猫の『丸まり方』で判定する心理状態3つ

猫の『丸まり方』で判定する心理状態3つ

猫が丸まっている姿はかわいいですよね。実は丸まり方によって猫が感じていることがわかるんです。猫が何を思っているのかわかれば、より猫と仲良くなれるかもしれませんよね。

1483view

1. ギュッと丸くなっている

丸くなる灰色の猫

猫が体をギュッと丸くしているときは、完全に安心していない状態です。体を丸くしていますが、すぐに動き出せるように前足も後足も足の裏は地面に着いています。ですが、体を丸くしていても足の裏を地面につけずに伸ばしているときは、すぐに動けないので安心している心理状態と言えるでしょう。

また、体がすっぽり入るような狭い場所で猫が丸くなって寝ている時も安心しています。これは、猫にとって狭い場所は、敵に襲われないように隠れられて安心できる場所だからです。

丸くなっているときは、気温もわかります。猫がギュッと丸くなっているときは、気温が低く寒いと感じていて、15℃以下でしょう。

2. 前足を折りたたんで丸くなる

香箱座りする猫

折りたたんだ前足を体に下にして丸くなる姿は「香箱座り」と呼ばれています。この丸まり方のとき、後足の裏が地面に付くようになっていますが、前足の裏は折りたたまれすぐに動けない姿勢となっているため警戒をせず落ち着いた心理状態です。

猫が目を閉じて香箱座りをしていても、熟睡ではなくウトウトするくらいです。我が家の猫も、香箱座りをしているときは、目を閉じていても物音には反応しています。

体調が悪い時に香箱座りでずっと丸くなっていることがあります。食欲や元気など普段と違う様子があれば、動物病院を受診しましょう。香箱座りをしているときは、気温は低めのときが多いようです。

3. お腹を見せて丸くなっている

仰向けになって寝る猫

お腹を見せるように丸くなって寝ているとき、猫は安心しています。気温がおよそ18℃より高くなっているとみられます。

ギュッと丸まっている姿で、気温が高くなると、だんだん体が伸びてきて、さらに気温が高くなると仰向けの「ヘソ天」という姿に変わります。この時の気温は22℃以上、暑い時もこの姿がみられます。ヘソ天をするのも安心している心理状態です。お腹は弱点なので、それを見せられるほどに安心しているということです。また、警戒心がほとんどないといった猫の性格によってもヘソ天をよくすることがあります。

まとめ

茘枝(らいち)

猫を見ていると、いろいろな姿勢でいますよね。丸くなる姿にも種類があり、丸まり方によって気持ちの違いがあったり、気温の違いがあったりするんです。ギュッと丸くなって目を閉じていても警戒していたり、お腹を見せるように丸くなっているときは暖かいと感じていたりします。愛猫や、訪問したおうちの猫さんの丸まり方を観察して、どんな気持ちでいるのかチェックしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク