ダイクロイックアイとは?原因と種類、オッドアイとの違いや値段・価値などを解説

ダイクロイックアイとは?原因と種類、オッドアイとの違いや値段・価値などを解説

猫の「ダイクロイックアイ」、ご存知ですか?あまり聞きなれない言葉ですが、正に奇跡的な猫の目なのです。どのように奇跡的なのか、ダイクロイックアイについて詳しく見ていきましょう。アニメのキャラクターに良く出てくる「オッドアイ」との違いについても、お伝えしていきます!

60793view

ダイクロイックアイとは?

ダイクロイックアイは片目が2色に分かれている目

猫のダイクロイックアイとは、1つの目の中ではっきりと、2色に分かれている目のことです。ダイクロイックアイには、瞳の周りに指輪のように異なるカラーがでる中心型虹彩異色症と、1部分が異なる色になる扇型虹彩異色症の2パターンがあります。

ダイクロイックアイはとても珍しい

オッドアイの猫

ダイクロイックアイの場合、2色の色の間がグラデーションになっているのではなく、はっきりと分かれています。とても稀で非常に美しい、猫の目の色です。

ダイクロイックアイは猫の目の中でも非常に稀で、もし見かけたら相当幸運だと思って良いでしょう。

必ず先天的なものとして、ダイクロイックアイは発現します。後天的なダイクロイックアイはありませんので、もし突然愛猫の目がダイクロイックアイになっていたら、動物病院を受診した方が良いでしょう。

猫がダイクロイックアイになる原因と種類

なぜ猫の目が摩訶不思議なダイクロイックアイになるのか、気になりますね。その原因を、お伝えしましょう。

中心型虹彩異色症

Célès

2種類のダイクロイックアイのうち、中心型虹彩異色症は例えば、グリーンの目の周囲をイエローが覆っている、というイメージのものです。これは、キャットショーに出す為の猫の交配の失敗、と考えられています。

扇型虹彩異色症

Multi-colored eyes cat

もう1つの扇型虹彩異色症は、例えば目の真ん中でグリーンとブルーの2色にはっきり分かれている、いわば2色丼のようなイメージです。この目は、白猫でたまに見られる為、白猫遺伝子が虹彩の一部にのみ働いた状態だと考えられます。

白猫遺伝子

白猫遺伝子が両目に働きかけた場合、左右対象のダイクロイックアイとなります。

目の色は、瞳の周りにある虹彩のメラニン色素の沈着具合によって決まります。メラニン色素が少ないとブルー系に、中間はヘーゼル、多いとカッパーになります。

この事から、1つの目の中に2色の色が混在する、ということは、目の中でメラニン色素の量が異なっている、と言うことになります。猫の目の色は、被毛の色とはリンクしない場合が多いのですが、ブルーだけは被毛の色にリンクしています。

ダイクロイックアイとオッドアイの違い

オッドアイの猫

目の中の色が単色か2色か

猫でたまに見かける、オッドアイ。オッドアイとは、左右で目の色が異なっている目のことです。日本では昔から「金眼銀眼」と言って、縁起が良いとされてきました。

一方ダイクロイックアイは、1つの目の中に2色がある目の事ですから、オッドアイとは異なります。

ダイクロイックアイとオッドアイ両方ある場合もある

片方だけがダイクロイックアイになっている場合もあります。この場合はオッドアイ+ダイクロイックアイと呼べば良いようです。オッドアイとダイクロイックアイの猫では、合計で3色の目の色を持っていることもあるようです。

例えば、右目が単色のグリーン、左目がブルーとイエローのダイクロイックアイと言ったイメージです。本当に、猫の世界は神秘で溢れています。

ダイクロイックアイの猫の値段・価値

MiA the cat with the two-colored eyes

ダイクロイックアイの猫は、購入する場合、どのくらいの価格になるのでしょうか?調査したところ、ダイクロイックアイ自体がとても希少なので、販売されているのを確認できたのはたった1匹。無毛で知られる、スフィンクスのダイクロイックアイの子猫です。普通の目のスフィンクスの子猫が30万円程度なのに対し、ダイクロイックアイの子猫は、なんと70万円近い価格で販売されています。

一方、同じく人気の高いオッドアイの猫は、その眼の色は価格にあまり反映されないようです。オッドアイも珍しい猫ですが、比較的発現率が高く、高額になるようなことはないのでしょう。オッドアイという個性的な猫でも、相場価格で購入できるのは嬉しいですね。

まとめ

多くの種類がある猫の目の色。どの色もとても綺麗ですが、ダイクロイックアイには希少性もあり、この世の物とは思えない美しさがあります。

リング状(中心型虹彩異色症)のダイクロイックアイは、ブリードの失敗から生まれたといわれていますが、その美しさは神秘で満ち溢れています。

人に癒しだけでなく、芸術品を見た時のような感動さえ与えてくれる、ダイクロイックアイの猫。もし実物を見ることができた人は、とても幸運だといえるでしょう。

投稿者

40代 女性 さおり

我が家の猫ちゃんは、オッドアイなのですが眼球が2色になるダイクロイックアイというのは、知りませんでした。
病気の一種だとは知りませんでしたので、勉強になりました。
生まれつきだということですね。他に障害がなければ問題がないのですが、病気が出てきたりすることも多いらしいので、注意が必要ですね。
投稿者

50代以上 女性 える

2か月前に車のエンジンルームの中から保護された子猫の目が不思議な色をしていたので探したらここにたどり着きました。白地に少しの黒が入ったボブテイルのにゃんこ...瞳の半分がブルー、もう半分が薄いイエローです。ダイクロイックアイ、ちゃんと名前があったのですね。キトンブルーからの変化の途中なのか、病気なのか、遺伝なのか悩んでいたのが、解決しました。まだ、子猫なのでどの様になるのかとても楽しみです。

スポンサーリンク