なぜ猫は『きゅうり』を見ると驚くの?その理由とやってはいけない行為を解説

なぜ猫は『きゅうり』を見ると驚くの?その理由とやってはいけない行為を解説

以前「猫の背後にきゅうりを置いてみた」というような動画が話題になりました。この動画は当時、面白い、可愛いという反響もあったようですが、動物専門家や愛猫家の人達からは猫がかわいそうという批判もありました。この猫をびっくりさせる行為は私達人間の立場に置き換えてみても喜ばしくないことだと冷静に考えれば理解できますが、今回はあえてなぜ猫をこのように驚かせてはいけないのか書いてみました。

3940view

きゅうりは天敵を連想させている可能性

ヘビに似た形のきゅうり

きゅうりは形が細長くてクネクネとしていいますが、アメリカのカリフォルニア在住の動物行動学者であるジル・ゴードマン氏は、猫がきゅうりを見て非常に驚くのは、天敵のヘビを連想させるからかもしれないとしています。

猫にとってヘビは恐ろしい捕食者ですので、その形に似たきゅうりが背後に突然現れて、びっくりしてしまっている可能性がある、ということなのです。

私達人間でも、もしも自分を食べてしまう可能性のある肉食動物が急に背後に現れたと感じたら、普通の心持ちではいられないと思います。このようなことからも、猫の背後にきゅうりを置くというのは非常に恐怖心を与える行為であると言えるでしょう。

猫は知らない物事をとても怖がる生き物

隠れてしまう臆病な猫

猫は性格には個体差があるものの、基本的には見知らぬ物や存在に対して非常に神経質な生き物です。例えば猫が知らない来客が来た時に、物陰に隠れてしまうというような行動にも表われています。

このように新しい物事を極端に怖がる性質は、ネオフォビア(新奇恐怖症)と呼ばれていて猫はこの傾向がとても強い動物なのだそうです。そんな新しい物事に対してとても臆病な猫ですから、背後に突然見たこともない物(きゅうり等)が出現することは驚くと同時に恐怖以外のなにものでもないということになります。

また、動画では食事中など猫がリラックスできる状態の時に背後にきゅうりを置いたりしていることもありましたが、くつろいで食事を楽しんでいる時の急な出来事ということが、さらに猫をパニックにしている可能性もあるのだそうです。

飼い主との関係悪化の可能性

隠れる猫

猫をわざと怖がらせたり驚かせることは倫理的にも問題がありますが、それ以外にもそのような行動が飼い主さんとの関係に悪化に繋がることもあります。

猫は元々、驚くことや不快なことなど自分に恐怖感や警戒心を与える物事を、とてもよく記憶できると言われています。そのため、しつけなどに関しても直接飼い主さんが関わったと猫が判断すると、信頼関係が崩れてしまう可能性があります。

信頼関係を損ねる可能性

例えば、飛び乗ってはいけない場所に猫が登るなどした場合、自動で猫の嫌いな音が鳴るようにするなど、飼い主さんと不快な物事を結び付けないように注意する必要があるとされます。

このように猫は恐怖感に対してとても敏感ですので、わざとびっくりさせるということも、かわいそうであるというのはもちろん、飼い主さんとの信頼関係を損ねてしまう可能性のある行動であると言えます。

トラウマになる可能性

また、面白いから話題になるからといって、動画撮影等でこのようないたずらを頻繁に行うことは信頼関係が崩壊する可能性を著しく高くする他、猫にとっても人間でいうPTSD(心的外傷後ストレス障害)のようなトラウマを残しかねません。

それは人間にとっても猫にとってもとても悲しいことですので、やはりきゅうりを置くということも含めて、猫をわざと驚かせるといういたずらは、すべきではない行為ということになります。

まとめ

驚く猫

いかがでしたか?最近では可愛らしい、面白いという理由からテレビなどで取り上げられるペット動画も多いですが、中には一見、反応が微笑ましく思えても実は猫も含めた動物に、強いストレスを与えているいわゆる「やってみた」動画もあります。

そのような動画が話題になり流行してしまうことは、多くの人が知らないうちに動物虐待に加担してしまうということにも繋がりかねないため、例えばSNSなどで話題として取り上げる時も、本当に猫にとって問題がない内容なのか、よく考えて他の人に広めていく必要があるでしょう。

スポンサーリンク