猫の目の色が違う「オッドアイ」原因や特徴

猫の目の色が違う「オッドアイ」原因や特徴

猫の目の色が違うオッドアイと言う目をもつ猫がいます。左右の目の色が違う猫が産まれるのは、どうしてなのでしょうか?また、オッドアイの猫と呼ばれる原因やオッドアイになりやすい猫の特徴を紹介してみたいと思います。

967view

猫の目の色が左右で違うオッドアイとは?

左右の目の色が違う白猫の顔

オッドアイとは?

オッドアイとは、左右の目の色が違うことから「虹彩異色症」と言われています。
日本で見られるオッドアイの猫は、青色と黄色の透き通った美しい目の色が特徴です。
また、組合せには、片目が青色、片目は橙色、茶色、緑色ということもあるそうです。
オッドアイのように、目の色の違いは人間にもある現象ですが、特に犬や猫に多いそうです。

オッドアイの猫が産まれる原因

猫の目の色が違うオッドアイになる原因は2パターンあり、先天性と後天性だと言われています。
つまり、産まれたときから左右の目の色が違うか、病気や事故から左右の目の色が変化するパターンに分けられるということです。

先天性と言う猫の左右の目の色が違うのは、遺伝によるものとも言われています。
猫の毛の色は、メラノサイトと言われる色素細胞の量から異なります。色素細胞の量が抑制させることにより、猫の目にも色素が薄く見えて青く見えてしまうそうです。

後天性と言うのは、猫同士のケンカの怪我や事故によって、目が傷ついて色が変わることもあります。また、緑内障などの病気や老化などにより、目の色が違うと言った変化も見られるそうです。

左右で目の色が違う猫の特徴

窓辺に座るオッドアイの白猫

白猫に多い

左右で目の色が違う猫は、白猫に多いと言われています。
白猫にしか見られないとは言いきれませんが、25%の確率で目の色が違う猫が産まれてくるそうです。

白い被毛を持つ猫は、メラノサイトの量が抑制されるので、全身が真っ白になるのです。
白猫に多いとされるのは、色素細胞の抑制による被毛から、左右目の色が違う現象が起こっていると言うことです。
だた目の色の違いは、青い目と言うのではなく、色素の欠乏により猫の目が透き通り、青く見えているだけなのです。

白猫の青い目の猫の問題

白色の被毛で青い目の猫は、かなりの確率で聴覚障害があると言われています。
その中で、オッドアイで白猫の場合は、半分以下で聴覚障害が起こると言うそうです。

左右の目の色が違う場合、青色の方に聴覚障害が見られ、反対側には正常であることが多いそうです。また、目の色が青色以外でも白猫においては20%以下の確率で聴覚障害がでていると言うデータもあります。
全ての猫の被毛と青い目から、聴覚障害がでるのではなく、耳の機能に異常がなければ障害はおきません。

オッドアイの猫は重宝される

猫の目の色が違うのには、種類は関係はないとされますが、先天性から白い被毛をもつ猫が多いと言います。
目の色が違う猫になりやすい猫種は、ターキッシュアンゴラ、ターキッシュバン、ジャパニーズボブテイル、白い被毛の雑種にも見られるそうです。
オッドアイの猫は滅多に見かけない希少性の高さから、幸運を運んでくる、幸運になれると言われています。
また、白猫は縁起が良い、厄除けの神様としても大事に可愛がられています。

猫の目の色が左右で違う猫は薄命?

驚いた表情で窓の外を見るオッドアイの猫

左右の目の色が違う猫は、薄命なのでしょうか?
もしそうだとすると、メラニン色素などの組織が関係しているのかも知れません。
しかしオッドアイの猫は、決して薄命ではありません。環境次第では、20年生きた猫もいます。では、なぜ薄命と言われのでしょうか?

白猫は目立ちすぎる

目の色が違う猫は、白猫が多いとされています。
目の色が違うから薄命というより、白色の被毛が目立ちすぎて狙われやすいと言います。
毛色から身を潜める場所があまりなく、危険が高まるということです。
オッドアイの白猫の寿命が短いのと関係しているのかも知れません。

野生の猫は危険が生じる

猫の目の色が左右違うと、聴覚や視覚に問題がある可能性も出てきます。
野生の世界で、敵から身を守る、獲物を獲る能力も他の猫より衰えることがあります。
危険を察知できない、視力が低下していればかなりのハンデを伴います。そのことから、外の世界で生き抜くには命を落とす危険性も高くなるのかも知れません。

オッドアイの猫を飼うときは

左右の目の色が違うのは、それなりのリスクを抱えています。
目の色が違うのは、メラニン色素が少ないから青い目になるのですが、紫外線や直射日光を避けるようにしないとはいけません。
紫外線に弱いので、外だけでなく家の中でも注意してあげなければいけません。
また、外に出すには、危険が多く、聴覚障害を持つならば事故に巻き込まれる可能性もあるので、避けた方がよいでしょう。
猫の目の色が違うと、視覚や聴覚に問題がでることもあり、周囲の警戒心が強くなるのです。
ストレスになることは避けて、安心安全な環境で暮らせるようにしましょう。

左右で目の色が違う猫

テーブルの上でくつろぐ白猫

左右で目の色が違う白猫です。オッドアイの猫として多いと言われる毛色です。

こちらを見つめるオッドアイの白黒ブチ猫

左右で目の色が違う白色が多い白黒ぶちです。
透き通った目は、まさに宝石の輝きとも言われます。

道路に佇むオッドアイの三毛猫

左右で目の色が違う野生で暮らす三毛猫です。三毛猫はとても珍しい猫と言われています。

草の陰に隠れるオッドアイの子猫

外の世界で生きる、左右で目の色が違う白猫子猫です。草の後ろに隠れている姿が愛らしいです。

目の色が違うオッドアイについて

こちらを振り返るオッドアイの子猫

オッドアイと言われる、左右で目の色が違う猫はとても珍しいとされます。
あまり見かける人もいないことから、幸運を招く猫として重宝されているようです。

猫の目の色が違う理由は、先天性と後天性によるもので、白色の猫に多いとされています。
目の色が青い方に、聴覚障害があることもあると言います。
オッドアイの猫は、ほかの猫に比べるとリスクがあるので、外の世界の生活にはハンデが大きいと言われています。

人気のキーワード