猫は何色のおもちゃが一番好き?

猫は何色のおもちゃが一番好き?

猫が好みやすいおもちゃの形状はさまざまありますが、おもちゃへの興味には「色」も関係しているかもしれません。猫と人間では見えている色が違うということも知っておく必要があります。今回は【猫が好むおもちゃの色】について解説いたします。

647view

猫には見えない色

こちらを見つめる猫の顔アップ

猫も人間も、目の「錐状体(すいじょうたい)」という部分で色や光の明暗を識別しています。猫の錐状体は人間よりも発達していないことから、猫は人間よりも色を識別する能力が低いと言われています。

人間と猫の色認識の違いとして、代表的なのが赤系の色です。猫は「二色型色覚」で赤系の色を識別しにくいと言われていますので、私たちが見ている赤やピンクと、猫が見ているそれらは違う色であると考えられます。

見えないはずのピンクが好き?

寝転んでピンクの羽の猫じゃらしで遊ぶ猫

猫は赤やピンクなどの赤系の色が識別しづらいにもかかわらず、なぜかピンク色のおもちゃによく反応します。優しいピンクよりも、蛍光ピンクやビビッドピンクなどの、派手な色の猫じゃらしが大好きな子が多いようです。

私たちとは違う色に見えていると考えられますが、一体どんなふうに見えているのか興味深いですね。

猫が識別しやすい色は?

カラフルな猫のオブジェ

猫の目には、

  • 黄色

の3色ははっきりと見えやすいので、おもちゃにこの3色を選んであげると楽しく遊んでくれる可能性が高いです。蛍光色や濃いめの色合いを選ぶと猫ちゃんにもはっきりと識別しやすいと考えられます。

また、白色でファーのようなふわふわのおもちゃにも食いつきやすいという意見もありました。色としてはインパクトに欠ける白ですが、野生の本能をかき立てるふわふわ感があると、小動物のように見えてワクワクしてくれるのかもしれません。

まとめ

もずく

今回は「猫が好きな色のおもちゃ」について解説いたしました。

猫は赤色が見えない二色型色覚と言われていますが、それでもピンクの色のおもちゃへの食いつきは良好なようです。私たちが見ているピンク色とは違ったように見えていると思われますが、その色が猫ちゃんの心をくすぐるのかもしれません。

猫は赤系以外の、黄、緑、青の色は識別しやすいので、おもちゃにこれらの色を選んであげると、はっきりと見えやすく楽しく遊べると考えられます。

また、白色のおもちゃでもフワフワ感のある形状のおもちゃには、食いつきやすいという意見もありました。猫ちゃんのおもちゃ選びの際には、おもちゃの形状とともに色合いも選ぶ基準にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク