たぬきと言われるラグドールの特徴とは

たぬきと言われるラグドールの特徴とは

ふわふわな被毛に覆われているラグドール。愛らしいその姿が、たぬきに似ていると言われることも♡今回はたぬきに似ている猫ラグドールの特徴について、詳しく調べてみました!

5547view

ラグドールがたぬきと言われる理由

ラグドール
  • ラグドールは大きくて丸みのある体つきがたぬきっぽい
  • ラグドールは骨太で筋肉質がたぬきっぽい
  • ラグドールは長くてモフモフのしっぽがたぬきっぽい

これらはラグドールの特徴ですが、どうでしょう?まるでたぬきそのものです♪

『ぬこ(ねこ)+たぬき=たぬこ (たぬきっぽいぬこ)』と呼ばれることもあり、たぬこの可愛さにはみんなメロメロ!どっしり構える大きな体がたまらないですよね。

ちなみに、ラグドールの名前の由来ですが、”ラグドール=ぬいぐるみ”という意味で、その名の通り見た目や抱っこされるがままの姿が、ぬいぐるみにそっくりな所からきているようです。

ラグドール以外にもいる!たぬきに似てる猫の種類

「たぬきみたい!」と言われている猫は、ラグドールだけではありません!

1.バーマン

バーマンもたぬき似の猫ちゃんです。ラグドールに似ていますが、体はラグドールよりやや大きめです。性格も温厚で優しく、その点もラグドールに似ていますね。

2.トンキニーズ

トンキニーズは「シャム」と「バーミーズ」の交配種になります。性格はラグドールやバーマンとは真逆で、とてもヤンチャで遊ぶことが大好きな猫種だと言われています。また、社交的一面もあり、人見知りをしないんだとか。

画像ではスラッとしたスタイルの持ち主のようにも見えますが、飼育している方たちの話を聞けば、「数年経つと立派なたぬきになった」と言う声が多かったです。

3.キジトラ

キジトラ

どっしりとした大きめのキジトラは、なんだかたぬきに似ている!という声も少なくはありません。実際に、我が家のキジトラも顔がパンパンでムチムチした体。言われてみれば、タヌキにも見えるような・・・。

4.サビネコ

サビネコ

キジトラだけでなく、太ったサビネコもたぬきそっくりです!友人宅には元野良のオス猫で、顔が多きな子がいるのですが、体重はなんと8キロ!ガッチリした体格の良さ、もふもふの毛並み、顔の大きさがまるでたぬきのように見えます♡

たぬき顔のラグドールの性格

寝転がるラグドール

たぬき顔のラグドールの性格は、とても温厚。人にも他のペットにも優しくしてくれます。

大人しく毎日を過ごし、飼い主にとても従順で、しつけがしやすいとも言われていますね。小さなお子さんがいるご家庭でも、安心して飼育することが出来る猫種だと言えます。

また、ラグドールの平均寿命は14歳~16歳だと言われていますので、猫の平均寿命よりやや長めだということがわかります。

ラグドールを飼育する際の注意点

ラグドールは体が大きい為、あまり高い所に登らない子が多いようなので、キャットタワーは低めで良さそうです。しかし、運動は猫にとって必要不可欠な為、オモチャなどを使用してたくさん遊んであげなければいけません。

そして、元々大きくなる猫種だということもあり、餌の与えすぎには注意が必要になります。

たぬきのようなラグドールがかわいすぎるからといって、ねだられるがまま多めに餌を与えてしまうと、あっという間に立派な肥満たぬき猫『たぬこ』に!かわいいからこそ、体重管理はしっかりしてあげることが大切です♪

また、フワフワで綺麗な被毛を保つためには、毎日のブラッシングが必要になります。しっかりブラッシングしてあげることで、ラグドールも喜びますし抜け毛の心配もなくなります♡

まとめ

ラグドール顔アップ

たぬき顔のラグドールは温厚で飼育もしやすく、フワフワの被毛が特徴な可愛い猫種です。大人しい性格なので、お留守番中もいたずらすることなく、いい子にして待っていられます。

ただし、甘えん坊で寂しがりやな子が多いと言われていますので、たくさん構ってあげる必要がありそうです。

飼育もしやすくぬいぐるみのように愛らしい、たぬき顔のラグドール。私の中でも1度は飼育してみたい猫種です♡

人気のキーワード