掃除不要!使い捨て出来る猫トイレのメリット、デメリット

掃除不要!使い捨て出来る猫トイレのメリット、デメリット

「使い捨てできる猫トイレ」はどのような仕組みになっているのか?メリットやデメリットはあるのか?といった点について、この記事で詳しく解説します。

1576view

使い捨てできる猫トイレとは?

猫砂とスコップ

「使い捨てができる猫トイレ」というのをご存知でしょうか。
猫を飼っている人の大多数が「猫用トイレに猫砂をひいて、排泄した場所の砂を取り除く」という方法をとっています。

汚れた部分を取り除いて新しい猫砂を足すだけでなく、定期的に猫用トイレ本体も洗わなくてはいけないため、掃除を面倒に感じている人もたくさんいます。

そこでおすすめしたいのが「使い捨てできる猫用トイレ」です。

このトイレは名前の通り、トイレのケースごと使い捨てができるため、トイレ掃除をする必要がありません。

仕組みも非常にシンプルで、尿を吸い取るシートがすでにセットされているトイレ型の箱に、汚れのつきにくいトイレ用チップをひいて、部屋の中に設置するだけです。

尿を吸い取るシートは猫の排尿量にもよりますが、2週間くらいの期間であればそのままでも大丈夫です。
今までにありそうでなかった非常に便利な猫グッズといえるでしょう。

使い捨てできる猫トイレのメリット

猫砂

使い捨てできる猫トイレにはさまざまなメリットがあります。
以下、使い捨てできる猫トイレが持っている3つのメリットについて紹介します。

掃除がとても楽

なんといっても最大のメリットは、掃除が非常に楽という点です。
尿を吸い取るシートを活用した猫用トイレは今までにも販売されていますが、このトイレは「猫用トイレごと捨てられる」と画期的な特徴があります。

排泄物が溜まったらそのままゴミ袋に入れて、燃えるゴミとして捨てられるため、スコップや手が汚れるなどといった不快感をおぼえることなく片づけられます。

旅行などで猫を留守番させる際に便利

出張やお出かけなどで、猫をどうしても留守番させなくてはいけない場合、猫用トイレの掃除ができないため、出かける前にトイレを複数個用意しておく必要があります。

しかし、家を長期間空ける機会が少ない人の場合、そのためだけに猫用トイレを購入するのは経済的に負担がかかってしまいます。

このような時に、使い捨てできる猫トイレを活用すればわざわざ新しい猫用トイレを購入する必要はありません。また、旅行から戻ってきたばかりで疲れている時でも、簡単に片づけられるのでおすすめです。

猫トイレの掃除が面倒な時にも使える

「病気や怪我で辛くて動けない」「忙しすぎて猫用トイレの掃除が大変」などといった人にも使い捨てできる猫トイレはおすすめです。
毎日猫用トイレの掃除をするのが飼い主さんの義務ではあるものの、人間なのでどうしても掃除が面倒に感じる時はあります。

前もって、使い捨てできる猫トイレを購入しておき、体調不良で辛い時や忙しい時に設置しておけば、飼い主さんの負担もかなり楽になります。

使い捨てできる猫トイレのデメリット

猫砂の上にいる猫

ここまで、使い捨てできる猫トイレのメリットについてたくさん紹介しましたが、少なからずデメリットも存在します。
使い捨てできる猫トイレを使用する際は、以下のデメリットを頭にいれておきましょう。

コストがかかる

一般的な猫トイレの場合、猫砂だけ購入すればよいため、そこまで大きなコストはかかりません。
しかし、使い捨てできる猫トイレは1セット(1回分)を購入するのに、約1500~2000円かかるため、日常的に使う場合は非常にコストがかかります。

経済的に余裕がある場合は日常的に使っても問題ありませんが、そうでない場合は「旅行の時だけ使用する」「どうしてもトイレ掃除が面倒な時だけ使用する」といったように、限定して使うのもおすすめです。

排便時には掃除が必要

尿を吸い取るシートは長持ちするため、しばらくの間はそのままでも良いですが、便に関してはこまめに掃除する必要があります。
もちろん、便を取り除くのさえ面倒な場合などは、便をした段階でトイレごとを捨てることもできますが、非常にもったいないですし、コスト面を考えるとあまり現実的ではありません。

そのため、尿を吸い取るシートを2週間ほど使い続けたいのであれば、便は毎日取り除かなくてはいけません。

アース・ペット おそうじ不要使い捨てトイレ 木製砂

アース・ペット おそうじ不要使い捨てトイレ 木製砂
2,267円(税込)

まとめ

ひのきタイプの猫砂

使い捨てできる猫トイレは、基本的にメリットの方が多いです。
状況やコストに合わせながら利用すれば、デメリット部分もカバーできるため、気になる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

人気のキーワード