猫がわざと飼い主を踏む3つの理由

猫がわざと飼い主を踏む3つの理由

猫がわざと足や体を踏む、という経験をしたことがありますか?猫がわざと踏むのはちゃんと理由があります。また、わざと猫が踏むのは飼い主さんだけではないんですよ。

10438view

猫がわざと飼い主を踏むのはどうして?

歩く子猫

猫がわざと飼い主を踏むのは「あいさつ」

猫が飼い主さんへのあいさつとしてわざと踏んでいる可能性があります。テリトリーを共有する猫同士や仲の良い猫同士のあいさつは、「鼻と鼻を合わせる」という方法が知られていますが、猫によってはそれをしないこともあります。

飼い主さんをわざと踏むのに、呼んでも無視するなど、反応がないときは、あいさつかもしれませんね。肩をポンと叩くようなあいさつを、猫が飼い主さんにしているといったところでしょうか。

猫がわざと飼い主を踏むのは「要求」

猫が飼い主さんをわざと踏むことで、何かしてほしいことがあると訴えているのかもしれません。例えば、「ごはんがほしい」「トイレ掃除して」「遊ぼう」「なでて」があります。

猫の行動を観察したり、「どうしたの?」と声をかけてあげたりして、訴えを探ってみましょう。時には「こっちを見て!」というかわいい訴えをしていることもあります。

猫がわざと飼い主を踏むのは「愛情表現、愛情確認、スキンシップ」

男性を踏む猫

猫がわざと飼い主さんを踏むのは、愛情を確認している可能性があります。「体をわざと踏んでも怒らないかな?」「どんな反応をするのかな?」と思いながらわざと踏んでいるのかもしれません。

また、単独生活をする猫が体をわざと踏むという行為は、信頼している人や好きだと思っている人にしかしないと考えられます。猫なりの愛情表現の一つと言えるでしょう。

体をわざと踏むという行為は子猫の頃の様に、母猫の体に登って遊んでいる気持ちなのかもしれませんね。反対に、ベタベタ甘えるタイプではない猫の、スキンシップの方法の一つという可能もあります。

猫がお尻を向けて体の上に乗ったり、足をわざと踏むときは「お尻を触って」「お尻のニオイを嗅いでいいよ」と心を許しているときです。寝ている飼い主さんの目の前にお尻を向けるという猫もいますね。

猫がわざと物を踏むのはどうして?

新聞の上を歩く猫

猫の前足には3本くらいのヒゲがあります。このヒゲがセンサーの役割をするので、上手に障害物を避けながら歩くことができます。しかし、わざと物を踏むことがあるのです。

猫がわざと物を踏むのは注目して欲しいから

本の上に乗る猫

例えば、新聞紙やパソコンなどですが、注目してほしいという気持ちでわざと踏むことがあります。また、新聞紙やパソコンをわざと踏んで、飼い主さんが寝ているのか確認しているとも言われています。健気でかわいいですよね。

わざと物を踏んで飼い主の反応を楽しんでいる!

しかし、飼い主さんにとって大切なものなど踏まれたくないものもありますよね。猫はわざと物を踏むことで、飼い主さんの反応を楽しんでることもあるのです。猫らしいと言えばかわいいですが、やめさせたいときは大きな反応をしないで猫を移動させるか、物を移動することです。

猫が他の動物や猫を踏むのはどうして?

猫がわざと踏むのは、飼い主さんや物だけではありません。一緒に生活する他の猫も踏むのです。

こちらの動画では、黒猫が同居犬を踏んでいますよね。猫がわざと犬を踏む様子や、同居犬の「なんでわざと踏むの?」と言いたげな表情がとてもかわいいですね。この黒猫さんの場合、同居犬のことが大好きで愛情表現として踏むと考えられます。

白猫がキジトラ猫のしっぽをずっと踏んでいます。白猫は毛づくろいに一生懸命ですが、キジトラ猫は踏まれていることを気にいていますね。キジトラ猫がイライラをアピールしますが、白猫はかたくなにしっぽを踏み続けるのです。白猫からすると、「しっぽを踏む」というよりも、「障害物がある」程度なのかもしれませんね。

猫の中には、人間の赤ちゃんの手足などを踏むということがあるようです。単純に赤ちゃんが好きでそばにいたいということもありますが、飼い主さんの反応を楽しむ猫もいるそうです。

もしかすると、赤ちゃんにヤキモチをやいているのかもしれません。飼い主さんの愛情を確認しているとも考えられますね。

まとめ

赤ちゃんと猫

猫は前足のヒゲがセンサーとなるので、障害物を避けるのが上手生き物です。しかし、わざと飼い主さんを踏むことがあります。その理由は、あいさつ、要求、愛情表現といった理由があるのです。

中には「ただの通り道」として飼い主さんを踏むという猫もいますが、人の上を歩く、人を踏んでいく、ということをされても「幸せ」と感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

わざと踏んで歩くこと自体が、猫が飼い主さんに心を開いているということですよね。

飼い主さんだけではなく、物や他の動物をわざと踏むこともあります。この場合は、飼い主さんに注目されたい、同居犬など他の動物への愛情表現という理由があります。中には障害物としてしか見ていないときもあるようです。

飼い主さんや物を踏むときに、猫が何を考えているのか探ってみてはいかがでしょう。

人気のキーワード