猫が急に大暴れするのはなぜ?4つの理由

猫が急に大暴れするのはなぜ?4つの理由

普段大人しい性格の愛猫がいきなり大暴れすることがある。そんな経験をもつ飼い主はたくさんいると思います。なぜ猫は急にバタバタ走り回ったり暴れたりするのでしょうか。考えられる理由を4つお伝えします。

1462view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.本能・好奇心によって暴れている

暗闇の猫

愛猫が急に勢いよく室内を走り回る。いきなり飼い主に対してガブガブと噛みついたり、猫パンチをしたりと攻撃的になることがある。ほとんどの飼い主はそういったことに心当たりがあると思います。

こういった猫が急に暴れ出す行動を『猫の運動会』、または『猫の夜の運動会』といわれていたりするのですが、なぜ猫はこのような行動をするのでしょうか。理由の1つには『本能』と『好奇心』が大きく関係していることが考えられます。

猫の運動会の時間は

猫の運動会がよく行われるのは、大体夕方から早朝の間が多いそうです。この時間帯は夜行性の猫が活発になる時間となり『本能』が働きやすい時間帯となります。その結果、夕方から早朝にかけての時間帯は心が落ち着かなくなってバタバタ暴れたり、好奇心や本能が刺激されやすい音や光景を見たときスイッチが入ったかのように暴れたりしやすくなるみたいですよ。

2.溜まったエネルギーを発散させている

飛ぶ二匹の猫

猫は元々狩りをしながら生きてきた動物となります。そんな猫は日中ゆっくり過ごしてエネルギーを蓄えて狩りをするときにエネルギーをたくさん使う、という生活を大昔から送っていました。

しかし、現在室内で人に飼われている猫は飼い主からご飯をもらっているので狩りをする必要や機会がなく、昔と比べると昼間蓄えたエネルギーが溜まりがちになってしまうそうです。その溜まったエネルギーを発散する方法の1つが……、『猫の運動会』となります。

もしかすると猫は「運動不足だにゃー!」「体がウズウズするにゃ~!」と感じながら、溜まったエネルギーをがむしゃらに発散しているのかもしれませんね。

3.お腹が空いている

鳴いて要求する猫

私の愛猫は、お腹が空いたときに「ご飯がほしいにゃー!」といったようにいきなり暴れて知らせてくれることがよくあります。特に深夜になるとお腹が何度も空くようで、寝ているときに布団の上で暴れたり足を噛んだりと攻撃的な行為でご飯を催促してくることが多かったりします。お腹が空きすぎてつい凶暴になってしまうのでしょう。なんとも食欲旺盛な猫ならではの行動といえますね。

4.ストレスを感じている

猫パンチを繰り出す猫

猫はストレスを感じたときにも急に暴れることがあります。例えば引っ越しをしたり新しい猫が家に来たりして環境が急に変化したとき、見知らぬ人が家にやってきて警戒しているときなどは、ストレスを溜め込みやすく、ストレスを発散させようとして急に暴れる機会が多くなることがあるそうです。

また、飼い主が全然構ってくれない。といった場合にも猫は寂しさやストレスを感じることがよくあり、構ってもらおうとして、飼い主の手をガジガジ噛んだり室内をバタバタ走り回ることがあるみたいですよ。

まとめ

暴れる猫を止める人

猫が大暴れするときは『本能』や『好奇心』、『運動不足』が大きく関わっているといえそうですね。

愛猫が急に暴れて困る……そんな場合は、毎日一緒に遊んであげる時間をつくって、エネルギーを発散させてあげると問題を解決しやすくなります。ただ、ストレスが理由となっているときは、ストレスの原因を突き止めて取り除いてあげる必要があるといえるでしょう。

スポンサーリンク