子猫の目が青い「キトンブルー」ってなに?

子猫の目が青い「キトンブルー」ってなに?

大人の猫の目の色はブルーやグリーン、茶色など様々ですが、生まれたばかりの子猫達は最初からいろいろな目の色を持っているわけではありません。実は誕生して間もない子猫はみんなブルーの目をしているのです。これはキトンブルーという子猫特有のもので、成猫になるとそのままブルーの目の猫もいますが、徐々に目の色が変わっていく猫も多いのです。今回はそんな子猫の不思議な青い目、キトンブルーについてまとめてみました。

616view

キトンブルーとは?

青い目の子猫

キトンブルーとはKittenblue=子猫の青という意味で、生まれてから一定の間だけ全ての子猫達が青い目をしていることを表しています。猫達は最初、みんな青い目をして生まれてきますが、大人に成長していく過程で、だんだんとキトンブルーからそれぞれの目の色に変化していきます。

ちなみにこのブルーの目は大人になるにつれ、全く違う色に変化していくこともありますが、例えばペルシャ、ヒマラヤン、サイアミーズ(シャム)、バリニーズなどの特定の猫種であったりする場合や遺伝の関係上、成猫になっても青い目のままという場合もあります。

キトンブルーのしくみ

猫と青空

子猫の目がキトンブルーなのは、生まれた時に青の色素を持っているからというわけではありません。子猫の目がそのように見えるしくみは、例えば私達が空を青いと感じるのと似ているとされます。

空の色のことを人間は「青空」というように形容しますが、この空は実際にそこに青という色付いていてそうなっているわけではありません。本当の空が青く見える理由には太陽光が関係していて、この太陽の光は赤やオレンジ、青をはじめとした様々な色が含んでいます。

このような太陽光の色の中でも青や紫といった色は、波長の性質上から大気中に散乱されやすいといった性質を持っているそうで、それが私達の目に優先的に届くと空は青色に見えるそうです。この現象をレイリー散乱と言います。

キトンブルーの子猫の目も、この青く見える空と似たようなしくみをしていて、生まれてから一定期間の子猫の目にはメラニン色素が少なく、この色素が少ないと赤やオレンジといった吸収されやすい色に比べて青や紫といった色が散乱されやすいそうです。

このような理由から、子猫達の目は青空と同じように青の色素が実際に存在しているわけではないのに、私達の目には青っぽく見えるということになります。

メラニン色素の多さ、少なさで目の色が変化

ヘーゼルの瞳の猫

大人に成長していく過程で作られるメラニン色素の濃さ、薄さの状態で猫の目は様々な色に変化していきます。

猫の目の基本色にはブルー、グリーン、ヘーゼル(緑と茶色のグラーデーション)アンバー(イエロー、ゴールド、琥珀色)カッパー(銅色)などがありますが、この中でも目の色素の濃さ薄さについてはブルーが一番薄く、カッパーが一番濃いという順になります。

ちなみに日本に住む猫達はカッパー(銅色)の目をしていることも多いとされていますが、この色は温暖な気候の地域の猫に多く、寒い地域などの他の猫に比べて太陽光をたくさん浴びているのが理由ではないかとも言われています。

猫は子猫の時はみんな青いキトンブルーの目をしていますが、大人になるにつれて猫それぞれの個性的な目の色に変わっていきますから、どんな目の色に変わっていくのかな?と想像することも子猫を育てる楽しみの一つであると言えるかもしれません。

まとめ

ももちゃん

いかがでしたか?キトンブルーは子猫特有の目の色素の少なさから生み出されるもののようです。空の色の見え方と共通するものがあるなんて、猫の目のしくみはなんだかとてもロマンチックですね。

また大人になる過程で、全く子猫の頃とは違う目の色に変化することもあるので、それもまた子猫の成長を見守る上での楽しみと言えるかもしれません。

ぜひ、キトンブルーの時期の子猫を飼っている方は、その目の色の変化を観察してみてくださいね。

スポンサーリンク