猫が思わず噛みたくなる物の特徴

猫が思わず噛みたくなる物の特徴

猫が噛んでしまうものの特徴をご存知でしょうか?今回は猫がつい噛みたくなってしまう物の特徴や、噛んでしまうと危険なものをいくつかご紹介させていただきます。

1978view

猫が思わず噛みたくなる物の特徴

人の指をかむ猫

猫が思わず噛んでしまう物と言えば、みなさんはどんな物が思い浮かびますか?人の指、髪の毛、猫じゃらし、割りばし、耳かき、ヒモなど様々な物があげられますよね。特徴は

  • 固い物
  • 動く物
  • ニオイのする物

でしょうか。猫は色々な物を見つけてはオモチャにしてしまい、遊びの天才だなぁと感じることも多々あります。特に耳かきのふさふさの部分やビニール袋が大好きで、目を離した隙に猫が噛んでしまっていることもありますよね。

どんなものでも猫に噛ませて良いのかと言われれば、そうではありません。今回は猫が噛んではいけないものもご紹介していこうと思います。

猫に噛ませてはいけないもの

口を開ける猫

猫にとって危険な物は沢山ありますが、特に噛んでしまうとちぎれて誤飲してしまう可能性があり、特に大変だと言われているものや、猫が噛んでしまうと中毒を起こしてしまう可能性のあるものをいくつかご紹介します。

ビニール類

  • ビニール袋
  • スズランテープ

などのカシャカシャ音が鳴るものは猫がオモチャにしてしまうことが多いですが、一歩間違えれば危険な場合が多いです。

例えば猫がお留守番中に一人でビニール袋で遊んでいて、飼い主さんが帰宅した時には猫のおう吐が激しく、病院へ連れて行った所ビニール袋の誤飲で切開手術になってしまったというケースも。

猫にビニール袋やスズランテープなどで遊ばせる場合には、必ず飼い主さんの目が届く所で遊ばせるようにしましょう。

細長いもの

  • 割りばし
  • 耳かき
  • ペン

などの細長いもの。これらも猫が興味を示すことが多く、噛んだり転がしたりしながら一人遊びをすることがあります。しかし、万が一の時には細長いものは喉に突き刺さってしまうことも、少なくはありません。

割りばしや耳かき、ペンなどの細長いものは猫の一人遊びには適していませんので、出来るだけ猫の手の届かない場所に保管するようにしましょう。

植物

  • 野菜

植物は猫が口にしてしまうと危険なものも多く、食べずに少し噛んだだけでも中毒症を起こしやすいものがたくさんあります。これらを猫が噛んでしまわないように、花などは猫がいけない場所に飾ったり、もしくは造花にしたりと、工夫が必要になります。

野菜などはネギ類は特に猫にとって危険だと言われていますので、料理後や食卓に並んだ食べものには気を付けておかなければいけません。

魚介類

  • イカ
  • タコ
  • アワビ

など、海の食べ物にも注意が必要です。猫はイカ・タコ・アワビなどの海の幸には興味を持ちやすく、食卓に並ぶと食べたがる子も多いのですが、猫にとってオススメ出来る食べ物ではありません。

猫が生のイカやタコを食べると、ビタミンB1欠乏症になることがあると言われています。茹でたものなら良いのか?と考える方も多いのですが、実際猫にイカやタコを食べさせる必要はなく、茹でたものをあげたとしても消化に良いものではありませんので、与える必要はないと言われています。

また、アワビを食べてしまうとその後長時間日光を浴びることで皮膚炎になってしまうと言われています。最悪の場合、耳が取れてしまうこともあるんだとか。

  • 魚の骨
  • 鳥の骨

なども、猫が見つければ噛んでしまう物の1つです。骨は猫の消化器官に刺さりやすく、万が一猫が噛んで食べてしまった時のことを考えると、猫にとって噛んだら危険なものの1つだと言えます。

ここに載せているもの以外にも、猫が噛んでしまうと危険なものは沢山あります。

まとめ

人の指を噛もうとする猫

今回は猫が噛んでしまうものの特徴や、噛んでしまうと危険なものについてまとめました。大丈夫だと思っていても、家の中には猫にとって危険になるものがいっぱいあります。出来るだけ猫にとっての危険を取り除き、快適に生活できるよう心掛ける必要がありますね。

スポンサーリンク