限りません。ブリーダーにはキャッテリーのような審査がないので、純血統種ではない猫を育てている可能性もあるのです。

キャッテリーなら、血統に関しても厳しい審査がありますので、キャッテリーからお迎えするラグドールは、純血統種であると言えます。

ラグドールに合った飼育をしている

キャッテリーでは、母猫の負担になるような大量繁殖は行っていない場合がほとんどです。また、繁殖・飼育するラグドールたちに適したお世話をしています。

そのため、母猫も子猫たちもストレスなく生活できます。ストレスフリーで大切に育てられたラグドールは、新しい飼い主さんや環境にもなじみやすく、飼いやすいのです。

健康なラグドールを迎えられる

ブリーダーの中には、悲しいことに、お金儲けのために劣悪な環境で無理な繁殖を行うブリーダーもいます。

その点、キャッテリーは厳しい審査に通らなければ、キャッテリーと名乗ることはできません。ラグドールが生まれ育ってきた環境や、健康状態なども良好である必要があります。

ですから、キャッテリーからお迎えするラグドールは、ブリーダーからお迎えするよりも健康面においても環境においても信頼性があり、安心して迎えられると言えます。

もちろん、猫を心から愛し、猫のことを第一に考えた良心的なブリーダーさんもたくさんいらっしゃいますが、キャッテリーと名のつく人や団体名なら、確実に良いブリーダーさんと言えるということです。

ただ、その分、キャッテリーからラグドールを購入すると、ブリーダーよりも価格が高くなります。

キャッテリーからラグドールをお迎えする方法・費用

キャリーバッグの中のラグドールと開けようとする人の手

信頼性が高く、安心感のあるキャッテリーからラグドールを迎えたいと考えたら、どうしたらいいでしょうか。

キャッテリーはブリーダーより数が少ないので、簡単には見つからないかも知れません。
そんなときは、インターネットで検索してみましょう。

キャッテリーのサイトには、ラグドールの写真が掲載されています。お迎えしたいラグドールが見つかったら、キャッテリーに問い合わせてみましょう。

ラグドールを家にお迎えするまでに、実際にキャッテリーに足を運ぶことになりますので、あまり遠方ではない方がいいですね。

実際にキャッテリーに赴いて、ラグドールと対面し、ラグドールとの相性を確認したり、ラグドールが生まれ育ってきた環境も見せてもらったりすれば安心です。

キャッテリーには、ラグドールの性格、母猫や子猫の健康状態など気になることは何でも聞いておきましょう。お迎えしたいラグドールが決まったら、手続を経て購入することになります。

ラグドールをキャッテリーからお迎えする場合の相場は、20万~30万円くらいです。毛色などによって値段は変動します。

いいラグドールのキャッテリーの選び方

女性の手に抱かれるラグドールの子猫

検索サイトの口コミを見る

キャッテリー仲介サイトなどには、口コミが載っています。そのキャッテリーの評判はどうか、レビューで確認できます。

猫舎を見せてもらえる

ラグドールの飼育環境や、親猫を見せてくれるキャッテリーを選びましょう。ラグドールがふだん生活をしている環境や親猫に問題がなければ、見せてくれるはずです。

質問に答えてくれる

ラグドールをお迎えするにあたって、気になることや聞きたいことも出てくると思います。

それらの質問に対して、気持ちよく、そしてわかりやすく説明をしてくれるかどうかもキャッテリーを選ぶ基準になります。

キャッテリーの人柄

ラグドールを譲り受けて終わりというのではなく、ラグドールの飼育や病気のことについて、譲渡後もキャッテリーに相談できる間柄であるのが理想です。

キャッテリーの人柄なども確認しておきましょう。信頼できるキャッテリーであっても、相性が良くなければ今後のお付き合いが難しいものとなってしまいます。

ラグドールのキャッテリーおすすめ3選

ベッドの上で寄り添う二匹のラグドール

BURST

大阪府のラグドール専門のキャッテリーで、TICA・CFAに登録されています。愛玩動物飼養管理士1級、ホリスティックケアカウンセラー、動物看護士の資格を有するキャッテリーです。

BURSTのラグドールたちは、定期的に健康診断、血液検査(FIP, FeLV, FIV)を受けています。譲渡には条件がありますので、見学の前に確認してくださいね。

子猫の情報は公式ブログで公開しています。

Plenty love

静岡県にある、子猫の健康と精神面での成長を大切にするラグドールのキャッテリーです。
子猫はワクチン接種後の生後3か月以降に譲渡可能となります。

譲渡可能な子猫の写真は、出産後にアップされますが、出産予定の子猫の予想カラーパターンが掲載されています。子猫の写真と情報は春~夏にチェックしてみてください。譲渡には条件がありますので、確認してくださいね。

FARANDOLL

毎年キャットショーで活躍しているラグドールを育てる、埼玉県のキャッテリーです。
キャットショーの相談もできますよ。

健康で性格の良い両親から生まれたラグドールの子猫たちは、愛情をかけて大切に育てられています。子猫は健康診断と1回目のワクチン接種後、生後2か月以降に譲渡が可能です。

ラグドールのキャッテリーを見学するときのマナー

ラグドールの子猫の後ろ姿

時間厳守

キャッテリーの猫舎を見学させてもらうには、事前に予約が必要ですが、約束の時間は必ず守るようにしましょう。

病気を持ち込まない

キャッテリーの猫舎を見学させてもらう前には、他の猫と接触しないようにしましょう。

これは、万が一接触した猫が病気を持っていたときに、キャッテリーのラグドールに感染させないためです。同じ日に他のキャッテリーを複数箇所まわるのもやめましょう。

ラグドールに触れるときは了承を得る

ラグドールと対面したら、触ってみたり抱っこしてみたりしたくなると思います。

そのときは、いきなり抱き上げたりせず、必ずキャッテリーに了承を得てからにしてくださいね。抱き方なども、キャッテリーの指導を仰ぐようにしましょう。

まとめ

ラグドールの顔のアップ

厳しい審査を経なければ、名乗ることのできない「キャッテリー」。そんな信頼性のあるキャッテリーからラグドールをお迎えできたら、安心ですね。

お迎えした後も、ラグドールの飼育について相談に乗ってもらえるでしょう。

キャッテリーは数が多くありませんが、インターネットで検索すれば見つかります。ラグドールをキャッテリーからお迎えしたい場合は、お近くのキャッテリーを探して足を運んでみてくださいね。

キャッテリーを訪れる際は、マナーを守って訪問しましょう。お互いの信頼関係が成り立って、家族となるラグドールをお迎えできるといいですね。