猫がお風呂嫌いな理由とは?治す方法やシャンプーする時のコツ

猫がお風呂嫌いな理由とは?治す方法やシャンプーする時のコツ

猫はお風呂に入ることを嫌う傾向にあります。この記事では、お風呂嫌いな猫をうまくシャンプーするコツや、克服する方法について紹介します。

2690view

猫がお風呂嫌いな理由

シャワーしている猫
  • 猫が風呂嫌いな理由:砂漠地帯で生活をしていた歴史があるから
  • 猫が風呂嫌いな理由:猫の毛は水に濡れやすく乾きにくいから

風呂嫌いな猫は非常に多いです。猫をお風呂に入れて洗おうとしたら暴れだした、嫌がってしまい上手く洗えなかったという飼い主さんは少なくありません。

猫が風呂嫌いになったルーツ

風呂嫌いな猫が多い理由は、猫のルーツや習性が関係しています。猫の祖先にあたるリビアヤマネコは砂漠地帯で生活をしていました。砂漠は昼間だと暑いですが、夜になると一気に冷え込むため、寒暖差の激しさが特徴的です。

水を浴びてしまうと夜、気温が下がった際にからだが冷えてしまう可能性があり、からだが濡れることを嫌がる性質を持っています。そもそも、砂漠には水が少ないため思いっきり水浴びをする機会はあまりないです。

また、水を浴びなくとも毛づくろいを行うことによって、からだを清潔に保つことができるのです。そのような習性を祖先から受け継ぎ、猫の本能として刻まれていることが、風呂嫌いに繋がっているのではないかといわれています。

お風呂嫌いな理由と猫の毛質の関係

また、犬の場合は水をはじく毛をしているので、シャンプーをした後もスムーズに乾かしやすいのですが、猫の毛は水に濡れやすく乾きにくいといった特徴を持っています。毛が乾くまでの時間もかかり、その間体温を奪われてしまうので、猫にとってシャンプーはデメリットが多いのです。

猫によってお風呂への拒絶具合も違う(動画)

この動画では、6匹の猫をそれぞれお風呂に入れようとするのですが、6匹中お風呂に入れたのは1匹だけです。やはり多くの猫は風呂嫌いの傾向があるということが分かりますし、風呂嫌いな猫を洗うことは難しいということが伝わってきます。

ただし、風呂嫌いの度合いは猫によって違い、お風呂場に猫を連れていった途端に猛ダッシュで逃げる猫もいれば、ゆっくりと逃げ出す猫、特に嫌がるそぶりは見せずおとなしくシャンプーされる猫など、リアクションがさまざまです。

お風呂嫌いな猫をシャンプーする方法

お風呂セットと猫

風呂嫌いであってもそうでなくても、大きな汚れがなければ基本的に猫をシャンプーする必要はありません。しかし、シャンプーをしないと取れないような汚れがついてしまった場合は以下のような手順でシャンプーをすると、比較的スムーズに洗えるのでおすすめです。

風呂嫌いな猫がいる場合は、ぜひ参考にしてみてください。

最初にお湯で体を濡らす

猫は顔が濡れることを特に嫌い風呂嫌いになります。そのため、猫のからだを濡らす際は手を使ってそっとお湯をかけるなど、できるだけ怖がらせないようにしましょう。

猫用シャンプーで洗う

シャンプーは猫用のシャンプーを使用します。人間用のシャンプーを猫に使用してしまうと刺激が強すぎてしまうので注意しましょう。シャンプーを指につけて、そのまま指を使ってやさしく猫のからだを洗っていきます。猫は尻尾や手足を触られることが苦手なため、どうしても洗わなければいけないなどの理由はないのであれば、尻尾や手足を洗う必要はありません。

シャンプーを洗い流す

シャワーしている猫

シャンプーを洗い流す際も、やさしくお湯をかけるように注意しましょう。ただし、すすぎ残しがあると猫が残ったシャンプーを毛づくろいの際に舐めてしまうので、すすぎ残しがないように丁寧に流すことも重要なポイントです。

乾かす

ドライヤーを持つ猫

猫が風呂嫌いになる理由に、ドライヤーを嫌がる場合があるので、最初にタオルドライをする方法をおすすめします。いきなりドライヤーで乾かしてしまうと、さらに風呂嫌いになってしまう可能性があります。ドライヤーが平気な猫の場合でも、ドライヤーの温風は弱に設定し、火傷をしないよう一定の距離を保った状態で乾かしましょう。猫の体を乾かす時はなるべく早く乾かし体温が下がらないように気をつけましょう。

猫のお風呂嫌いを治す方法

お風呂場にいる猫

猫の風呂嫌いを克服する方法はいくつかあります。工夫をすることによって克服できる猫もいれば、どう工夫しても風呂嫌いが治らない猫もいますが、風呂嫌い克服のためにひとまず試してみる価値はあります。

お風呂嫌いを治す方法:寒い日にお風呂へ入れる

ラベンダーのお風呂に入る猫

寒い日に猫をお風呂に入れることにより、「お湯につかることは温かい」「お風呂は気持ち良い」と猫が感じることがあります。ただし、寒い日にお風呂へ入れる場合は、お風呂から上がったあとに湯冷めしやすいので、からだを乾かす際は暖かい場所で、できるだけ早いスピードで乾燥させましょう。

お風呂嫌いにならないため慣れさせることも大事

女性とお風呂場にいる猫

猫は記憶力のよい生き物です。そのため、「お風呂=怖くない場所」と記憶させるとお風呂嫌いを治せる可能性があります。お風呂場に慣れさせるために、定期的にお風呂場を見せてあげたり、お風呂場でおやつを与えてみたりなどの工夫をしてみましょう。

まとめ

ピンクのお風呂で洗われている猫

猫をお風呂に入れる際に、できるだけ怖がらないことがお風呂を好きになってもらえるポイントといえます。
特に、生まれて初めてお風呂に入れる際は重要で、初めてのお風呂が猫にとって最悪の印象になってしまうと、風呂嫌いになる確率は高くなります。

もし、すでに風呂嫌いになってしまっている猫を飼っている場合は、不必要にお風呂へ入れなくてよいです。しかし、どうしてもお風呂に入れる必要がある時は「お風呂は怖くない」と思ってもらえるような工夫を取り入れて、風呂嫌いを克服できるようにしてみましょう。

40代 女性 しほ

猫ちゃんをシャンプーするのは、すごく大変ですよね。
でも、素早くしてあげることが鉄則となります。お湯は足から順番にかけてあげてシャンプーをします。爪を立てずに指の腹で優しく洗ってあげましょう。そして、すすぐときは素早く、でもシャンプーが皮膚に残らないように流してあげなければなりませんね。後で皮膚トラブルにならないように注意が必要です。最後に乾かすときには手足の指の股までよく乾かしましょう。我が家も汗をながしながら大仕事です。
人気のキーワード