猫を大満足させる『遊び方』4選!短い時間で集中させるおすすめの方法とは?

猫を大満足させる『遊び方』4選!短い時間で集中させるおすすめの方法とは?

夜から朝まで猫にぐっすり眠ってもらうには、遊びで運動させるのがおすすめです。猫はそれほど持久力はありません。短時間で猫が集中できる遊び方をご紹介します。猫と一緒に遊んで、猫に満足してもらいましょう。

1345view

1. 猫じゃらし

猫じゃらしを捕まえて寝転がる猫

猫のおもちゃといえば、猫じゃらしが定番ですよね。猫じゃらしはただ左右に振るだけでは猫は満足してない可能性があります。猫じゃらしで遊ぶときのポイントは「生き物のように動かすこと」です。狩猟本能を刺激することで、一生懸命に遊びます。

虫のように

葉っぱの下で虫が動いているように、バスタオルや布の下で猫じゃらしを動かしてみましょう。時々布の端から猫じゃらしを少しだけ出し、猫が気がついたら引っ込めると、猫が布の上から狙ったり、布の端から猫じゃらしを捕まえようとしたりします。

ネズミのように

猫が猫じゃらしに気がついたら、ネズミが逃げているようにあちこちに動かします。猫が猫じゃらしを捕まえたら、ネズミが暴れて逃げようとする動きを再現しましょう。最後は猫に捕まえさせてあげ、満足してもらいましょう。

鳥のように

釣り竿タイプの猫じゃらしを床でバタバタさせます。弱った鳥のように見せるのがポイントです。猫が猫じゃらしを捕まえようとしたら上に上げて、猫がジャンプするようにします。3~4回ジャンプするように動かし、最後は捕まえさせてあげます。ジャンプを繰り返すと、猫はかなり疲れます。

2. だるまさんがころんだなど

隙間から顔をのぞかせる猫

壁などに隠れて猫の名前を呼びます。猫が気がついたら顔を少し出してすぐに隠れます。猫が近づいてきたら飛び出します。猫が走って逃げたら追いかけて、猫が物陰に隠れるなど止まったら、今度は飼い主さんが逃げます。

リボンなどをひらひらさせると、猫がより興味を持ってくれるでしょう。猫は持久力はあまりないので、走るのはとても疲れます。また、飼い主さんと一緒に遊ぶとより満足してくれるでしょう。

3. 猫用レーザーポインター

レーザーポインターで遊ぶ猫

壁や床に照らされた光を猫が追いかけます。飼い主さんが猫と遊ぶのが辛いときや、元気が良すぎる猫の相手をするときに便利です。一生懸命に光を追いかけますが、捕まえられないので不満になってしまうこともあるようです。ほかのおもちゃでも遊んであげましょう。また、光が猫の顔に当たらないように注意が必要です。

4. ボールやネズミ型のおもちゃ

ネズミのおもちゃで遊ぶ子猫

猫がくわえられるサイズのおもちゃを投げて猫に捕まえさせる遊びです。くわえて飼い主さんのところまで持ってきてくれる猫もいます。隙間に入れて一人遊びをするなど、いろいろな遊び方ができます。

我が家の猫は、ネズミのおもちゃを上の方へ投げると、タイミングを合わせてジャンプをして空中でキャッチをする遊びが好きです。何度もジャンプをするのでかなり疲れるようです。

寝る前に一人遊びだけの日は夜中や早朝にドタバタすることが多かったのですが、一緒におもちゃで遊んだ日はぐっすり寝ることが多く、満足させてあげるのが良く寝てくれるポイントのようです。

まとめ

トム君

昼間、猫だけでお留守番をしていると遊び足りない、満足感がない、疲れていないなどで夜や早朝にドタバタしてしまうことがあるかと思います。遊びで猫を疲れさせることで満足してしっかり寝てくれるでしょう。

おもちゃ生き物のように動かす、追いかけっこをするなど、飼い主さんと猫が一緒に遊ぶのがおすすめです。猫がどの遊びが好きなのか、ローテーションしてみたり、組み合わせたりして試してみてください。

スポンサーリンク