猫のふぐりとは?マニアが急増している理由

猫のふぐりとは?マニアが急増している理由

概要

  • 猫のふぐりとは睾丸の事
  • ふぐりの丸っこい形と被毛に覆われたフワフワ感、去勢されたオス猫が増えたことによるプレミア感が人気の理由
  • 不用意に触ると怒られるので、そっと優しく触れるようにし、嫌がったら即止める

猫のふぐりを、ご存知ですか?聞いた事あるけど、何だっけ?という方も多いかもしれません。猫のふぐりは、実はマニアが増えているという秘蔵の猫の体の一部です。なぜ今、マニアが急増しているのか、人がマニアになってしまうふぐりとは一体何かなど、お伝えしていきます。文末にはふぐりミニ写真館もあります!是非最後まで、猫ふぐりを楽しんでいってくださいね。

2014view

猫のふぐりとは?

ふぐり1
  • 猫のふぐりとは睾丸の事
  • 猫のふぐりは生後20日ほど経つと出てくる!

猫のふぐりとは、いわゆる「睾丸」の事です。未去勢のオス猫では、お尻を見るとぷくっとしたふぐりが付いているのが分かります。

ふぐりの中には精巣が入っていますが、産まれてすぐの子猫はまだ精巣が降りてきておらず、ふぐりの膨らみを確認する事はできません。

生後20日ほど経つと、精巣がふぐりの中に降りてくるので、ぷっくりとした膨らみが見えてきます。それにより、子猫の性別を見分けることができます。

猫のふぐりが下りてこない時

もし産まれてからある程度日数が経っているのに精巣が降りてきていない、または2つあるうちの片側だけしか降りていない、という場合は「停留精巣」という病気です。

放置すると降りなかった精巣が腫瘍化したり、腹痛を引き起こしたりしますので、受診して処置をして貰った方が良いでしょう。

猫のふぐりが人気な理由

ふぐり2

一見嫌煙されそうな猫のふぐりですが、実はマニアがいます。と言うのも、猫のふぐりはもふもふの被毛に覆われており、とても可愛らしいからです。「鈴カステラ」と呼ばれることもあります。

猫のふぐりの丸っこい形とふわふわ感が人気の理由で、ハマってしまう人が多いのだとか。思わず触りたくなってしまうその魔力に、取り憑かれてしまうのかもしれません(笑)。

猫のふぐりは、「究極の癒し」とも言われています。

去勢したオス猫はふぐりを持っておらず、飼い猫はほぼ、去勢していますので、ふぐりのプレミアム感も人気を後押ししているのかもしれません。繁殖を予定しているオス猫か野良猫でないと、中々実物のふぐりを見ることはできません。

野良猫も最近ではTNR活動という活動から、去勢手術を受ける猫が増えています。ですから、ふぐりマニアからすると猫のふぐりはお宝ですし、それを持つオス猫は、神に等しく見えるのではないでしょうか?

猫のふぐりは触っても良い?

ふぐり3

ふぐりは猫にとって、とても敏感な部分です。不用意に触ると怒られる可能性がありますので、ご注意ください。もし触らせてくれる猫がいた場合は、そっと優しく触れるようにしてください。

ふぐりをギュッと強く掴んだり、引っ張ったりするのはご法度です。猫が嫌がれば、攻撃してくる事も考えられます。自分が流血してまで、触るのはどうかな、と思います。

どうしてもふぐりに触りたければ、まずは本当にそっと触れてみて、猫の様子を確認しましょう。その時点で嫌がれば、もう触らない方が良いでしょうし、嫌がらなくても様子を見ながら、慎重に触りましょう。途中で嫌がるようでしたら、即座に触るのを止めてください。

実物の猫のふぐりがなくても堪能できるアイテム

猫のふぐりの写真集「にゃんたま」

にゃんたま
1,080円(税込)

商品情報
・もふもふ、かわいい。ちょっと、はずかし。
・はじめてのかわいいオスネコ“たまたま"写真集!

実際に猫のふぐりに触らなくても、あの世界観を楽しめるアイテムがあります。それが、丸々一冊猫のふぐりばかりが載った写真集、「にゃんたま」です。

にゃんたまは2016年に発売されました。芳澤ルミ子さんと言う、猫の撮影を中心に活動されている、カメラマンによる写真集です。表紙もふぐり、もちろん中もふぐり、96ページ全部、猫のふぐりオンリーです(笑)。

中にはふぐり一覧が見開きになったページもあり、人前で開くのにはさすがに、抵抗を感じるかもしれません。正に、ふぐりマニア向けの「にゃんたま」写真集。

身近にふぐりを見せてくれる猫がいなくても、好きな時に心おきなくふぐりを愛でられる、オススメアイテムです!

ふぐりアイテムは他にも、ストラップやポーチなどで見かけます。手作り猫グッズが販売される猫イベントなどに出向くと、レアなふぐりアイテムが手に入るかもしれません。探してみてください。

猫のふぐりミニ写真館

少しですがせっかくですから、猫のふぐりを楽しんでいってください!

ふぐり5

スタンダードなショットです。野良猫さんでしょうか?堂々とした立ち姿ですが、まるっとしたふぐりが、キュートさをプラスしています。後ろ姿は、ふぐりが写るベストなアングルです。下から見上げるようにして撮るのも、かなりふぐり感(?)が強調されて、良いアングルだそうです。

ふぐり6

もにょっとした感触が伝わってくる1枚です。鈴カステラと呼ばれるのが、良く分かりますね。とても美味しそうです。1個300円!?

ふぐり7

大胆な姿勢で、ふぐりが丸見えです(恥)。被毛の色を同じカラーのふぐりですね。猫の中には、被毛と違うカラーのふぐりを持つ子もいるそうです。体の色とふぐりカラーを、比較して観察するのも、これまた一興です!

ふぐり8

横見えふぐりです。きょとん顔とチラ見えふぐりが印象的。これはドンスコイという無毛の猫種ですが、ふぐりも無毛なようです。

まとめ

振り向く白猫

猫のふぐりには、意外な魅力があるのですね。

その何とも言えないフォルムと、ふわふわとした被毛の雰囲気には確かに、独特の味と深みがあります。猫の殺処分ゼロに向けて、飼われる猫の数は増えているものの、刻々と減って行く猫のふぐり(ω)。

希少価値となるのも、時間の問題かもしれません。今のうち目一杯、ふぐりを愛でておきましょう!

40代 女性 ひつじ

猫ちゃんのふぐり、私も可愛いので好きです。長毛種の猫ちゃんのふぐりと毛が短い猫ちゃんのふぐりはまた手触りが違いますよね。抱っこしたときに腕に触れますと気持ちがいいです。
実家の猫ちゃんは、去勢していない猫ちゃんが1匹いてるのでふぐりをよく眺めて可愛いなぁと見とれています。その猫ちゃんは、長毛種の猫ちゃんなので、たくさんの毛におおわれていてなんとも、貴重な眺めです。
猫ちゃんのふぐりが人気を集めているとは知りませんでした。
実家の猫ちゃんももうすぐ、去勢手術をする予定なので、手術をしてしまうと、ふぐりを眺められたくなるので残念です。猫ちゃんの種類によっていろんな柄のふぐりがありますものね。
人気のキーワード