猫はどんな猫じゃらしが好き?5つの特徴

猫はどんな猫じゃらしが好き?5つの特徴

猫が猫じゃらしで遊ぶ姿は可愛いですし、その身体能力の高さに、驚かされることもあります。何より、猫じゃらしを使って愛猫と遊ぶ事は、愛猫と飼い主さんの絆を深めることに繋がりますし、愛猫のストレス解消にもなります。愛猫に喜んで遊んで貰うには、一体どんな猫じゃらしを、選べば良いのでしょうか?

2560view

猫が好きな猫じゃらし5つの特徴

猫じゃらしで遊ぶ猫

猫が好きな猫じゃらしの特徴を5つ、ご紹介します。ただ、猫じゃらしの好みは猫によって異なりますので、色々試してみて、愛猫の好みを把握することが大切です。

  • ふわふわ素材
  • 長いひも状
  • 鳥の羽型
  • 鈴入り
  • 猫じゃらし型

ふわふわ素材

おもちゃの前で丸い目をする猫

ふわふわ素材の猫じゃらしは、比較的人気があります。ふわふわ感がネズミや小鳥を彷彿とさせるのでしょう。捕まえて味見をするように、ベロベロ舐める猫もいます。気がつくと猫の唾液でベチャベチャで、ふわふわ感ゼロになることも。誤飲には十分注意してあげてください。

ふわふわ素材と言えば、人の耳かきの先端についているあのふわふわも、良く狙われます。隠しておいても目ざとく見つけてしまうのが、猫のすごいところ。

耳かきには棒がついていますので、猫が誤ってケガなどしないよう、ふわふわの付いた耳かきは、猫の手の届かない場所にしまっておいた方が無難です。

長いひも状

長〜いひも状の猫じゃらしも良く売っていますし、ひもを好む猫さんは多いです。新聞などをひもでまとめていると、必ず猫が寄ってきてじゃれつく、というのはあるあるな光景です。

何もわざわざひも状猫じゃらしを買わなくても、家にあるビニールひもなどで十分なこともあります。

愛猫がどんな猫じゃらしを好むのか、試しにビニールひもなどで確認してみても良いですね。ビニールひもの途中に、いくつか結び目を作ってあげても喜ぶようです。

ひも状猫じゃらしですが、猫がガジガジと噛み切り、飲み込んでしまうこともがあります。

ひも状のものが胃や腸に入ると、中々厄介な事になり、場合によっては手術して取り出さなければいけなくなるかもしれません。ひも状猫じゃらしで遊んだ後は必ず、猫が出せない場所にしまうようにしてください。

鳥の羽型

鳥の羽型猫じゃらしは、かなりの確率で猫が食いつく猫じゃらしです。ただ、少々壊れやすいのが難点。猫じゃらしによっては、羽部分だけ取り替えができるものもありますので、うまく使ってみてください。

我が家の3匹いる猫のうち、2匹は羽型猫じゃらしが大好きですが、1匹なぜか怖がる猫がいます( 笑)。

うちで使っていたものは、少し羽が大きめだったからかもしれません。猫の好みに合わせて、羽の大きさを調節してあげると良いようです。

鈴入り

キャットタワーの上の猫

チリチリと鳴る鈴入り猫じゃらしも売っています。この音に興味を惹かれ、食いつく猫も。鈴は猫の好みが分かれるところです。また、鈴の音色によっても、食いつき方が異なるでしょう。愛猫が鈴の音を好むようでしたら、ぜひどんどん使ってあげてください。

猫じゃらし型

猫じゃらし型の猫じゃらしは、とてもオーソドックスなスタイルです。ここで言う猫じゃらしは、雑草として生えているあの、緑色の猫じゃらしです。大抵の猫じゃらしは、植物の猫じゃらしを模して作ってあります。

もちろん、猫じゃらし型の猫じゃらしではなく、雑草の猫じゃらしを使って猫と遊んでも、OK!お金がかからず手軽に遊べ、もし壊れても懐が痛まないのが良いですね!猫もきっと、自然の匂いがする猫じゃらしに、大満足してくれることでしょう♪

愛猫が好む猫じゃらしの選び方

さまざまなおもちゃ

猫が好む猫じゃらしの特徴が分かったところで、愛猫の好む猫じゃらしを選ぶには、どうしたら良いでしょうか?

  • 身近な素材で試す
  • 猫の年齢や遊び方で選ぶ
  • 安価な猫じゃらしをいくつか買って試す

身近な素材で試す

まず猫じゃらしを購入する前に、身近にあるひもやビニール袋、丸めた紙やアルミホイル、毛糸などで、猫がどのような素材や形を好むのか、試してみましょう。大体の好みを把握して、猫じゃらし選びの参考にします。

猫の年齢や遊び方で選ぶ

猫の年齢や遊び方によっても好む猫じゃらしが異なりますし、選ぶポイントも変わってきます。

例えば、パワフルなオスの若い猫に、繊細な鳥の羽猫じゃらしを与えても、ものの数分で破壊される可能性があります。また、一般的な猫じゃらしに慣れてしまった猫にまた同じような猫じゃらしを与えても、きっと食いついてはくれないでしょう。

猫じゃらしはお試しができませんし、一度使った猫じゃらしは、返品できません。

猫じゃらしを購入するのは、ある意味掛けでもある訳ですが、もし遊んでくれなくても、ある日突然使いだすことがありますし、他の猫が遊んでいるのを見て、遊びだす場合もあります。ですからあまり落胆せず、気楽に構えるようにしてください。

安価な猫じゃらしをいくつか買って試す

猫じゃらしには本当にたくさんの種類があり、お値段もピンキリです。愛猫がどんな猫じゃらしを好むのか確認する為、安価な猫じゃらしをいくつか、購入してみるのもオススメです。お得な数本セットの猫じゃらしも良く売っていますので、もし使ってくれなくてもOK、と言う気持ちで購入してみても。

まとめ

猫じゃらしで遊ぶ仔猫

愛猫と過ごす時間が長くなるにつれ、だんだんと好みが分かってきて、外れることが少なくなるでしょう。ちなみに、猫は色の識別はあまりできないと言われています。

市販されている猫じゃらしには、きらびやかな色のものが多いですが、猫にはほとんど認識できないのだとか。

ただ、色が識別できなくても、好みはあるようです。同じ形で色の違う猫じゃらしを用意して、試してみるのも良いでしょう!