ポチにタマ、愛称の由来に納得!最新名前ランキングも注目です★

ポチにタマ、愛称の由来に納得!最新名前ランキングも注目です★

ポチー!タマー?と聞こえると、近くに犬や猫がいるのかな?と未だに振り返ってしまう位、知名度の高い犬猫の名前。ポチと呼ばれる「猫」、タマと呼ばれる「犬」には、慣れるまでに時間が掛かるかもしれません。それほど認識度の強い名前の由来、ご存知ですか?

1972view

ポチタマならぬ、プチ玉だった!

猫と犬をかかえる女の子

犬の名前の定番「ポチ」という語源は、漢字に表すことが出来ない通り、西洋から入ってきた言葉です。

犬の場合、英語でまだら模様を ”パッチ” と発音します。日本では、犬の毛色で名前を呼ぶ習慣があった様で、パッチを=ブッチ(ブチ)と聞き違え、さらに言葉が変化して”ポチ”になった説や、英語の俗語で犬を意味する、Petitpooch(プーチ)から来ているとも言われています。

個人的には、もうひとつの説で挙がる、「小さい・可愛い=プチ」がポチに変化した事を押したいです。また、その他にもチェコ語で「ポチェ=来い・おいで」からのポチ説もあり、様々な由来が存在しています。

猫の名前の定番「タマ」にも諸説あります。現在は飼い犬より飼い猫の数が勝る!とも言われるほど、日本で多くの猫が暮らしていますが、昔は猫がとても珍しい存在でした。

その為、猫を貴重な「宝玉」を表し、タマと呼んだり、玉でじゃれて遊ぶ姿が可愛い事や、玉のように丸まって眠る事から、愛称に繋がったとも言われています。

その他、神秘的=魂・霊=タマ、からの連想や、”おたまさん”と、女性の名前から付けられて広まった説に加えて、世田谷にある招き猫発祥と言われる、豪徳寺で飼われていた猫 ”タマ” が流行した等も、説としてあります。

  • 犬は、猟犬や番犬として家を守って貰う存在として。
  • 猫はネズミなどの害獣駆除要因に加え、珍しい存在として。

どちらも今とは少し違った形で活躍をして来た身近な存在ですが、重宝されていた事に変わりありません。

ポチにタマ、その名前が付いた犬や猫は、少なくなったなと感じます。我が家の愛猫達にも、タマはいませんが、現在は家族として、想いや意味を込めて付けられた名前がたくさんです。その、犬猫の名前ランキングが毎年発表されるようになったのも、時代の変化だな、と感じます。

犬・猫の名前ランキング!

猫と桃

人同様にペットの保険が当たり前になりつつある世の中です。この、ペット保険を扱うアニコム損害保険会社では、

  • 犬は11月1日(犬の日)
  • 猫は2月22日(猫の日)

に、名前調査を実施し、その後発表しています。

2017年、第13回猫部門
総合第一位は・・・『ソラ』に決定!

また、
男子部門 第一位・・・『レオ』
女子部門 第一位・・・『モモ』
と、各部門10位までのランキングとなっています。

2017年、犬部門は11月1日、これからの発表となるので、前年度になってしまいますが

2016年 犬部門
総合第一位・・・『ココ』

男子部門 第一位・・・『レオ』
女子部門 第一位・・・『モモ』

となっています。昨年の犬部門と、今年の猫部門、男子と女子の第一位が同じな事に、名前の流行の大きさに驚きますね!このお名前ランキング、『レオ』&『モモ』の1位君臨は、ここ数年維持されていて、親しまれている事も感じられます。

その他のお名前ランキングや品種ランキングが気になる方は、公式HPをご確認ください♪

▼アニコム損害保険会社
https://www.anicom-sompo.co.jp/

ランキングの他、保険の説明も分かりやすいサイトです!

まとめ

犬と猫

ポチ・タマから始まって、ソラにココ、レオにモモと、世の中の流れに乗って素敵な名前が誕生している事に、平和を沸々と感じます。ポチ、タマと言う犬猫を代表する名前は、この先も世の中から忘れられない名前で、犬猫の歴史の1つとして、この先も語り継がれて欲しいです。

これから家族として犬や猫を迎える際には、ポチや、タマを候補に入れてみたり、ランキングを参考にしてみたりすると、家族の会話も更に幅が広がる事でしょう♪

スポンサーリンク