猫が添い寝してくる時の5つの気持ち

猫が添い寝してくる時の5つの気持ち

猫を飼ったら、添い寝に憧れる方も多いのでは?しかし、添い寝をしているときに噛むという猫もいます。猫が添い寝をしてくるのは、飼い主さんが好きだからなのですが、調べてみると他にも理由がありました。

5828view

猫が添い寝してくる時の心理

ベッドで眠る猫

甘え、安心

猫が添い寝してくる時は、飼い主さんを母親のように感じています。子猫の頃のように、母猫がそばにいてくれることで安心して眠ることができるので、飼い主さんに添い寝をしてくるのです。成猫になっても、甘えたいという気持ちもあるでしょう。

信頼

猫の寝る場所には意味があり、「飼い主さんに対する信頼の度合いが分かる」と言われています。添い寝をしてくれる時点で信頼をしていますが、猫が添い寝する位置が飼い主さんの顔に近いほど信頼しているという説があるのです。さらに、飼い主さんの体の上で寝る猫は、自分の方が立場が上だと思っているという説もあります。別の言い方をすると、独立心が強く、大人っぽい性格の猫は眠りを邪魔されないように足元で眠ります。反対に子どもっぽい性格の猫は顔の近くで寝る、とも言えます。股の間で寝る猫もいますが、その理由は囲まれた場所が好き、邪魔されずに眠れる、ということのようです。

縄張り

縄張りの中で生活をする猫は、室内にも縄張りという意識があります。飼い主さんが寝る場所も自分の縄張りであり、自分と飼い主さんの間に侵入者が来ないように、添い寝をすることがあるのです。また、「自分のもの」である飼い主さんを守るために近くにいたがる猫もいます。

快適な温度

猫が添い寝するのに、人間の傍が一番快適な温度であったということもあります。冬に布団に潜り込んで寝るのは、飼い主さんにくっついて寝ると暖かさが逃げないためです。また夏になってもくっついて寝る猫もいますよね。猫は人間よりも平熱が高いため、飼い主さんにくっついていると、程よくひんやりすると思っているのかもしれません。

習慣

子猫の頃から添い寝をしていたため、「ここが自分が寝る場所」と認識していることがあります。一緒に寝るときは腕枕と決まっている猫もいますよね。

猫と添い寝をする時の注意

ベッドで飼い主のお腹の上で寝そべる2匹の猫

子猫

子猫が添い寝する場合に気を付けたいのは、飼い主さんが寝返りをして下敷きになってしまう危険です。大人の猫は添い寝をしていて、飼い主さんが寝返りをすれば安全な場所へ動いたり、自由に布団から出ていくことができます。子猫と寝るときは寝不足になってしまうかもしれませんが、十分注意するか、寝るときはケージにいれるなど安全対策を考えることが必要です。

トイレ

ふわふわとした布団で、トイレやマーキングをしてしまう可能性があります。特に羽毛布団をトイレ認定する猫が多く、その理由は、カサカサという音や、羽毛からする鳥のニオイ、ふわふわとした感触のためだそうです。掛け布団、敷布団などには防水カバーを付けておくと安心かもしれません。

習慣

猫によっては添い寝で飼い主さんの顔や胸、お腹などに乗ることがあります。子猫のうちはそれで問題なくても、成猫になったときに重くて眠れないなんてこともあるのです。飼い主さんにとっては、それはそれで幸せかもしれませんね。

健康

猫が添い寝をしてくれるのは、飼い主さんを信頼しているからですが、健康についても考えなければなりません。アレルギー体質の方は猫アレルギーを発症する、悪化するという危険があります。また、猫が持っている寄生虫や菌、ウイルスが人間に悪影響となる場合があるのです。

猫が添い寝をしている時に噛む理由と対処法

人の手に噛みついてじゃられる猫

添い寝をしている猫が足や腕などを噛む場合に多い理由が、飼い主さんに何かを訴えているということです。添い寝をするほど信頼しているので、猫は飼い主さんを兄弟猫のように感じているかもしれません。「遊ぼう」と誘っている可能性があります。はだしの足の指をおもちゃのように感じて遊んでいるのかもしれません。また、明け方に噛むようなら空腹を訴えているのかもしれません。

添い寝をしているときに噛まないようにするには、十分に遊ぶ時間を確保してあげることです。飼い主さんとの遊びや運動に満足すると、夜は静かに寝るようになります。可能なら猫をもう一匹増やすことも方法の一つです。運動量が増えてストレスが減るかもしれませんが、経済面や猫同士の相性もあるので慎重に考えなければなりません。

また、ごはんの回数や量、与える時間を見直すことも有効となる場合があります。運動量や食餌を見直しても噛む場合、猫が噛んだ時に飼い主さんが反応することで、遊んでいると思っている可能性があります。猫がちょっかいを出してきても相手にしないことを続ける必要があります。

猫が添い寝をしなくなった

窓際で眠る猫

猫が添い寝をしなくなった場合は、以下のような理由が考えられます。

  • 猫の体調が悪い
  • 飼い主の様子(体調不良など)をうかがっている
  • 信頼関係が崩れる出来事があった
  • 柔軟剤やたばこなど猫が嫌いなにおいがする
  • 暑い
  • 他に気に入った場所を見つけた
  • 飼い主の寝相が悪い

なぜ添い寝をしなくなったのかは、猫を観察してみないとわかりませんが、体調が悪いことを隠していることもあります。食欲やトイレなどチェックが大切です。添い寝していたころと何か違うことがないか確認しましょう。

まとめ

ベッドで寝そべる猫

猫が添い寝してくるときの気持ちをまとめてみました。性格によっては添い寝をしない猫もいますが、飼い始めてから何年か経ち一緒に寝るようになったという話もあります。また、添い寝の注意点や、噛むといった行動から、別々に寝ることも必要です。

添い寝をすること自体、猫が飼い主さんを信頼しているということですが、寝る位置に意味がある言われています。猫がどのように思っているのか気になりますね。どんな気持ちで猫が添い寝をしてくるのか探ってみてはどうでしょう。

人気のキーワード