猫にとってストレスな『生活音』5選

猫にとってストレスな『生活音』5選

生活していると様々な生活音が常に鳴っています。飼い主さんはあまり気にならなくても、猫にはストレスかもしれません。どんな音を嫌がるのでしょうか?代表的な生活音を5つ挙げてみました。

1801view

1. ドライヤー

ドライヤーと猫

ドライヤーの音を嫌がる猫は多いです。飼い主さんが使い始めるとどこかへ避難してしまうでしょう。猫を洗った後乾かすのもしかり。音を怖がる場合は無理せず、入念にタオルドライしてあげましょう。

比較的猫は生活音に慣れてくれますが、ドライヤーは中々受け入れがたい音のよう。近くで使うともれなくそそくさと逃げてしまうか、うるさそうな顔をして責めるような視線でじ〜っと見つめられます。猫が近くにいる場所ではあまり使わない方が精神衛生上良いかもしれません。

2. 掃除機

掃除機を怖がる猫

掃除機は猫が怖がる音の一つ。近づいてくるともれなく、逃げてしまうでしょう。ドライヤーと同様、掃除機の音も中々慣れないようです。長年暮らしていてもこれだけは嫌!という態度を取ります。

ストレスになってしまうと良くありませんので、かける時は一工夫を。必ず猫の逃げ道を用意しておきましょう。好きな時に逃亡できるようにしておけば、それほどストレスにはなりません。

3. 何かが触れる音

キッチンカウンターを歩く猫

食器やフライパンなどがカチャカチャと触れる音も、ストレスになりやすいよう。なるべく静かに扱うようにすると猫がビクビクせずに済むでしょう。

とはいえふいに落としてしまうことがあります。そんな時はしかたありません。極力気をつけていくしかないでしょう。

4. 子供が暴れる音

子供と猫

予想外の動きと騒がしい子供が出す音を苦手とするのが大半の猫。あまり相性は良くないよう。慣れれば平気になることも多々あります。猫によっては全く動じない場合がありますので、性格をみてあげましょう。

老猫は煩わしく思うことがあるのであまり子供には近づけない方が良いかもしれません。性格や年齢、体調などで接するかどうかを決めてあげてください。

5. 飼い主さんの出す音

くしゃみに驚く猫

意外と飼い主さんの出す音がストレスになっている場合があります。例えばくしゃみや大声、拍手、叫ぶなどです。ケンカの声も良くありません。あまり意識していないかもしれませんが、猫はビクッとなっていることでしょう。あまり騒がしい音は出さないように気をつけてあげたいものです。

まとめ

ストレスを感じる猫

猫はかなりストレスに敏感でちょっとしたことで体調を崩してしまいがちです。飼い主さんの出す生活音には慣れることが多いのですが、それでもふいに聞こえてくる大きな音は特に、怖がります。ストレスにならないようできる限り、注意してあげてください。

スポンサーリンク