猫が甘える時にする5つの仕草とその気持ち

猫が甘える時にする5つの仕草とその気持ち

猫が甘える時はどのような行動を取るのでしょうか?猫が甘えたい気持ちをからだで表現する時、さまざまな可愛い姿を見せてくれることがあります。具体的に猫が甘える時はどのような姿が見られるのか、猫が甘える仕草が分かる動画とともに紹介します。

8481view

猫が飼い主に甘える時にする5つの行動

膝の上で甘える猫
  • 猫が甘える時の仕草:スリスリ
  • 猫が甘える時の仕草:ゴロゴロ
  • 猫が甘える時の仕草:お腹をみせる
  • 猫が甘える時の仕草:高い声で鳴く
  • 猫が甘える時の仕草:ふみふみ

猫が甘える時は、体を思いっきりこすりつけたり、ゴロゴロと鳴いたりします。それは、飼い主に猫が甘える気持ちを表現している証拠です。

「かまってほしい」「寂しい」などの気持ちを伝えたいために行っているので、以下のような猫が甘える仕草を見たら、猫にかまってあげることをおすすめします。

猫が飼い主に甘える仕草1:体をすりよせる

猫が甘える仕草には、顔やからだを飼い主にこすりつけてくる行動をよくします。猫が甘える時は、自分のにおいを飼い主につけ「ご主人は私の物だにゃ!」という意味がこめられています。

猫が甘える時自分の頬を擦りつけてくる理由として、猫の顎や頬には分泌腺とよばれる自分のにおいを出す部分があります。

猫が甘える時は、スリスリをする事によって、「この飼い主は自分だけのものだ」とマーキングしたり、自分のにおいを相手に共有したりすることで飼い主に好意を伝えようとしているのです。

上記の動画では、ソマリが飼い主さんの膝に向かって、顔をスリスリとこすりつけて甘える仕草を見ることができます。

飼い主に猫が甘える仕草②:ゴロゴロと鳴く

猫が甘える時はゴロゴロと喉を鳴らします。猫を撫でている時や猫の方から飼い主に寄ってきて、ゴロゴロと鳴いているのは甘えから来るものです。

猫は、甘える時、機嫌が良い、お腹が空いている、リラックスして安心しているなどの理由から、ゴロゴロと喉を鳴らす習慣を持っています。本来であれば、猫は子猫の時のみ母猫に甘える際、ゴロゴロと鳴きます。

しかし、飼い主を親代わりと思っており子猫気分でがずっとぬけない猫だと、成猫になってからもゴロゴロと甘えることがあるのです。

上記の動画では、高性能マイクで猫のゴロゴロ音を録音しています。飼い主さんにナデナデされながら、大きい音量でゴロゴロ鳴く猫の姿を楽しむことができます。甘える猫ちゃんって本当にかわいいですよね。

猫が飼い主に甘える仕草③:前足をフミフミしている

猫が甘える時は、前足を使って毛布や飼い主などをふみふみする事がよくあります。飼い主の膝の上などに乗って、前足をフミフミするように動かしている行動も猫が甘えるサインです。

猫が甘える時ふみふみするのは、子猫は母猫から母乳をもらう時、母猫の乳をフミフミとして飲む習性があるからです。乳離れした後もこのような行動が見られる場合、子猫だった時のことを思い出して行っている可能性があります。

母猫に甘えるように、飼い主に対しても甘えたいと思って、このような行動が出るといわれています。

上記の動画では、甘える猫ちゃんが毛布の上でフミフミする猫のしぐさが見られます。時々「にゃあ」と甘えたような声で鳴きながらフミフミする姿がとても可愛らしいです。

猫が飼い主に甘える仕草④:お腹を見せてゴロンと寝転がる

猫が甘える時は、よくお腹を飼い主の方に向けてゴロンゴロンする事が良くありますね。飼い主の前でお腹を見せてゴロンと転がる姿も甘える気持ちを表現しています。

猫が甘える時お腹をみせるのは、お腹は猫にとって弱点でもあるのですが、その部分を大っぴらに見せているということはリラックスしている証拠です。普通の猫はお腹を他人に触られることも嫌がる傾向にあります。

上記の動画では、猫の甘える仕草、お腹を見せて転がる様子が見られます。飼い主がお腹を触っても嫌がる素振りを全く見せていないあたり、とてもリラックスしていることが伺えます。

猫が飼い主に甘える仕草⑤:高い声で鳴く

猫が甘える時、「にゃあ」といつもより高い声で鳴く事があります。猫が高い声で飼い主に何かを訴えている時は、少し甘えモードに入っている可能性があります。

猫が甘える時高い声を出して鳴いている時は、空腹や遊びたい欲求を訴えたい時です。猫が甘えるように飼い主を見ながら高い声で鳴いている場合は、すぐ対応してあげることによって、猫との信頼関係をさらに築きやすいです。

上記の動画では、猫が甘えたような高い声で鳴いている様子が見られます。ごはんをねだっているのか、たくさん鳴いている様子に、きっとキュンキュンすること間違いなしです。

猫同士で甘える時もある

二匹の猫

ここまで、飼い主に対して甘える仕草について紹介しましたが、猫同士で甘える姿が見られることもあります。多頭飼いをしていて、子猫の時から他の猫がいた場合は、猫同士の信頼関係も生まれやすいため、甘える様子が見られることがあります。

猫同士で甘える

こちらは、年上の猫に対して子猫が甘えている動画です。ペロペロとグルーミングをしてあげたり、くっついて甘える様子が見られます。

猫は飼い主を信頼していると甘える事がある

膝の上の猫

猫が甘える相手、それは母猫や飼い主さんです。猫が飼い主や他の動物に対して、心を開いて信頼している場合、甘える態度をとる時があります。

猫が甘える時にとる仕草はどれも独特で、とても可愛らしい行動を見せてくれるのです。

まとめ

寝転がる猫
  • 猫が甘える時はスリスリしてくる
  • 猫が甘える時は、喉をゴロゴロ鳴らす
  • 猫が甘える時はお腹をみせてゴロンと寝転ぶ
  • 猫が甘える時は、いつもより高い声で鳴く
  • 猫が甘える時は、毛布などをふみふみする

今回は猫が甘える時に、どのような仕草を見せるのか、実際にその様子が分かる動画と一緒にご紹介しました。猫が甘える時の仕草について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

猫の性格にもよるため、信頼関係ができているからといって必ず甘えるとは限りません。

なので、もし飼い主に対して甘える姿が見られた時はラッキーです。信頼関係をさらに築けるように、猫への愛情を引き続き注ぎましょう。

人気のキーワード